まるはち交通センター
 トップページ市バス・地下鉄ニュース
市交ニュース
 
TOP(最新情報)
 過去のニュース
 将来計画
 
 過去の詳細ニュース
 平成22年度〜現在まで
 前期:4月〜9月
 後期:10月〜翌年3月

 

 過去の簡易年表
〜平成21年度以前 



 凡 例
 ■ 地下鉄
 ■ 市バス
 ■ 市バス・地下鉄共通
 ■ 乗車券
 ■ manaca
 ■ その他交通関連

 

 展開中イベント
 

 

 今後の予定
2月2136H ATO改造
2月5152H機器更新
3/10マラソンフェス
3/25栄噴水南BT移転
次期経営計画策定
6月鉄コレ3000形
6月バスコレ(MH車)

 

当サイトは名古屋市交通局の非公認,非公式サイトです.掲載する情報が正しいとは限りません.各自の責任でご利用ください.

 


 市バス・地下鉄の最新情報をお届けします.
 当ページでは直近1ヶ月程度の情報を掲載しています.それより以前の情報は「過去ニュース」ページをご覧ください.来年度以降に予定されている大きな案件は「将来計画」ページに掲載しています.
 新着情報や最近編集した項目には印を表示しています.

平成31年3月

 3月9日〜5月26日 駅ちかウォーキング2019SPRING開催

 平成31年3月9日(土)から5月26日(日)まで,恒例のウォーキングイベント「駅ちかウォーキング2019SPRING」が全7回開催されます.

 【駅ちかウォーキング2019SPRING】
   第1回 3月9日(土) 上前津駅→西高蔵駅
   第2回 3月16日(土) 今池駅→高岳駅
   第3回 3月24日(日) 黒川駅→大曽根駅
   第4回 4月7日(日) 茶屋ヶ坂駅→ナゴヤドーム前矢田駅
   第5回 4月27日(土) 原駅→川名駅
   第6回 5月12日(日) 名鉄木田駅→中村公園駅
   第7回 5月26日(日) 相生山駅→桜本町駅

  関連サイト交通局「駅ちかウォーキング2019SPRING」

 

 

 3月3日〜3月21日 しだれ梅まつりに伴い臨時バス運行

 天白区の名古屋市農業センター「delaふぁーむ」において,恒例の「しだれ梅まつり」が平成31年2月23日(土)から3月17日(日)まで開催されます.
 このうち3月の土日に限り,同センター付近を通る平針12号系統のうち,地下鉄平針〜農業センター北間で臨時増発バスが運行されます.

  しだれ梅まつり開催期間:平成31年2月23日(土)〜3月17日(日)
  臨時バス運行日:3月2日〜3月17日のうち土日のみ(計6日間)
  運行区間:平針12号系統 地下鉄平針〜農業センター北
  運行本数:昨年度は地下鉄平針発農業センター北行は9:37〜14:49の間に9本
       昨年度は農業センター北発地下鉄平針行は10:39〜15:39の間に6本

  関連サイト農業センターdelaふぁーむ

 

 

平成31年2月

 2月21日 大ナゴヤツアーズ「名古屋市交通局ツアー」開催

 名古屋のまちの魅力体験プログラム『大ナゴヤツアーズ「市営地下鉄・バス満喫の名古屋市交通局ツアー」』が2月21日(木)に開催されます.
 地下鉄工場引込線体験乗車,洗車機通過体験,地下鉄藤が丘工場見学,市バス車両見学,貸切市バス乗車,市バス猪高営業所見学など盛りだくさんの内容です.

 ※募集開始早々に満員御礼となりました.

 【ツアー詳細】
 ツアー名称「名古屋の街を走る!市営地下鉄・バス満喫の名古屋市交通局ツアー〜引き込み線体験乗車から電車工場見学、貸切バスツアーまで〜」
 参加費2000円(資料付,保険料含),定員20人(最少催行5名)

 藤が丘駅集合→地下鉄引き込み線体験乗車→洗車機の通過体験→電車工場見学→乗務員操作体験(レプリカ)→大型バス見学→貸切バス(市営バス)で猪高営業所へ→猪高営業所見学→星ヶ丘駅解散

 【大ナゴヤツアーズとは】
 名古屋のまちを中心とした東海エリアのまちの魅力を「体験」「学び」「見学」「まち歩き」などを通して楽しめる体験プログラムツアー.
 市バス・地下鉄施設を訪問するツアーは初開催です.

  関連サイト大ナゴヤツアーズ「名古屋市交通局ツアー」

 

 

 2月19日 市議会に消費税率改定に伴う料金改定条例案を提出

 10月に予定される消費税率の引き上げ(8%→10%)分を,地下鉄・市バスの料金に反映させるための条例案が,2月19日開会の2月市議会定例会に提出されます.

 地下鉄は大人初乗り運賃が現行の200円から10円上がります.
 市バスの運賃は据え置かれますが,一日乗車券や定期券などは値上りします.
 料金改定は消費税率が8%になった平成26年以来です.

 一方で,定期券のうち地下鉄は高校生以下,市バスは通学定期の料金を増税後も据え置きます.
 これに伴い交通局は,地下鉄で年間6533万円,バスで年間4684万円の負担増となります.

地下鉄料金改定案(抜粋)
券種 現行 改定案
普通券1区 200 210
普通券2区 240 240
普通券3区 270 270
普通券4区 300 310
普通券5区 330 340
通勤定期1区(1月) 8,390 8,540
大学生定期1区(1月) 4,940 5,030
中高生定期1区(1月) 4,440 4,440
一日乗車券 740 760
市バス料金改定案(抜粋)
券種 現行 改定案
普通券 210 210
通勤定期(1月) 9,000 9,320
通学定期(1月) 5,400 5,400
一日乗車券 600 620

  関連サイト名古屋市「平成31年度予算参考資料」

 

 

 2月15日 平成31年度予算編成過程(2月版)の公開・予算案の公開

 名古屋市の平成31年度予算編成過程が,11月21日(水)の第1回目と1月10日(木)の第2回目に引き続き,2月15日に最終版(2月版)が公開されました.また予算概要も公表されました.
 下線部分が1月版からの追加&変更事項です.

 交通局予算案【新規・拡充事業の例】
   ・地下鉄名城線名港線可動式ホーム柵の整備
   ・地下鉄施設の耐震補強(駅間5区間)
   ・地下鉄施設の浸水対策(地下鉄駅出入口の止水板改修 栄駅10箇所)
   ・地下鉄駅のリニューアル(設計2駅:千種駅と名城線上前津駅)
   ・駅構内トイレのリニューアル(改修4駅,設計3駅)
   ・地下鉄駅ホームの冷房化(改修:桜山駅,設計:千種駅と桜山駅)
   ・バスターミナルの環境改善(照明LED化や改修など5箇所)
   ・地下鉄駅エレベーターの整備等(整備3駅:名古屋・栄・今池駅)
   ・地下鉄駅エレベーターの整備等(調査2駅:御器所・伏見駅)
   ・給油量管理システムの導入(車両ごとの給油量を管理)
   ・液晶式停留所名表示器の設置
   ・主要駅の混雑緩和対策の検討(調査2駅:名古屋・栄駅)
   ・伏見駅における駅ナカ事業の展開(31年度開業)
   ・市バス90周年記念事業の開催(イベント開催,記念乗車券発売等)
   ・デジタルサイネージ広告の設置(金山駅)

 交通局予算案【使用料・手数料の改定】
   ・消費税率変更に伴う乗車料改定(H31年10月予定)

  関連サイト交通局「予算編成過程の公開について」

 

 市民経済局予算要求内容【臨時・政策経費,新規・拡充事業の例】
   ・区役所市民課等におけるマナカ等決済用端末等の導入

 観光文化交流局予算要求内容【臨時・政策経費,新規・拡充事業の例】
   ・なごや観光ルートバスの機能向上(名古屋城東門付近への停留所新設,車内映像等の更新)

  関連サイト名古屋市「平成31年度予算編成過程の公開」

 

 

 2月14日 「バス型バスマット」を発売

 2月14日(木),交通局オリジナルグッズの新商品「バス型バスマット」が発売されました.
 (窓口発売分は当日夕方には完売しました.)
 フルカラー印刷のマットで,バスルームだけでなく,玄関マットや部屋などでもマットとして使用できます.

  名古屋市交通局オリジナル「バス型バスマット」
  発売額:1,300円    サイズ:縦44cm×横65cm
  発売数:1,000枚    発売開始日:2月14日(木)
  発売場所:交通局サービスセンター(名古屋,栄,金山),市営交通資料センター,レトロでんしゃ館


▲バス型バスマット
 関連サイト
  交通局「バス型バスマットを発売」

 

 

 2月12日 平成31年度当初予算の概要(草案)の公開

 2月12日(火),名古屋市の平成31年度当初予算の概要(草案)と,主な施策一覧が公表されました.

 【平成31年度予算の概要(草案)】交通局関係
 <市バス事業>
 (1)予算歳出額 312億円(前年比2.0%増)
 (2)新規拡充施策等
  ・運転キロは不変(ただし1日あたりの最多運転車両数910両→908両へ減車)
  ・車両購入 45両(昨年55両)
  ・バスターミナルの環境改善(詳細は下記)
  ・停留所施設の整備

 <地下鉄事業>
 (1)予算歳出額 1406億円(前年比0.6%増)
 (2)新規拡充施策等
  ・駅のリニューアル(詳細は下記)
  ・駅ホームの冷房化(詳細は下記)

 

 【主な施策等】交通局:新規事項
 (1)バスターミナルの環境改善
  ・照明のLED化と上屋の塗装替え(中村公園,六番町,藤が丘)
  ・本郷BT改修の設計(歩道部改修等の設計)
  ・ドライ型ミスト装置の試行設置(鳴子北)

 (2)地下鉄駅のリニューアル
  ・リニューアル対象駅は開業50年以上経過した駅
  ・駅全体の壁,床,天井,照明などのリニューアル
  ・31年度は千種駅と名城線上前津駅の設計

 (3)地下鉄駅ホームの冷房化
  ・整備対象駅はホーム冷房未実施駅
  ・31年度は桜山駅と千種駅の設計
  ・桜山駅は整備に着手(32年度完成予定)

 

 【平成31年度予算の概要(草案)】交通局以外
 <拡充施策>
 (1)ガイドウェイバス自動運転技術導入等の検討
  ・
 (2)名古屋観光ルートバス停留所の新設等
  ・名古屋城東門付近に停留所の新設
  ・名古屋城正門付近の停留所デザイン変更
  ・車内放映用映像等の更新
 (3)区役所にマナカ決済用端末の試行導入
  ・6月に中川区に設置

  関連サイト名古屋市「平成31年度当初予算の概要」

 

 

 2月12日 市バス港明営業所を開設/三重交通に管理委託

 2月12日(火),港区に新しい市バス営業所が開設されました.
 場所は港区役所回転場で,元港営業所跡地の一部です.
 同時に三重交通への管理委託も行われています.

 【営業所概要】
  名称:港明営業所
  住所:名古屋市港区港明一丁目11番7号
  車両:14両
  担当:3系統(名駅19,栄22,名港13)
  管理:委託(三重交通)


▲開設された港明営業所

 関連サイト
  交通局「市バス港明営業所の開所」

 

 

 2月12日 系統移管/車両移動/出入庫系統ダイヤ改正

 2月12日(火)に市バス港明営業所が開設され,中川営業所と楠分所から3系統が移管されました.
 これに伴い,車両移動が行われています.
 また,中川営業所の運用減少に伴い,出入庫系統のダイヤが一部変更(減便)されました.

 【系統移管】(3系統)
  名駅19号系統:(正)中川,(副)楠 →港明
  栄22号系統 :(正)中川,(副)楠 →港明
  名港13号系統:中川 →(正)港明,(副)中川

 【車両移動】(16両)
  中川→港明(8両)
   NS171,NS237,NS238,NS239,NMS56,NMS57,NMS100,NMS101
  中川→緑(2両)
   NS179,NS180
  緑→港明(3両)
   NS354,NS359,NS360
  楠→港明(3両)
   NS169,NS170,NMS99

 これに伴い,各車庫の在籍車両数は次の通りになりました.
   中川営業所 126両→116両
   緑営業所  99両→98両
   楠分所   53両→50両
   港明営業所 0両→14両

 【ダイヤ改正】(出入庫2系統)
  出入庫(中・畑),出入庫(中・港) ※減便

 

 

 2月〜 鶴舞線3050形 車内案内表示器を更新

 平成31年2月より,地下鉄鶴舞線3050形の車内LED式案内表示器の機器更新が行われています.
 はじめに,3158編成の機器が更新されました.

 車内案内表示器は,東山線5050形や名城線2000形において更新中の機器と同等のもので,従来と同じ3色LEDです.
 従来タイプのものより縦方向サイズが小さくなっており,文字も縦長文字から正方形文字になりました.
 そのほか,角ドットから丸ドットとなり照度が増しました.


▲3050形車内案内表示器 新旧比較
 

 

 

 2月3日〜28日 名古屋高速道路通行止めに伴う市バス遅延予想

 平成31年2月3日(日)から2月28日(木)の間,名古屋高速道路2号東山線の四谷インターチェンジから高針ジャンクション間において,工事による全面通行止が実施されます.
 工事期間中は周辺一般道路の混雑が予想され,市バスの運行に遅れが生じることが予想されます.

 【影響が予想される市バス系統】
  幹星丘2,名駅17,栄16,星丘12,星丘13,千種巡回系統

  関連サイト交通局「名高速通行止めの影響による市バスの遅延について」
       名古屋高速道路「東山トンネル天井板撤去工事」

 

 

 名鉄バスでは,近距離高速バス2路線において迂回運転とダイヤ修正を行なっています.
  名古屋・高針線:四谷出入口〜高針出入口間で一般道へ迂回
  名古屋・豊田線:楠JCT経由名二環へ迂回

  関連サイト名鉄バス「名高速通行止に伴う期間ダイヤ改正について」

 

 

 2月3日 臨時急行バス「節分バス」運行

 2月3日(日)に,大須観音や笠寺観音など市内各所で開催される節分会に伴い,参拝者の利便を図るため臨時急行バス(節分バス)が運行されました.

 大・笠系統は例年通りの運行です.
 新・笠系統は日曜日開催による既設路線の減少分と人出増加を見込み,平日開催より増発開始時間の前倒しと増便(約10本増)運行となっています.

 大・笠系統「大須観音〜笠寺西門」
  停留所  :大須観音〜上前津(復路のみ)〜金山〜笠寺西門
  大須観音発:10時〜13時台 15分間隔で運行/14時〜17時 20分間隔で運行/計26本
  笠寺西門発:10時〜14時台 15分間隔で運行/15時〜17時 20分間隔で運行/計27本

 新・笠系統「新瑞橋〜笠寺西門〜笠寺駅」
  停留所 :新瑞橋〜新郊通三丁目/桜本町一丁目〜笠寺西門〜笠寺駅
  運行時刻:9時〜17時 約10分間隔
  運行本数:新瑞橋発52本/笠寺駅発50本
  (1時間あたり最大9本運行,既設路線と合わせ最大12本)


▲大・笠系統(浄心NH-29)
 関連サイト
 交通局「節分会に伴う臨時急行バス運行」

 

 名古屋ガイドウェイバス「ゆとりーとライン」についても,恵方となる竜泉寺への参拝客対応のため,大曽根〜竜泉寺口間で増発運行が行われました.
 また,1月11日から2月14日まで開催中のイベント「ゆとりーとライン節分キーワードラリー」に関連し,竜泉寺に近い本社駐車場にてグッズ販売などミニイベントも開催されました.


▲イベント会場の撮影グッズ
 関連サイト
 ゆとりーとライン「抽選会等を開催」

 

 

 2月1日〜3月22日 ハッチーキッズクラブ 2019年度会員募集

 小学校高学年向けファンクラブ「ハッチーキッズクラブ」の新年度会員募集が行われました.
 会員期間は1年間で,年会費は1,000円です.

  2019(平成31年)年度会員 募集期間:平成31年2月1日(木)〜3月22日(金)
  募集対象:2019年度の小学校4年〜6年生 本人のみ
  年会費:1,000円(専用申込用紙を入手し,郵便局で支払い)
  2019年度会員期間:2019年4月1日〜2020年3月31日

  【特典】
   ・オリジナル会員証(氏名・会員番号入り)
   ・会員向け限定イベント
   ・小児用全線一日乗車券,交通局オリジナルグッズ割引券(250円分)
   ・会報「ハッチーキッズNEWS」の発行(年3回程度)
   ・観光施設入場割引,おでかけポイント制度

  関連サイト交通局「ハッチーキッズクラブ新規会員募集」

 

 

 2月1日 東山線 車内放送文に駅番号を追加/多言語放送を一部取りやめ

 2月1日(金),地下鉄東山線の車内自動案内放送文が変更されました.

 【変更点:駅ナンバリング追加】
  各駅の英語案内の後に「駅番号」が追加されました.

  例文「This is Nagoya.
H8.

 【変更点:多言語放送を一部取りやめ】
  名古屋駅と藤が丘駅のみ放送されている多言語放送の内容が変更されました.
  
  名古屋駅:4カ国語から3カ国語に変更(平成29年12月に追加した中国語(繁体)放送を削除).
  藤が丘駅:4カ国語を取りやめ(英語放送のみ)

 

 

 平成31年冬頃 自動券売機発行券の年号表記を西暦に変更

 平成31年5月の改元を前に,2月頃より,地下鉄駅の自動券売機にて発売される普通乗車券の年号表記が,従来の和暦から西暦表記に順次変更されています.


▲300型・350型券売機の表記
 

 

 

▼もどる 

 (C)まるはち交通センター製作委員会名古屋市交通局ファンサイト/名古屋市営バスファン/市営地下鉄ファン