まるはち交通センター
 トップページ名古屋のりもの探検隊都市計画・交通計画SRT社会実験
名古屋の乗り物
探検隊
 
コンテンツTOP
交通局探検隊
 交通局広報施設
 イベントレポ
 交通局グッズ
次世代探検隊
 都市・交通計画
  計画概要(体系)
  先進的モビリティ
  ▼個別施策
  ちょい乗りバス
  SRT計画概要
  SRT社会実験
  自動運転走行
 


 名古屋市が導入を目指す「新たな路面公共交通システム(Smart Roadway Transit)」について,過去に行われた試験走行や社会実験等を紹介します.
 SRTが目指すシステムの概要は
SRT計画概要をご覧ください.

 住宅都市局主体のSRT構想とは別に,平成29年に環境局が主体となって実施された「燃料電池バス試運転・試乗会」レポートは市バス車両コンテンツ>トピックスをご覧ください.

実施年月 社会実験内容
R2年10月 連接バス,燃料電池バス走行
R4年度 連接バス走行(一般試乗あり)

 

令和2年(2020年)10月11日 連接バス,燃料電池バス試験走行

 「新たな路面公共交通システム(SRT)」導入検討の一環として,令和2年10月10日(土)と11日(日)に名古屋市中心部を「連接バス」と「燃料電池バス」が試験走行しました.
 連節バスが名古屋市内を公式走行するのは初めてです.

 【試験走行の概要】
 (関係者公開/公式発表分)

  10月11日(日) 13時頃〜2時間程度
  名古屋駅〜栄(久屋大通公園)を周回(2回)

 (公式発表分以外)
  ・10日深夜の試験走行あり(名古屋城や栄,大須に立寄り).
  ・11日午後の公開走行に向け,午前中に慣らし走行(名古屋駅〜栄間)あり.
  ・途中休憩のため名古屋駅〜名鉄バス名古屋中央営業所や白川前駐車場への回送経路も走行.

 

 令和2年度の社会実験の目的は,「通常のバスよりも長く大きい連節バスを用いた,道路構造上の課題の把握」「連節バスと燃料電池バスの走行による機運醸成」です.

 当初は市民の試乗会も兼ねる予定でしたが,新型コロナの関係で乗車は関係者のみとなりました.

 試験車両は,連接バスは岐阜バス「清流ライナー」(メルセデスベンツ製)です.
 燃料電池バスは,トヨタ自動車が開発中の「SORA」が使用されました.
 SRT構想は,連接バスや燃料電池バスの導入を目的とするものではありませんが,ともにSRTのコンセプトに近いことから選ばれました.

 

 

 連接バス「清流ライナー」試験走行

 画像提供:G様,K様,N様,S様(ありがとうございます)

 走行経路:名古屋駅〜広小路通〜栄(久屋大通公園)
 ※以下の画像は,11日午後の公式試験走行分のほか,午前中の試験走行分の画像も混在しています.


▲試験走行では名古屋駅前を発着した
 参加者(関係者)と見学者で賑やか
 (画像提供:G様)

▲連接バスの特製LED表示(前,後)
 (画像提供:G様)


▲連接バスの特製LED表示(側面)
 (画像提供:G様)


▲名古屋駅前ロータリーを回る連接バス
 (画像提供:N様)


▲名駅高層ビル群を背景に名駅通を南下する
 (画像提供:K様)


▲笹島交差点を左折し,名駅通から広小路通へ進む
 (画像提供:S様)


▲広小路通(納屋橋)を走る
 (画像提供:G様)


▲伏見付近 背景の球体は科学館
 (画像提供:N様)


▲広小路通(旧丸栄前)を走る
 (画像提供:N様)

 


▲広小路久屋交差点を左折し,久屋大通へ
 (画像提供:G様)


▲久屋大通を走る連接バス
 (画像提供:K様)


▲テレビ塔を背景に
 (画像提供:N様)


▲金鯱バス停(栄16番停)を通過する
 (画像提供:K様)


▲久屋大通から再び広小路通を経由して名古屋駅へ戻る
 (画像提供:K様)
 

 試験走行の経路外(出入庫)の走行風景です.


▲白川前駐車場を出庫し,若宮大通に進入する連接バス
 駐車料金は1台分?2台分?
 (画像提供:G様)

▲名古屋駅から名鉄バス営業所への回送
 (画像提供:G様)

▲名鉄バス名古屋中央営業所にて
 (画像提供:N様)
 

 

 

 燃料電池バス「SORA」試験走行

 画像提供:G様,S様(ありがとうございます)


▲青空とテレビ塔を背景に久屋大通を南下する燃料電池バス
 (画像提供:G様)

▲名駅通を走行する燃料電池バス
 (画像提供:G様)


▲SRTによって代替されそうな市バス名駅16号系統との並走
 (画像提供:S様)


▲広小路通を栄から名駅へ向かう
 (画像提供:G様)

 

 

令和4年度予定 連接バス試験走行

 令和4年度(2022年度)も,「事業化に向けた検討及び市民の機運醸成」を目的とした社会実験が行われます.

 名駅地区と栄地区を結ぶルートにおける連節バス運行(市民の体験乗車含む),運行ルート・車両・走行空間等の検討が予定されています.

 社会実験の期間は,昼間3日間,夜間4日間想定です.

 

 

▼もどる 

 (C) まるはち交通センター製作委員会