まるはち交通センター
 トップページ地下鉄路線6号線:桜通線路線概要・建設史
地下鉄路線
 
コンテンツTOP
営業路線の紹介
 東山線
 名城線・名港線
 鶴舞線
 桜通線
  路線概要・建設史
  駅施設
  線路配線図
  ダイヤ・運行方式
  車両運用表
 
 上飯田線
地下鉄駅の紹介
 東山線の駅
 名城線・名港線
 鶴舞線の駅
 桜通線の駅
 上飯田線の駅
市営地下鉄資料集
 地下鉄車両基地
 各種データ集
 トピックス
 地下鉄新線計画
 地下鉄建設史

 高速度鉄道第6号線(中村区役所〜徳重間)  駅数:全21駅   営業キロ19.1km
 所要時間37.5分   ATOワンマン自動運転   20m車×5両組成   ラインカラー:
赤色

桜通線 路線概要

 高速度鉄道6号線,路線名「桜通線(さくらどおりせん)」は,混雑する東山線のバイパス路線として,平成元年に中村区役所〜今池間で開業しました.
 その後,平成6年と平成23年に南に向かって2度延伸開業し,現在は都心と市南東部を結ぶ全長19.1km(中村区役所〜徳重)の路線となっています.
 最後に開通した野並〜徳重間4.2kmは,平成23年3月開業の名古屋の地下鉄では最も新しい区間です.


▲平成に開業した新しい路線
 全駅島式ホーム(ホーム柵付き)

▲路線シンボルマーク

 

正式名称 高速度鉄道第6号線
路線愛称 桜通線
営業区間 中村区役所駅〜徳重駅
営業キロ 19.1km
駅数 21駅
標準所要時分 37.5分(全線)
平日昼間運転間隔 7.5分
最短運転間隔 4分
営業時間 5:30(始発)〜24:30(終着)
終車延長 なし
女性専用車両 なし
車両組成 20m車5両組成
在籍車両数 24編成120両
軌間 1,067mm(標準軌)
電気方式 架空電車線/DC1,500V
乗務員区所 桜通線運転区
相互直通運転 なし
工場・車庫 日進工場(鶴舞線沿線)
徳重車庫
最高速度 75km/h
信号保安装置 旧CS-ATC/CTC
運転方式 ATO(自動)/ワンマン

 

 

桜通線 沿線風景

 桜通線の特徴的な風景を紹介します.

 中村区役所駅〜名古屋駅〜今池駅〜御器所駅

 始発の中村区役所駅を出発した列車はシールドトンネルで名古屋駅裏の住宅街を通り抜け,JR名古屋駅直下に設けされた名古屋駅に至ります.
 東山線やJR線,私鉄線との接続駅となる名古屋駅からは多くの乗客が乗り込み,一気に車内が賑やかになります.

 名古屋駅から車道駅までの間は,東山線の一駅分隔てた北側をほぼ平行して走ります.この通りの名前が,路線名の由来となった桜通です.
 この区間は東山線のバイパス路線として機能しておりラッシュ時は非常に混雑します.
 また,地下鉄路線の中で最後に設計・建設された路線であり,名古屋駅では各鉄道路線を,名古屋駅から国際センター駅の間は地下街を,丸の内〜高岳間は共同溝の下に地下鉄トンネルを建設したため,非常に地下深くを走っており,各駅とも地上から長いエスカレーターでホームまで降りる必要があります.名古屋の地下鉄では最も深い位置となる丸の内駅では8階建てマンションに相当する地表下24mとなっています.

 車道駅を過ぎると,桜通線最小半径の急カーブを曲がり,今池駅で再び東山線と交差します.

 今池駅から御器所駅を経由して桜本町駅までの間は市道環状線を南下します.


▲沿線地図

▲名古屋〜今池間は特に利用者が多い


▲幅広ホームが特徴的(久屋大通駅)


▲4層構造の久屋大通駅の断面模型

 

 御器所駅〜新瑞橋駅〜野並駅

 今池駅,御器所駅から桜本町駅までの間は市道環状線を南下します.
 御器所駅〜新瑞橋駅の沿線には高校が多く,車内に高校生が比較的多いのも特徴です.

 桜本町を出ると,再び急カーブを曲がり進路を東に変えます.ここからは市道東海通を東南方向に進みます.名古屋の地下鉄唯一の複線シールドで天白川を越えると,平成23年までの終点,野並駅です.


▲沿線地図

▲瑞穂区役所駅

 

 野並駅〜徳重駅

 野並駅から真新しいシールドトンネルで,宅地開発とともに人口の増加の著しい緑区を通り抜け,終点の徳重駅に至ります.
 徳重駅の東側には徳重車庫があります.


▲沿線地図

▲神沢駅

 

 

桜通線建設史(路線の成り立ち)

 桜通線(6号線)の計画から建設・開業までの経緯.
 (解説図表は追って作成します.)

 計画から建設着手まで

 【都市交通審議会(昭和47年)】
 桜通線は,昭和47年の都市交通審議会答申第14号において,初めて計画された路線です.
 路線計画全体としては市外の七宝から豊明市に至る30キロの路線です.

 昭和47年当時は金山総合駅もなく,名古屋駅を経由して郊外から市内に流入してくる通勤・通学者を受け入れる路線が東山線しかなく,東山線名古屋駅では改札止めが常態化し,ラッシュ時の混雑率が200%を越えるなど混雑が深刻化していました.
 この東山線混雑緩和のためのバイパス経路を整備するとともに,市南東部丘陵地域での土地区画整理事業の進展により人口増加が著しいことから,これら課題に応える路線として計画されました.

 

 

 開業〜現在まで

 計画路線のうち,中村区役所〜野並間については昭和57年2月10日に事業免許を受け,昭和58年5月には中村区役所〜今池間が着工,世界デザイン博期間中の平成元年9月10日に開業しました.
 路線名の「桜通線」は公募により決定されています.
 この区間はJR名古屋駅地下横断や地下鉄各線との交差,共同溝下の掘削など難工事の連続となりました.特にJR名古屋駅やユニモール地下街下のアンダーピニング工事では,その高度な技術力に対し土木学会技術賞が贈られています.

 続いて市南部の学校への通学,また野並南東部で土地区画整理による開発の進む住宅地域の通勤需要に応えるため,第二期工事区間として昭和63年3月に今池〜野並間の工事が着手され,平成6年3月30日に開業しました.
 工事は名古屋環状線や東海橋線の交通量の多い幹線道路下で行われ,天白川横断工事では複線大断面シールドが採用されました.
 また経費削減のため,この区間の開業に合わせて列車自動運転装置(ATO)を導入し,ワンマン運転を始めています.

 続いて,平成4年1月の運輸政策審議会答申第12号で,野並〜徳重間の整備が答申されました.この区間は大規模住宅団地が集まり,多くの土地区画整理事業が行われている人口増加の激しい地域となっており,これら通勤・通学需要に対応するため,平成15年9月に事業許可を取得.平成17年度から工事着手し,平成23年3月27日に開業しています.
 終点の徳重周辺では,区役所支所や図書館などが入る地域センターやショッピングセンターが同時に整備されるなど,地下鉄と連動したまちづくりが行われています.

 途中2カ所の急カーブで東へ南へと進路を変えるその特徴的な路線の形は「乙形」のように見え,徳重開業時のポスターには路線の形がデザインされました.

 

 

桜通線年表

 ダイヤ改正は最近のものを記載.

平成元(1989)年9月10日 6号線 中村区役所〜今池間(6.3km)開業/4両組成
同上 中村区役所駅に検車場を開設
平成5(1993)年9月27日 5両組成化(〜11月30日まで順次)
平成6(1994)年1月16日 ATO自動運転開始(扉扱いは引き続き車掌)
平成6(1994)年2月1日 扉扱いを運転士に移行(車掌は後部添乗のみ)
平成6(1994)年2月16日 ワンマン運転開始
平成6(1994)年3月30日 今池〜野並間(8.6km)開業
平成6(1994)年12月31日 桜通線大晦日終夜運転開始
平成15(2003)年3月27日 ダイヤ改正(昼間・土日減便)
平成16(2004)年10月6日 瑞穂運動場駅を瑞穂運動場西駅に改称
同上 駅番号導入/多言語表記を導入
平成19(2007)年3月19日 メロディサイン導入
平成22(2010)年2月26日 6050形第1編成竣工(7月5日営業運転開始)
平成23(2011)年1月20日 LED式旅客案内装置導入
平成23(2011)年1月22日 可動式ホーム柵稼働開始(〜7月23日まで各駅順次設置)
平成23(2011)年3月21日 ダイヤ改正(徳重延伸対応)
平成23(2011)年3月27日 野並〜徳重間 (4.2km) 開業
同上 駅業務委託(鳴子北駅,相生山駅,神沢駅)
平成23(2011)年7月 ホーム監視 車内モニタから地上モニタに切替
平成30(2018)年7月1日 中村区役所駅を駅務区から運転区に移管
令和4(2022)年度 中村区役所駅を太閤通駅に改称予定

 

 

 

▼もどる 

 (C) まるはち交通センター製作委員会市バス地下鉄ファンサイト/名古屋市交通局桜通線