まるはち交通センター
 トップページ市バス・地下鉄ニュース
市交ニュース
 
TOP(最新情報)
 過去のニュース
 将来計画
 
 過去の詳細ニュース
 平成22年度〜現在まで
 前期:4月〜9月
 後期:10月〜翌年3月

 

 過去の簡易年表
〜平成21年度以前 



 凡 例
 ■ 地下鉄
 ■ 市バス
 ■ 市バス・地下鉄共通
 ■ 乗車券
 ■ manaca
 ■ その他交通関連

 

 今後の予定
3/22バス新車開札
3月バスコレB発売
3月経営計画策定
4月鉄コレ2000発売
4月バスコレNF発売
6月バスコレ33弾発売
6月バスコレ基幹2発売
7月貸切バス運賃改定

 

 開催中イベント
3114H解体搬出
ナゾトキ街歩きゲーム
レトロカラーバス
地下鉄60th特別装飾
燃料電池バス運行
終車延長 運休

 

「まるはち交通センター」は最新情報を紹介する情報系サイトではありません.当ページの掲載記事は,市営交通に関する全ての情報を網羅していません.

 


 市バス・地下鉄の最新情報をお届けします.
 当ページでは直近1ヶ月程度の情報を掲載しています.それより以前の情報は「過去ニュース」ページをご覧ください.来年度以降に予定されている大きな案件は「将来計画」ページに掲載しています.
 新着情報や最近編集した項目には印を表示しています.

令和6年(2024年)3月

 3月16日〜20日 春季墓参臨時バスを運行

 お彼岸期間中の「平和公園」や「みどりが丘公園」への墓参需要に応じるため,定例の臨時バスが増発運行されます.

 ▼千種区 平和公園  17日(土)から20日(水祝)の4日間
   星丘11系統の定期便に加えて星ヶ丘〜平和公園間の臨時循環バスを運行.
   運行区間:星ヶ丘→平和公園→平和公園南→猫洞通→星ヶ丘(循環路線)
   運行本数:17日10回,18日4回,19日4回,20日10回

 ▼緑区 みどりが丘公園  16日(土),17日(日),20日(火祝)の3日間
   原12系統の定期便に加えて,地下鉄徳重発着の区間便を増発運行.
   運行区間:地下鉄徳重〜みどりが丘公園口〜みどりが丘公園
   運行本数:3日間とも往路6本,復路6本

  関連サイト交通局「春の墓参臨時バスの運行について」

 

 

 3月16日 地下鉄鶴舞線・上飯田線 減便ダイヤ改正

 コロナ禍においても従前のダイヤを維持してきた地下鉄2路線のダイヤがいよいよ減便されます.

 令和6年3月16日(土),地下鉄鶴舞線・上飯田線・名古屋鉄道のダイヤ改正が行われます.
 新型コロナウィルス感染症流行拡大前の利用状況を前提としたダイヤから,新しい生活様式の影響等による利用動向の変化(客足が戻らない現状)に対応したダイヤに大幅減便するものです.
 鶴舞線については,令和6年10月頃から順次稼働を予定している可動式ホーム柵整備に伴うダイヤ改正(所要時分増加)も兼ねています.

 ダイヤ改正日 令和6年3月16日(土)

 

 ▼地下鉄鶴舞線ダイヤ改正の概要

 10月以降,可動式ホーム柵の開閉に要する時間と停車位置手動合わせのため余裕時間が必要となることから,鶴舞線内(上小田井駅〜赤池駅)の運転所要時分が現行の37分から40分へ変更となります.

 平日ダイヤでは,各時間帯において減便されます.
 朝間ラッシュ時間帯の運転間隔は,4分から4分30秒になります.
 昼間時間帯の運転間隔は,7.5分間隔(毎時8本)から,土日休日と同じ10分間隔(毎時6本)になります.
 夕間時間帯の運転間隔は, 5分から6分になります.
 これらにより,平日の鶴舞線内の運行本数は42本減少します.

 土休日ダイヤでは,朝間時間帯の運転間隔が6分から7分半になります.
 昼間以降の運転間隔は,10分間隔(毎時6本)から変わりありません.
 これらにより,土休日の鶴舞線内の運行本数は4本減少します.

鶴舞線内運行間隔 改正前 3/16改正後
平日 朝間 4分 4分半
昼間 7分半 10分
夕間 5分 6分
土休日 朝間 6分 7分半
昼夕間 10分 10分

 

 地下鉄鶴舞線から名鉄豊田線への直通列車は変わりありません.

 

 利用者が大幅に少ない地下鉄鶴舞線から名鉄犬山線への直通列車は大幅減便されます.
 平日ダイヤでは,10〜16時台の岩倉駅発着(1本/h)と, 21時台以降の柏森駅発着(2本/h)が一部を除き運転取りやめになります.
 平日17〜20時台の柏森駅発着(2本/h)は,岩倉駅発着に運転区間が短縮されます.
 平日の犬山線直通列車は、合計で運転取りやめ27本,運転区間短縮16本となります.

 土休日ダイヤでは,10時台以降の岩倉駅発着(2本/h)が一部を除き運転取りやめになります.
 土休日の犬山線直通列車は、合計で運転取りやめ48本となります.

名鉄犬山線相直本数 改正前 3/16改正後
平日 10〜16時台 上小田井〜岩倉
1本/h
運転取りやめ
17〜20時台 上小田井〜柏森
2本/h
上小田井〜岩倉
2本/h
21時台以降 上小田井〜柏森
2本/h
一部を除き
運転取りやめ
土休日 10時台以降 上小田井〜岩倉
2本/h
一部を除き
運転取りやめ

  ※平日朝の犬山線内種別変更(急行)列車は5本→4本
  ※柏森行き消滅

 

 ▼地下鉄上飯田線・名鉄小牧線(平安通駅〜小牧駅)ダイヤ改正の概要

 朝間・夕間時間帯に運転される,小牧駅発着列車が大幅減便されます.

 平日ダイヤでは,朝間ラッシュ時間帯の運転間隔は,7分半から概ね8分半(8分〜10分)になります.
 昼間時間帯の運転間隔15分(毎時4本),夕間時間帯の運転間隔10分(毎時6本)は,変わりません.
 これらにより,平日の上飯田線・名鉄小牧線(平安通駅〜小牧駅)の運行本数は8本減少します.

 土休日ダイヤでは,朝間時間帯の運転間隔10分(毎時6本),昼間時間帯の運転間隔15分(毎時4本)は,変わりません.
 夕間時間帯の運転間隔は,10分(毎時6本)から,昼間時間帯と同じ15分(毎時4本)になります.
 これらにより,土休日の上飯田線・名鉄小牧線(平安通駅〜小牧駅)の運行本数は12本減少します.

平安通〜小牧 運行間隔 改正前 3/16改正後
平日 朝間 7分半 8〜10分
昼間 15分 15分
夕間 10分 10分
土休日 朝間 10分 10分
昼間 15分 15分
夕間 10分 15分

平安通〜小牧 本数比較 改正前 3/16改正後
平日 7〜8時台 8本/h 7本/h
9時台 6本/h 4本/h
土休日 17〜19時台 6本/h 4本/h

 

 ▼名鉄線

 同日,名鉄線においてもダイヤ改正があります.

  ・中部国際空港駅発の列車を1本増
  ・広見線ワンマン運転区間を全線に拡大
  ・河和線(高横須賀駅〜南加木屋駅間)に新駅「加木屋中ノ池駅」開業
  ・知立駅付近連続立体交差事業に伴い,三河線三河知立駅を猿投寄りへ約900m移設
  ・築港線の土曜ダイヤを休日ダイヤに統合(土休日ダイヤで運転)

 

  関連サイト交通局 報道発表資料[PDF]

  関連サイト名古屋鉄道 ニュースリリース[PDF]

 

 

 3月16日 名古屋鉄道 運賃改定

 令和6年3月16日(土),名古屋鉄道の運賃が値上げ改定されます.
 消費税率変更以外の理由による運賃改定は,平成7年以来28年6カ月ぶりとなります.

 【名鉄の運賃改定概要】
  ・初乗り運賃170円→180円
  ・改定率10.0%(普通運賃10.5%,通勤定期11.6%、通学定期0%)
  ・豊田線,空港線等の加算運賃は変更なし
  ・過去の駅移設に伴う特定運賃(上飯田駅等)を廃止し,本来のキロ程に応じた運賃を適用

 運賃改定に合わせて,次の変更も行われます.
  ・特別車両料金の改定
  ・精神障害者割引の実施
  ・入場料金の改定(170円→180円)

  関連サイト名古屋鉄道「運賃改定の実施について」

 

 地下鉄駅においては,券売機及び名鉄連絡料金表の改修が行われます.
 合わせて「行き先別料金表(50音順料金表)」が撤去されます.

 

 

 3月11日 ジブリパーク「魔女の谷」開園記念一日乗車券発売

 長久手市のジブリパークに新エリア「魔女の谷」が令和6年3月16日(土)に開園することを記念して,特別デザインの一日乗車券が発売されます.

   ジブリパーク「魔女の谷」開園記念 バス・地下鉄全線一日乗車券
 発売金額:870円(大人用のみ)
 発売枚数:30,000枚
 発売場所:地下鉄各駅,サービスセンター
 発売・有効期間:3月11日(月)より

  関連サイト交通局お知らせ

 

 

 3月10日 マラソンフェスティバルに伴い市バス路線運休・迂回運転

 3月10日(日)に開催されるマラソンフェスティバル ナゴヤ・愛知「名古屋ウィメンズマラソン2024」「名古屋シティマラソン2024」により,名古屋市内で大規模な交通規制が行われます.
 マラソンコース周辺道路では最長10時間程度の交通規制があり,多くのバス路線で運休や迂回,折返し運転が行われます.

 過去の実績を含めた詳細は市バス路線>マラソン迂回をご覧下さい.

 【マラソン開催に伴う交通規制日時】
   令和6年3月10日(日)6時00分頃から16時20分頃まで

 

 【市バスの運行措置】 
  →運休12系統/短縮31系統/迂回10系統 (合計53系統)
   ※前年と同じ

   基幹1号系統  栄〜(東新町)〜丸田町迂回
   基幹2号系統  引山方面〜市役所折返し,古出来町〜(砂田橋)〜谷口迂回

   幹名駅1号系統 上飯田方面〜大津橋折返し
   名駅12号系統  如意車庫前方面〜名塚折返し
   名駅13号系統  児玉町〜(上堀越町)〜大金町迂回
   名駅14号系統  大曽根方面〜市役所折返し
   名駅15号系統  名古屋駅方面〜浄心町折返し
   名駅16号系統  運休
   名駅17号系統  名古屋大学方面〜春岡通折返し

   幹栄1号系統  如意住宅方面〜黒川折返し
   幹栄2号系統  新大正橋西方面〜納屋橋/広小路伏見折返し
   栄11号系統  如意車庫前方面〜黒川折返し
   栄12号系統  安井町西方面〜平田町折返し
   栄13号系統  運休
   栄14号系統  上飯田方面〜東片端折返し
   栄15号系統  新守山駅方面〜徳川園新出来(一部は大曽根)折返し
   栄16号系統  名古屋大学方面〜春岡通折返し
   栄17号系統  名古屋大学方面〜青柳町折返し
   栄18号系統  妙見町方面〜塩付折返し
   栄20号系統  新瑞橋方面〜広路通一折返し
   栄21号系統  栄〜(東新町・鶴舞公園前)〜上前津迂回
   栄22号系統  港区役所方面〜納屋橋/広小路伏見折返し
   栄23号系統  中川車庫方面〜上前津折返し
   栄24号系統  稲西車庫方面〜納屋橋/広小路伏見折返し
   栄25号系統  名西橋方面〜浄心町折返し

   金山11号系統  池下方面〜藤成通一折返し
   金山12号系統  妙見町方面〜菊園町一折返し
   金山14号系統  金山方面〜堀田通五折返し
   金山15号系統  金山方面〜堀田通五折返し
   金山16号系統  瑞穂運動場東方面〜藤成通一折返し
   金山26号系統  運休

   池下11号系統  猪高車庫方面〜池下折返し(今池方面運休)
   千種11号系統  砂田橋方面〜仲田本通折返し
   千種13号系統  緑ヶ丘住宅方面〜矢田折返し
   黒川12号系統  運休
   神宮11号系統  相生山住宅方面〜新瑞橋折返し,新瑞橋発のみ新瑞橋付近迂回
   幹新瑞1号系統  新瑞橋発のみ新瑞橋付近迂回
   新瑞12号系統  新瑞橋発のみ新瑞橋付近迂回
   新瑞13号系統  新瑞橋行のみ新瑞橋付近迂回
   新瑞14号系統  新瑞橋行のみ新瑞橋付近迂回
   新瑞15号系統  新瑞橋行のみ新瑞橋付近迂回
   鶴舞11号系統  上飯田方面〜平田町折返し
   八事12号系統  島田一ツ山方面〜杁中折返し
   吹上11号系統  運休

   出入庫系統(御・金) 運休
   千種巡回系統 仲田〜仲田本通迂回
   東巡回系統  運休
   西巡回系統  運休
   中巡回系統  運休
   昭和巡回系統 名古屋大学方面〜広路通一折返し
   瑞穂巡回系統 運休
   都心ループ系統 運休
   メーグル系統 終日運休

 

 昨年からの変更は無い模様です.

 

 【名鉄一般路線バスの運行措置】
   名古屋・津島線    栄〜笹島町(東)・柳橋(西)間を運休
              (栄系統)下り9本を笹島町(西)発/上り8本を名鉄BC行きに変更

   基幹バス本地ヶ原線  名鉄BC〜三軒家系統の下り3便,上り1便を運休
              名鉄BC〜市役所間を運休(市役所発着で運行)
              古出来町〜砂田橋〜谷口迂回

   関連サイトマラソンフェス実行委員会
      交通局お知らせ
      名鉄バス

 

 

 3月10日 名城線 マラソンフェスティバルに伴い増発運行

 3月8日(金)〜10日(日)に開催される「マラソンフェスティバル ナゴヤ・愛知2024」に伴い,イベント参加者やランナーがスタート&ゴール地点のバンテリンドームナゴヤに大勢集まるため,地下鉄名城線は大曽根駅発着列車をナゴヤドーム前矢田駅発着に変更するなどの増発運行される予定です.
 詳細は事後に追記します.

 過去の実績を含めた詳細は地下鉄路線>トピックスをご覧下さい.

 

 

 3月3日 「平成中村座お練り」に伴い一部市バス路線迂回運転

 3月3日(日),中村区の中村公園・豊国神社一帯にて開催される「名古屋平成中村座お練り」の交通規制により,2系統で迂回運転が行われます.
 例年5月開催
太閤まつりと同一形態の迂回対応です.

  迂回系統 :名駅25号系統,中村巡回系統
  迂回区間 :鳥居通三丁目から豊公橋の間
  休止停留所:草薙町,東宿町,豊国神社,中村スポーツセンター,中村小学校
  影響時間 :10時頃から12時半まで(少雨決行,荒天中止)

  関連サイト交通局「名古屋平成中村座お練り開催に伴う交通規制による市バス運行経路変更」

 

 

 3月1日 地下鉄運行情報提供大型モニター等導入

 新規導入1「運行情報配信システム」

 地下鉄及び他鉄道事業者の遅延や運転見合わせなどの運行情報を,画像や多言語で表示する「地下鉄運行情報提供大型モニター」が主要3駅の改札口付近に設置され,令和6年3月1日(金)から供用開始されます.

 システム構築は,ジョルダン(株)です.

  設置場所:名古屋駅(5ヶ所),栄駅(4ヶ所),金山駅(1ヶ所)
  設置機器:55インチ大型モニター(名駅西中改札のみ50インチ)
  表示内容:地下鉄運行情報,他路線運行情報,交通局PR情報
  (対象は名鉄名古屋本線・瀬戸線,近鉄名古屋線,あおなみ線,リニモ,新幹線,JR東海道線・関西線・中央線)

 

 新規導入2「音声文字化及び配信システム」

 また同日より,運転指令室(旅客指令員)から駅係員への運行情報等の伝達方法も改善されます.
 従来は駅長室経由の口頭伝達のみでしたが,これに加え,旅客指令員の発話内容を文字化し,その文字情報を駅係員が所持するタブレット端末・スマートフォンに直接配信するシステムが導入されます.

 システム構築は,(株)JR東日本アイステイションズです.

 

 

 3月1日〜5月31日 ウォーキング2024年春コース開設

 令和6年3月1日から5月31日の間,各自が自由な時間に参加できる常設型のウォーキング企画「2024春 駅から始まるヒラメキさんぽ」が開催されます.
 月替り全3コースです.

 【駅から始まるヒラメキさんぽ】
   参加方法:スタート駅でコースマップを入手/受付等なし
   ※予約不要,自由な日時で参加,参加費無料
   ※コース上のスポットにまつわる簡単な問題を解く

   参加者特典:沿線店舗での割引など
   最終回答をネット応募or郵送応募すると,各コース抽選で50名に1,000円分のマナカチャージ券を進呈.

 <「杉原千畝 人道の道」と鶴舞公園の春色を感じるコース>
   令和6年3月1日から3月31日まで
   瑞穂区役所駅発→鶴舞駅着
   約7km 約1時間45分
   (瑞陵高校,杉原千畝 人道の道,鶴舞公園を経由)

 <堀川七橋と名城公園百花繚乱コース>
   令和6年4月2日から5月6日まで
   金山駅発→名古屋城駅着
   約7km 約1時間45分
   (尾頭橋から五條橋まで堀川七橋を巡る,名城公園を経由)

 <新緑の季節!天白公園と農業センターを訪れるコース>
   令和6年4月27日から5月31日まで
   原駅発→原駅着
   約9km 約2時間15分
   (天白公園,細口池公園,delaふぁーむ,針名神社,秋葉山慈眼寺を経由)


▲駅掲出ポスター

関連サイト
 交通局「駅から始まるヒラメキさんぽ」

 

 

 3月1日〜3日 「小牧基地オープンベース」開催記念系統板を掲出

 3月3日(日)に航空自衛隊小牧基地で開催される「小牧基地オープンベース」を記念し,名古屋鉄道にて「記念系統板掲出」「ミニ系統板マグネット販売」が行われます.

 記念系統板の掲出車両は,名鉄小牧線(地下鉄上飯田線乗入れ車両)300系の311編成と313編成です.
 掲出編成によってデザインが異なります.
 掲出予定期間は,3月1日から3日です.

 ミニ系統板マグネットは,3月3日に犬山駅及び小牧駅限定発売です.


(画像準備中)
▲記念系統板掲出 3/1〜3/3
関連サイト
 名古屋鉄道「小牧基地オープンベース」

 

 

令和6年(2024年)2月

 2月24日〜3月10日 しだれ梅まつり開催に伴い臨時バス運行

 天白区の名古屋市農業センター「dela(デラ)ふぁーむ」において,恒例の催事「しだれ梅まつり」が2月17日(土)から3月20日(水祝)まで開催されました.
 このうちの6日間に限り,同センター付近を通る平針12号系統のうち,地下鉄平針〜農業センター北間で臨時増発バスが運行されました.

 過去の実績を含めた詳細は市バス路線>急行・臨時バスをご覧下さい.

「しだれ梅まつり」開催期間 令和6年2月17日(土)〜3月20日(水祝)
市バス増便運行期間 令和5年2月24日(土)〜3月10日(日)
上記期間の土・日のみ(計6日間)

臨時バス運行区間 「平針12号系統」地下鉄平針〜農業センター北
(往)地下鉄平針発  9:45〜14:45の間に11本
(復)農業センター北発  11:00〜16:00の間に11本

  関連サイト農業センターdelaふぁーむ「しだれ梅まつり」

 

 

 2月〜 地下鉄東山線 車内カメラ設置開始

 地下鉄東山線車両への車内防犯カメラ設置が順次進められています.
 令和5年度は2編成が対象です.令和10年度までに,東山線全車両に設置されます.

 照明灯具取付型で,1両あたり3台設置されています.

 

 

 2月中下旬 地下鉄鶴舞線ホームの時刻表を撤去

 2月中旬より,地下鉄鶴舞線のホーム上に掲出されていた駅時刻表が順次撤去されました.
 時刻表があった場所には,代わりに時刻等をウェブサイトで確認できるQRコードや路線図が掲示されています.

 これは3月16日の鶴舞線ダイヤ改正に向けた動きで,コスト削減が目的です.
 ホーム上の時刻表撤去は,8月の桜通線に引き続き2路線目です.

 

 

 2月16日 グッズ「バス型ポーチ付きエコバスバッグ」発売

 2月16日(金),交通局オリジナルグッズ「バス型ポーチ付きエコバスバッグ」が発売されました.
 エコバッグは,市バス一般車両のブルーラインや局章が大胆にデザインされています.
 収納用ポーチもミニチュアの市バス型です.
 ともにポリエステル素材で,収納用ポーチはカラビナが付属します.

  交通局オリジナルグッズ
 【バス型ポーチ付きエコバスバッグ】
   価格1,200円(税込)/販売数量1,500個
   バッグサイズ 約横410mm×縦180mm×高さ330mm(持ち手除く)
   ポーチサイズ 約横110mm×縦60mm×高さ70mm
   販売開始日は令和6年2月16日(金)
   販売場所は交通局サービスセンター3か所,市営交通資料センター,レトロでんしゃ館


▲バス型ポーチ付きエコバスバッグ

関連サイト
交通局「バス型ポーチ付きエコバスバッグ」

 

 

 2月16日 令和6年度当初予算を公表

 2月16日(金),名古屋市の令和6年度「予算」「予算の概要」「行財政改革の取り組み」が公表されました.

 【令和6年度予算の概要】交通局関係

 市バス事業では,ほぼ前年度通りの業務量となっています.
 地下鉄事業では,令和5年度の大幅減便に伴い,業務量も大幅に減っています.

市バス事業
予算歳出額  362億円(前年比11.1%増)
1日あたりの乗車人員  306,100人(前年より11,600人増)
1日あたりの運転キロ  98,100km(前年より100km減)
車両数  1,014両(変更なし)
車両購入  107両(昨年も107両)

地下鉄事業
予算歳出額  1,443億円(前年比8.7%増)
1日あたりの乗車人員  1,252,300人(前年より87,600人増)
1日あたりの運転キロ  177,400km(前年より4,800km減)
車両数  782両・135編成(変更なし)
車両購入  なし

  関連サイト名古屋市「令和6年度予算の概要」

 

 【交通局 行財政改革の取り組み(経営努力)】

  (1)市バス管理委託の拡大(港明営業所)に向けた準備
  (2)旅行者向け券売機の設置やタブレット端末の改札口等への配備拡充に伴い地下鉄駅コンシェルジュの廃止(△13,885千円)
  (3)戦略的な利用促進策の展開に伴い,ハッチーキッズクラブを廃止(△2,558千円)

  関連サイト名古屋市「令和6年度行財政改革の取り組み」

 

 【交通局予算案(収支抜粋)】(単位:百万円)

 市バス事業は,3年連続の赤字予算です.
 地下鉄事業は,昨年度に引き続き黒字予算です.

市バス事業 令和6年度 令和5年度 差引
事業収益 28,835 25,741 3,094
事業支出 28,869 27,259 1,610
純損益 △1,064 △1,863 799

地下鉄事業 令和6年度 令和5年度 差引
事業収益 94,715 88,264 6,451
事業支出 85,697 84,566 1,131
純損益 7,343 2,292 5,051

  関連サイト名古屋市「令和6年度公営企業会計予算に関する説明書」

 

 

 2月16日 令和6年度予算編成過程(2月版)の公開

 名古屋市の令和6年度予算編成過程が,11月17日(金)の第1回目と1月10日(水)の第2回目に引き続き,2月16日(金)に最終版(2月版)が公開されました.
 また市民意見に対する回答も公表されました.

  凡例:・前回と同じ項目  ★追加項目  下線変更箇所

 【交通局予算案(新規・拡充事業の例)】
  ・地下鉄鶴舞線可動式ホーム柵の整備(製造設置 5駅)
  ・地下鉄構造物の耐震補強(1駅3区間)
  ・地下鉄車内カメラの設置(東山線10編成)
  ・バスターミナル環境改善(黒川・新瑞橋)
  ・地下鉄駅のリニューアル(上前津・栄・名城公園駅工事)(設計4駅)
  ・駅構内トイレのリニューアル(工事8駅9箇所,設計8駅8箇所
  ・地下鉄駅エレベータ整備(伏見・御器所・本山・新瑞橋・瑞穂運動場西駅工事,本郷駅設計)
  ・名城線名港線ホームと車両の段差隙間の解消(2〜17番乗車口の改修6駅)
  ・バス料金箱の更新
  ・地下鉄駅ホームの冷房化(名城公園・瑞穂運動場東・御器所・瑞穂運動場西駅工事,3駅設計)
  ・照明のLED化
  ・浸水警報装置の整備(5駅)
  ・地下鉄駅のリフレッシュ(伏見駅はじめ4駅)
  ・定期券WEB予約サービス導入(令和8年度中導入予定)
  ・クレジットカード対応券売機の設置拡大(名古屋駅3台,栄駅1台)
  ・栄駅の総合的な整備
  ・東山線高架下用地の活用に向けた調査
  ・戦略的な利用促進策の展開
  ★親子用ベンチ設置,授乳室設置,子ども向け特設サイト開設
  ★港明営業所の委託車両数増車に向けた準備

 【交通局予算案(使用料・手数料改定等)】
  ・貸切自動車運賃・料金の改定(7月)

  関連サイト交通局「予算編成過程の公開について」

 

 

 2月13日 令和6年度予算「主な施策等一覧」公開

 2月13日(火),名古屋市の令和6年度当初予算の概要「主な施策等一覧」「予算の概要(草案)」「予算参考資料」が公表されました.

 【令和6年度 主な施策等】交通局関係

  (新規事項)戦略的な利用促進策の展開
    ・予定額 44,500千円
    ・敬老パス利用者向け施策「アクティブシニアキャンペーン」
     (敬老パス利用者に対し飲食店などで割引等の特典を付与)
    ・観光客向け施策「グルメチケット付き企画乗車券(仮称)」
    ・市バスを利用していない若年層向け施策「市バスで推し活!(仮称)」

  (新規事項)子ども・子育てのサポート
    ・予定額 23,572千円
    ・親子で使いやすいベンチを駅構内に設置(名城公園駅)
    ・授乳室の設置(上前津駅,名城公園駅)
    ・子ども向け特設ウェブサイトを新たに開設

  (新規事項)栄駅の総合的な整備
    ・予定額 30,000千円
    ・変電所跡地を活用した駅施設の再配置に向けた調査
    ・駅施設跡地への店舗の設置に向けた調査
    ・駅施設改修による利用者流動効果等を調査

  (新規事項)東山線高架下用地の有効活用に向けた調査
    ・予定額 15,561千円>
    ・耐震補強後の高架下活用に向けた市場調査や測量>
    ・暫定的な活用のための整地

  (新規事項)定期券WEB予約サービスの導入
    ・債務負担行為(720,000千円)
    ・令和6〜8年度 システム開発
    ・令和8年度 券売機改造,サービス開始

  (拡充事項)地下鉄駅のリニューアル
    ・予定額 3,099,189千円
    ・全体改修(設計)星ヶ丘駅,(工事)名城線上前津駅,名城線栄駅,名城公園駅
    ・部分改修(設計)中村日赤駅,東別院駅,築地口駅

  (拡充事項)地下鉄駅のリフレッシュ
    ・予定額 292,118千円
    ・駅の壁・床・天井などの特別清掃や塗装替え等を実施
    ・東山&鶴舞線伏見駅,鶴舞線丸の内駅,大須観音駅,鶴舞線上前津駅

  (拡充事項)地下鉄駅エレベーターの整備
    ・予定額 2,062,641千円
    ・新規整備(設計)本郷駅
    ・継続整備(工事)伏見駅,御器所駅,本山駅,新瑞橋駅,瑞穂運動場西駅

  (拡充事項)クレジットカード対応券売機の設置拡大
    ・予定額 155,540千円
    ・クレジットカード対応券売機(ピンク色の券売機)の増設
    ・名古屋駅4台→7台,栄駅3台→4台,金山駅2台のまま

 

 【令和6年度 主な施策等】交通局以外

  (新規事項)燃料電池バス導入促進補助(環境局)
    ・予定額 22,945千円
    ・燃料電池バスを導入する民間事業者に対する補助

  (新規事項)民間鉄道駅舎バリアフリー化設備設置補助(健康福祉局)
    ・予定額 205,163千円
    ・JR名古屋駅5・6番線ホーム(R4〜6年度工事)
    ・JR名古屋駅7・8番線ホーム(R6〜7年度工事)
    ・近鉄名古屋駅2・3番線ホーム(R6〜8年度工事)

  (拡充事項)敬老パス交付率の向上(健康福祉局)
    ・予定額 6,700千円
    ・敬老パス外出促進キャンペーンを実施
    ・所定期間内の敬老パス利用状況や歩数に応じて抽選で特典景品を贈呈

  (新規事項)地域のニーズに応じた移動環境の形成(住宅都市局)
    ・予定額 22,700千円
    ・公共交通空白地における交通支援制度の構築
    ・モデルケースでの実証実験(港区西福田学区におけるデマンド交通)

  (拡充事項)新たな路面公共交通システムの導入準備(住宅都市局)
    ・予定額 609,840千円
    ・東西ルート(R7運行開始)の広小路通を中心にテラス型乗降・待合空間等を整備
    ・同上連節バス製造(R5〜6)と機器等設置
    ・周回ルート(名古屋駅〜名古屋城)(ア大会運行開始)用連節バス2台発注

  (拡充事項)ガイドウェイバスへの自動運転技術導入検討(住宅都市局)
    ・予定額 258,000千円
    ・次期バス車両の実験車両のコンセプト作成・設計
    ・バス専用道(高架構造物)の改修設計基準等作成
    ・新しい輸送システム導入に向けた事業スキームの検討

  関連サイト名古屋市「令和6年度主な施策等一覧」

 

 

 2月12日〜21日 ガイドウェイバス自動運転に向けた実証実験

 名古屋市住宅都市局では,ガイドウェイバス志段味線(ゆとりーとライン)において,自動運転技術を活用した新たなシステム導入を検討しています.

 この一環で,一般車両の立ち入らない閉鎖区間において,自動運転技術の実証実験が行われました.
 一般市民向けの試乗はありません.

  実験期間:2024年(令和6年)2月12日〜2月21日
  実験場所:名古屋市守山南部処分場(尾張旭市)の管理通路(閉鎖区間)約600m
  実験車両:アイサンテクノロジー所有の大型自動運転バス

 実験区間においてガイドウェイバス専用道(高架区間)の幅員や急カーブを部分的に再現し,運転士が乗車した状態でハンドル操作や加減速操作をシステムにより自動走行(自動運転レベル2)し,自動運転用センサを使用した各種誘導方式(※1)による車両制御の精度検証が行われました.

 (※1)各種誘導方式
  ・磁気マーカシステム(GMPS)・・・道路に敷設した磁気マーカを読み取り車両位置を正確に特定
  ・GNSS方式・・・複数の衛星からの情報を基に自車位置を測定
  ・3Dマップ方式・・・3D地図より自己位置を推定

 

 

 2月9日 「グランパスコラボ」一日乗車券発売

 2月9日(金),名古屋グランパスの新エンブレムをデザインした一日乗車券が限定発売されました.
 Jリーグ2024シーズン開幕&新エンブレム決定を記念したグランパスエイトとのコラボ・ライセンス商品です.

 発売金額:870円
 発売枚数:5,000枚
 発売場所:地下鉄各駅,サービスセンター
 発売・有効期間:2月9日(金)より

  関連サイト交通局お知らせ

 

 

 2月7日 令和6年度市バス車両購入 入札公告

 2月7日(水)に,令和6年度の市バス新車購入の調達情報が公告されました.
 3月22日に開札です.

 令和6年度市バス新車購入:107両
  (内訳)
    大型ノンステップバス(一般系統車両) 85両
    大型ノンステップバス(基幹2号系統車両) 22両

  (主な仕様)
   ・ディーゼル車,AT車
   ・標準仕様ノンステップバス認定車,2016年規制適合車,H27年度重量車燃費基準達成車
   ・行先表示はLED(白色)

 107両の納期は令和7年2月28日です.
 令和6年8月〜令和7年2月に納入予定です.

 

 

 2月3日 臨時急行バス「節分バス」運行

 2月3日(土),大須観音や笠寺観音など市内各所で開催される節分会に伴い,参拝者の利便を図るため臨時急行バス(節分バス)が運行されました.

 過去の詳細レポートはバス路線>臨時急行バスを参照してください.

 

 運行本数は,大・笠系統は例年通りですが,新・笠系統は△16%減便となりました.

 大・笠系統「大須観音〜笠寺西門」
  停留所:大須観音〜上前津(復路のみ)〜金山〜笠寺西門
  大須観音発:10時〜13時 15分間隔で運行/14時〜17時 20分間隔で運行/計26本
  笠寺西門発:10時〜13時 15分間隔で運行/14時〜17時 20分間隔で運行/計26本

 新・笠系統「新瑞橋〜笠寺西門〜笠寺駅」
  停留所:新瑞橋〜新郊通三丁目/桜本町一丁目〜笠寺西門〜笠寺駅
  運行時間帯:9時〜17時 おおよそ10分〜15分間隔
  運行本数 :新瑞橋発35本/笠寺駅発34本(昨年までは新瑞橋発42本/笠寺駅発40本)

  関連サイト交通局「節分会に伴う臨時急行バス(節分バス)の運行について」

 

 今年の恵方は龍泉寺です.
 龍泉寺観音へのアクセスとなる「ゆとりーとライン」の増強運転も行われました.

  関連サイトゆとりーとライン「節分は恵方の龍泉寺へ」


▲大笠系統にて運用されるレトロカラーバス
 (画像提供:G様)

▲ゆとりーとラインも増強運転
 大曽根発竜泉寺口行き

 

 

 2月1日 敬老パス 利用回数カウント方法変更

 令和6年2月1日(木)から,名古屋市が発行する「敬老パス」の利用回数の数えかたが変わりました.

 従来は,市バスと市バス,市バスと地下鉄を90分以内に乗り継いで利用した場合は,2回と数えていたところを,1回と数えるように変更されました.
 (通常マナカの乗継割引と同じ考え方)
 ただし,2回の乗車を1回の利用と数えるのは1日2回までです.

 乗継利用の基準となる時刻は次のとおりです.
  地下鉄:入場時に自動改札機に敬老パスをタッチした時刻
  市バス:乗車時に料金箱に敬老パスをタッチした時刻
      (基幹2号は,降車時に料金箱に敬老パスをタッチした時刻)


▲掲出ポスター

関連サイト名古屋市
 「敬老パスの利用回数の数えかたが変わります!」

 

 

 2月〜 鶴舞線ホーム 列車停止位置標示板を新設

 令和6〜8年の地下鉄鶴舞線可動式ホーム柵設置に先立ち,可動式ホーム柵が設置されないホーム端部等への固定柵設置工事が令和6年2月頃より行われています.
 (第1期工事は庄内緑地公園駅〜荒畑駅間/工期はR7年1月)

 固定柵設置と合わせて,ホーム天井からの吊下式「列車停止位置標示板」も新設されています.
 ホーム柵設置後も手動運転を実施する鶴舞線運転士の視認性向上を目的としたものです.
 従来の床置き式「列車停止位置標」はそのままです.


▲鶴舞線ホーム柵整備に先立ち新設された「列車停止位置標示板」と従来の「列車停止位置標」
 

 

 

 2月 ハッチーキッズクラブ 次年度会員募集停止(廃止)

 小学校高学年児童を対象とした市バス・地下鉄ファンクラブ「ハッチーキッズクラブ」について,令和5年度をもって廃止されることになりました.

 例年2月に次年度会員募集が行われるところですが,廃止に伴い令和6年度(2024年度)会員募集は行われません.

 

 

▼もどる 

 (C)まるはち交通センター製作委員会名古屋市交通局ファンサイト/名古屋市営バスファン/市営地下鉄ファン