まるはち交通センター
 トップページ地下鉄路線2・4号線:名城線・名港線路線概要・建設史
地下鉄路線
 
コンテンツTOP
営業路線の紹介
 東山線
 名城線・名港線
  路線概要・建設史
  駅施設
  線路配線図
  ダイヤ・運行形態
  車両運用表
  
 鶴舞線
 桜通線
 上飯田線
地下鉄駅の紹介
 東山線の駅
 名城線・名港線
 鶴舞線の駅
 桜通線の駅
 上飯田線の駅
市営地下鉄資料集
 地下鉄車両基地
 各種データ集
 トピックス
 地下鉄新線計画
 地下鉄建設史

 高速度鉄道第2号線(大曽根〜金山〜名古屋港間)・4号線(金山〜新瑞橋〜大曽根間)
 駅数:全34駅   営業キロ32.4km   所要時間(環状線)60分,(名港線)12分
 ATOツーマン運転   15.5m車×6両組成   ラインカラー:
むらさき色

名城線・名港線 路線概要

 名城線・名港線は,大曽根・栄・金山など市の中心部や市東部を環状に結んでいる1周26.4kmの名城線(高速度鉄道2号線と4号線の環状部分)と,金山から名古屋港を結ぶ6.0kmの名港線(高速度鉄道2号線の一部)から構成されています.
 列車運行は名城線と名港線が一体となって行われています.

 環状化以前は,2号線・4号線合わせて「名城線」の愛称で呼ばれていましたが,平成16年の日本初の地下鉄環状運転開始に伴い,環状部分のみを「名城線」と案内するようになりました.ラインカラーはむらさき色です.

 環状線部分の延長は26.4kmであり,JR大阪環状線 (21.7km) より長く,JR山手線 (34.5km) や都営大江戸線 (27.8km)より短い規模です.
 環状路線の地下鉄としては都営大江戸線に次いで2番目ですが,大江戸線は6の字運転を行っており,環状運転を行う地下鉄としては名城線が日本初となっています.

 東山線と交差する栄駅を中心に名古屋市の南北交通の主軸となっているほか,金山駅はJR&名鉄と総合駅化されており,それまでの名古屋駅一極集中を緩和しています.
 また,地下鉄では日本初となる環状運転により,地下鉄全路線と接続し地下鉄路線網としての利便性,移動効率性の向上に寄与しています.


▲日本初の地下鉄環状運転を行う「名城線」と,金山駅で分岐する「名港線」から成る

▲路線シンボルマーク(名城線の場合)

 

正式名称 高速度鉄道第2号線
高速度鉄道第4号線
路線愛称 名城線(S44〜)
名港線(H16〜)
営業区間 環状線,金山駅〜名古屋港駅
営業キロ 32.4km
駅数 34駅
標準所要時分 60分(環状線)
平日昼間運転間隔 5分
最短運転間隔 3分
営業時間 5:30(始発)〜24:30(終着)
終車延長 なし
女性専用車両 平日(始発〜9時)
車両組成 15m車6両組成
在籍車両数 36編成216両
軌間 1,435mm(標準軌)
電気方式 第三軌条/DC600V
乗務員区所 名城線運転区
相互直通運転 なし
工場・車庫 名港工場・大幸車庫
最高速度 65km/h
信号保安装置 旧CS-ATC/CTC
運転方式 ATO(自動)
ワンマン化予定

 

 

 名城線の起点はどこ?

 昭和40年から約40年かけて建設され,最終的に環状運転を始めることになった名城線・名港線は,広く使われている路線名称と正式名称が違ったり,営業上の起点駅と運転上の起点駅が異なっています.


【旅客案内上の路線名称と駅番号】
【路線名称】

 環状部分を「名城線」,名古屋港方面へ向かう枝線を「名港線」といいます.
 平成16年の全線開業時に,公募により決定されました.
 ラインカラーはそれぞれ,むらさき色太線1本と,細線2本です.

【駅番号】
 駅やWeb上の案内表示をみると,駅番号M01の金山が起点のように案内されています.
 名城線の駅番号は,金山(M01)から右回り順にM28まであります.
 名港線の駅番号は,金山(E01)から終点(E07)まであります.


【正式な路線名称と起点駅】
 昭和36年の地下鉄新線計画において,大曽根から名古屋港に至る路線を2号線,金山から山の手を回って大曽根に戻る路線を4号線とする計画が定められ,名城線はこれに基づいて建設が進められました.

 高速度鉄道第2号線:大曽根〜栄〜金山〜名古屋港
 高速度鉄道第4号線:金山〜新瑞橋〜本山〜大曽根

 起点は大曽根と金山であり,ぞれぞれ左回り方向の路線となっています.
 このため,名古屋港方面と左回りが下り線(1番のりば)であり,大曽根方面と右回りが上り線(2番のりば)として扱われます.


【運転上の基準駅】
 名城線・名港線の車両は,巨大な地下基地である大幸車庫を拠点にして運用されます.
 このため,最寄り駅であるナゴヤドーム前矢田が運転取り扱い上の基準駅となっており,環状運転を行う列車はこの駅を基準に列車番号が付けられています.

【環状線列車の列車番号の付け方】
 方向記号+発駅記号+発車時刻+行先駅記号

 ナ矢田を9:12に発車する左回り列車:LD912D
 ナ矢田を12:30に発車する右回り列車:RD1230D

 

 

名城線・名港線 沿線風景

 名城線・名港線の特徴的な風景を紹介します.

 名城線 金山駅〜栄駅〜市役所駅

 名城線の乗客案内上の起点駅となっているのが名古屋の南の玄関口,金山駅です.名古屋の地下鉄で唯一の2面4線のホームを持ち(上小田井駅を除く),名城環状線列車は外側,名港線列車は内側を使用します.
 金山駅を出発した右回り列車は,久屋大通駅まで前津通→久屋大通を北上します.途中の鶴舞線乗換の上前津駅,商業エリア矢場町駅,東山線乗換の栄駅と乗降客も多く,車内が最も混雑する区間でもあります.
 栄駅から市役所駅間は最初に開業した区間です.


▲沿線地図

▲写真

 

 名城線 市役所駅〜大曽根駅〜本山駅

 市役所駅からは大津通を北上し,名城公園駅からはシールドトンネルで進路を東へ.黒川駅から砂田橋駅までは環状線を東進します.
 途中の大曽根駅からは新しい区間となり,砂田橋駅までは平成12年に延伸開業しました.
 大曽根駅から砂田橋駅の間は,地下鉄トンネルの上にガイドウェイバスの橋脚が建設されています.

 砂田橋駅から名古屋大学駅までは平成15年に延伸開業しました.


▲沿線地図

▲写真

 

 名城線 本山駅〜八事駅〜新瑞橋駅

 名古屋大学駅から新瑞橋駅まで(環状線化)は平成16年に延伸開業しました.
 新瑞橋駅までの区間は民地下や起伏の激しい場所であり,ほとんどの区間がシールドトンネルで建設されています.


▲沿線地図

▲写真

 

 名城線 新瑞橋駅〜伝馬町駅〜金山駅

 新瑞橋駅からは昭和49年開業の旧4号線に戻り,県道岩崎名古屋線を西へ進みます.堀田駅からは国道1号の下を通ります.
 伝馬町駅から神宮西駅にかけて熱田神宮を迂回するように進路を北へ取ると国道19号を通り,金山駅に戻ります.


▲沿線地図

▲写真

 

 

 名港線 金山駅〜東海通駅〜名古屋港駅

 平成16年の環状運転開始に伴い,旧名城線区間である金山駅〜名古屋港駅間は「名港線」として区別されるようになりました.ラインカラーもむらさき色の細線2本とし,太線1本の環状線部分とは区別しています.

 2面4線の金山駅,両内側ホームから発車した列車はシールドトンネルで中央卸売市場の下を通り,日比野駅へ.ここから終点の名古屋港駅まで江川線を南下します.日比野駅から港区役所駅までの地上では,名古屋高速道路が建設されています.
 名港線では高潮被害に備えて,各駅出入口に防潮扉や高所への避難通路が整備されています.


▲沿線地図

▲写真

 

 

名城線・名港線建設史(路線の成り立ち)

 名城線・名港線(2・4号線)の計画から建設・開業までの経緯.
 (解説図表は追って修正します.)

 計画から建設着手まで

 ※戦前の計画は省略します.
  詳しくは「地下鉄建設史」ページをご覧ください.

 

 【第三次計画(昭和22年)】
 戦後,具体的な動きがあったのが,昭和22年の「名古屋市高速度鉄道協議会」による6路線約55Kmの路線網計画です.この計画を元に都市計画決定と鉄道事業免許取得が行われ,名古屋市は名古屋〜田代(現在の池下駅の南)間,市役所裏〜金山間の早期開業に邁進します.
 昭和32年には名古屋初の地下鉄として1号線名古屋〜栄町間が開業しました.

 【都市交通審議会(昭和36年)】
 昭和36年の交通審議会では路線計画の変更が行われ,名城線の環状線化が初めて答申されました.


▲第三次計画(昭和22年)

▲都交審(昭和36年)

 

 

 開業〜現在まで

 【開業(昭和40年)】
 昭和40年には2号線市役所〜栄町間が先行開業しました.
 当初,名鉄は瀬戸線との相互直通運転を行うよう要望しましたが,市は将来的に2号線は4号線とあわせて環状運転を行う予定でしたので,線路に空き容量がないことを理由に断りました.
 これにより名鉄が用意していた栄町〜市役所裏の経路ではなく,栄町〜市役所(前)のルートをとります.

 またこの後の延長では,当初の瀬戸線沿いに進むのではなく,黒川経由の大回りルートをとることになりました.
 1年半後の昭和42年には,残っていた栄〜金山間と東山公園〜星ヶ丘間が開通し,地下鉄網は栄を中心に東西南北に結び,名古屋の大動脈となってゆきました.

 その後,昭和44年に地下鉄の営業キロが20kmを越えたのを記念して,路線の愛称を募集し1号線(中村公園〜藤が丘)を「東山線」,2号線(市役所〜金山)を「名城線」と呼ぶようになりました.

 昭和46年3月29日には浸水対策に苦労した2号線の金山〜名古屋港間が開通.さらに12月20日には名鉄瀬戸線を避けて建設された2号線市役所〜大曽根間が開通し,2号線は全通しました.

 続いて昭和49年3月30日には,宅地化が急速に進んだ市東南部に4号線(金山〜新瑞橋間)が開通しました.

 【都市交通審議会(昭和47年)】
 昭和47年と平成4年に交通審議会答申が行われましたが,名城線の計画に大きな変更はありませんでした.

 次に名城線路線網に変化があったのは,平成10年代に入ってからです.
 平成12年1月19日に4号線大曽根〜砂田橋間が開業したのに始まり,平成15年12月に名古屋大学延伸,平成16年10月に名古屋大学〜新瑞橋間開業によって,日本の地下鉄初の環状運転開始が始まりました.

 

 

名城線・名港線 年表

 ダイヤ改正は最近のものを記載.

昭和40(1965)年10月15日 2号線市役所〜栄町間(1.3km)開業/ATC・単線閉塞・地上信号式
同上 2両組成/名城車庫開設
昭和41(1966)年6月1日 2号線栄町駅を栄駅に改称
昭和42(1967)年3月30日 2号線栄〜金山間(3.0km)開業/3両組成化/ATC・車内信号式に切替
昭和43(1968)年7月26日 駅自動停止装置の試運転を実施
昭和44(1969)年5月1日 2号線の愛称として「名城線」使用開始
昭和46(1971)年2月25日 4両組成化
昭和46(1971)年3月29日 名城線金山〜名古屋港間(6.0km) 開業/名港車庫開設
昭和46(1971)年12月20日 名城線大曽根〜市役所間(4.6km)開業(2号線全線開業)
昭和49(1974)年1月27日 5両組成化
昭和49(1974)年3月30日 4号線金山〜新瑞橋間(5.7km)開業
昭和49(1974)年3月31日 路面電車全廃
昭和53(1978)年8月15日 ダイヤ改正(終電を24時30分に延長)
平成元(1989)年6月10日 2000形営業運転開始(冷房化)/順次6両組成化
平成元(1989)年7月9日 金山総合駅使用開始
平成元(1989)年9月10日 名城線市役所〜栄間に久屋大通駅開業(桜通線開通と同時)
平成6(1994)年4月1日 ダイヤ改正(朝ラッシュ運行間隔3分→2.5分)
平成7(1995)年9月〜 デザイン列車運行(1109編成)
平成8(1996)年10月〜 デザイン列車運行(1201編成)
平成11(1999)年12月 LED式旅客案内表示器を導入
平成12(2000)年1月19日 4号線砂田橋〜大曽根間(1.7km)開業
平成12(2000)年9月11日 東海豪雨(浸水)区間運休(翌日まで)
平成13(2001)年12月22日 全面ラッピング広告列車第1号運行開始(2120編成)
平成15(2003)年12月13日 4号線砂田橋〜名古屋大学間(4.5km)開業
平成16(2004)年10月1日 大曽根管区を廃止,名古屋大学管区を新設
同上 名城工場廃止,名港車庫を名港工場に改称
平成16(2004)年10月6日 4号線名古屋大学〜新瑞橋間(5.6km)開業
(これにより2号線と4号線をあわせた環状線が完成,環状部の愛称を名城線,金山〜名古屋港間を名港線とする)
同上 駅番号導入/多言語表記を導入
平成17(2005)年2月15日 金山駅「ループ金山」オープン
平成17(2005)年10月6日 メロディサイン試行導入
平成18(2006)年3月13日 ドラゴンズトレイン(〜平成23年まで毎年実施)
平成19(2007)年3月19日 メロディサイン本格導入
平成23(2011)年3月27日 駅業務委託(日比野,六番町,港区役所,築地口)
平成27(2015)年5月1日 名古屋港駅を駅務区から運転区に移管
平成28(2016)年4月1日 ダイヤ改正(早朝夜間帯の時刻修正)
平成28(2016)年7月4日 女性専用車両導入(平日始発〜9時まで)
平成29(2017)年7月1日 ナゴヤドーム前矢田駅を駅務区から運転区に移管
平成31(2019)年4月1日 瑞穂運動場東駅を駅務区から運転区に移管
令和2(2020)年5月23日 ダイヤ全面改正(環状部一周50分から60分に)
令和2(2020)年5月25日 ATO運転開始
令和2(2020)年5月25日 可動式ホーム柵稼働開始(〜令和3年3月15日まで各駅順次設置)
令和4(2022)年度 市役所駅を名古屋城駅に,伝馬町駅を熱田神宮伝馬町駅に,神宮西駅を熱田神宮西駅に改称予定

 

 

 

 

▼もどる 

 (C) まるはち交通センター製作委員会名古屋市営地下鉄名城線ファンサイト/地下鉄2号線&4号線