まるはち交通センター
 トップページ地下鉄路線上飯田線(旧7号線)路線概要・建設史
地下鉄路線
 
コンテンツTOP
営業路線の紹介
 東山線
 名城線・名港線
 鶴舞線
 桜通線
 上飯田線
  路線概要・建設史
  駅施設
  線路配線図
  ダイヤ・運行方式
  車両運用表
  
地下鉄駅の紹介
 東山線の駅
 名城線・名港線
 鶴舞線の駅
 桜通線の駅
 上飯田線の駅
市営地下鉄資料集
 地下鉄車両基地
 各種データ集
 トピックス
 地下鉄新線計画
 地下鉄建設史

 高速度鉄道上飯田線(上飯田〜平安通間)  駅数:全2駅   営業キロ0.8km
 所要時間1.5分   ATCワンマン手動運転   20m車×4両組成   ラインカラー:
桃色

上飯田線 路線概要

 地下鉄上飯田線(かみいいだせん)」は,主に愛知県と名古屋市が出資する第三セクターが施設保有する「上飯田連絡線」3.1kmのうち,交通局が運行している上飯田〜平安通間0.8kmの路線で,名鉄小牧線と相互直通運転を行っています.
 わずか0.8kmという営業キロは,日本の地下鉄では最も短い路線です.


▲平成15年に開業した新しい路線

▲路線シンボルマーク

 

正式名称 高速度鉄道上飯田線
路線愛称 上飯田線
営業区間 上飯田駅〜平安通駅
営業キロ 0.8km
駅数 2駅
標準所要時分 1.5分(全線)
平日昼間運転間隔 15分
最短運転間隔 7.5分
営業時間 5:30(始発)〜24:30(終着)
終車延長 なし
女性専用車両 なし
車両組成 20m車4両組成
在籍車両数 2編成8両
軌間 1,067mm(標準軌)
電気方式 架空電車線/DC1,500V
乗務員区所 [名鉄委託]犬山乗務区
相互直通運転 名鉄小牧線
工場・車庫 [名鉄委託]犬山検査場
最高速度 75km/h
信号保安装置 旧CS-ATC/CTC
運転方式 ATC(手動)/ワンマン

 

 

 第三セクター 上飯田連絡線株式会社について

 上飯田連絡線は,名鉄小牧線と地下鉄名城線を接続する鉄道路線です.

 平成15年3月27日に新規開通した区間である味鋺〜上飯田〜平安通間は,第3セクターの上飯田連絡線株式会社が第3種鉄道事業免許を持ち,施設や線路を保有しています.

 実際に運行を行うのは第2種鉄道事業免許を持つ鉄道会社で,味鋺〜上飯田間は名鉄小牧線の一部として名古屋鉄道が,上飯田〜平安通間は地下鉄上飯田線として名古屋市交通局が,それぞれ施設を保有する上飯田連絡線(株)に使用料を支払って運行しています.

1=第1種鉄道事業(路線を保有し,自ら列車運行)
2=第2種鉄道事業(他事業者の路線を使って列車運行)
3=第3種鉄道事業(路線を保有し,他事業者が運行)
上飯田連絡線の営業距離は3.1Km、路線建設距離は3.3Km

 

 

上飯田線 沿線風景

 上飯田線の特徴的な風景を紹介します.

 地下鉄上飯田線 上飯田駅〜平安通駅

 .


▲沿線地図

▲地下鉄上飯田線に乗り入れた名鉄車両

 

 

 名鉄小牧線 犬山駅〜小牧駅〜上飯田駅

 .


▲沿線地図

▲小牧〜犬山間は単線
 画像は地下鉄7000形車両
 (画像提供:ρ様)


▲平安通〜小牧間は複線
 画像は名鉄300系

 

 

上飯田線建設史(路線の成り立ち)

 上飯田線の計画から建設・開業までの経緯.
 (解説図表は追って作成します.)

 計画から建設着手まで

 地下鉄上飯田線は,名鉄小牧線と地下鉄名城線を接続し,犬山市や小牧市などの尾張北部地域から名古屋市北部を通り名古屋都心への直結を図る,距離は短いながらも重要な役割を担う路線です.

 かつて名鉄小牧線の終点であった上飯田駅と名古屋都心を結ぶ路線は,戦争末期の昭和19年に軍需工場への通勤の足を目的に開業した名古屋市電御成線(上飯田〜平安通〜大曽根)が担っていました.
 しかしモータリゼーションや地下鉄建設と相まって,地下鉄名城線平安通駅開業を前にして,昭和46年に名古屋市電は廃止となってしまいます.
 その後は名鉄小牧線上飯田駅から地下鉄平安通駅までの間,約1kmを徒歩で乗り換えるか,市バスの乗り換えて都心に向かうという大変不便な状態になりました.この鉄道による移動の不連続性を解消による名古屋市北部と尾張北部との連絡強化が,20年にもおよび課題となっていました.
  これに対し国の審議会では,昭和47年の都市交通審議会答申第14号で「7号線計画(上飯田〜金山)」として構想を立ち上げ,さらに平成4年の運輸政策審議会答申第12号では「名鉄小牧線と地下鉄平安通駅間の連絡を改善するため,第三セクター方式等を活用しつつ緊急に整備する。」とされA路線認定されました.またこの頃には国からの第三セクターへの行財政支援制度もできました.
 平成6年1月に,県・市・名鉄など民間企業の出資によって「上飯田連絡線(株)」が設立され,同11月22日に同社が味鋺〜平安通間の第3種鉄道事業免許を,名古屋市と名鉄が第2種鉄道事業免許を取得しました.

 

 開業〜現在まで

 工事は平成8年9月にスタートしました.途中,住宅密集地内での工事や庄内川をくぐる工事,平成7年の阪神大震災による設計変更や,平成12年9月の東海豪雨による浸水被害など難工事を乗り越え,平成15年3月27日に開業しました.
 なお,開業に伴い重複区間となる名鉄小牧線の味鋺〜上飯田間の地上路線については,同時に廃止となりました.

 

 

上飯田線年表

 ダイヤ改正は最近のものを記載.

平成15(2003)年3月27日 上飯田〜平安通間(0.8km)開業/名鉄小牧線と相互直通運転
平成16(2004)年10月6日 駅番号導入/多言語表記を導入
平成19(2007)年4月1日 上飯田線の運転業務を名鉄に業務委託

 

 

▼もどる 

 (C)まるはち交通センター製作委員会名古屋市営地下鉄上飯田線ファンサイト/旧高速度鉄道7号線