マナカ@まるはち交通センター
 トップページ乗車券図鑑ICカード乗車券「manaca」マナカ概要・ポイント制度解説
乗車券図鑑
 
コンテンツTOP
現行の乗車券種
 普通乗車券
 IC乗車券 manaca
  マナカについて
  マナカ定期券
  記念マナカ
  オリジナルデザイン
  チャージ券
 
 一日乗車券
 企画乗車券
 乗車証・パス
過去の乗車券種
 ユリカ・回数券
 記念ユリカ等
 磁気定期券
 リリーカード
その他
 券売機・改札機


 ICカード乗車券「マナカ」について,カードの紹介やカードの種類,ポイント制度について解説します.

manaca(マナカ)について

 従来使用されていた磁気カード型乗車券「ユリカ」の後継として,非接触式ICカード型乗車券「マナカ」が平成23年2月11日よりサービス開始しました.平成25年3月23日からは全国規模での相互利用サービスも始まっています.
 平成28年9月からは敬老パスがマナカ化され,今後クレジット一体型マナカの発行が予定されるなど,利用範囲拡大&利便性向上が進んでいます.

 ICカードの種類と機能

 カード名称は「manaca(マナカ)」で,名鉄グループも同様の名称のカードを同時に発売しています.
 交通局では主に「マナカ」,名鉄では「manaca」という表記をメインで使用しています.
 事前に料金を徴収してカードに金額を記憶し,その金額の範囲内で利用可能なプリペイド方式のカードです.
 マナカカード単独では,クレジットカードのような後払い機能はありません.

 
機 能 定期券機能なし 定期券機能付き 大人券 小児券
記名式 ・記名人のみ使用可
・再発行が可能
・記名人のみ使用可
(持参人方式の定期券部分は持参人も使用可)
・再発行が可能
無記名式 ・持参人が使用可
・再発行は不可能
発行なし ×

 カードには個人情報を記録する記名式と,非記名式があります.定期券機能や小児券は記名式のみの機能です.

 

 

 導入事業者とICカード(普通カード)の券面

 ICカードの発行・運営主体は交通局の外郭団体である「名古屋交通開発機構」と,名鉄が設立した子会社「エムアイシー(旧名鉄ICカード)」の2社が担います.
 交通局と名鉄のほか,あおなみ線や名鉄電車,名鉄バスなどの交通機関も2社のカードを発行しています.

 
発行会社 (株)名古屋交通開発機構 (株)エムアイシー
利用会社 名古屋市交通局
(市バス・地下鉄)
名古屋鉄道
名古屋臨海高速鉄道
(あおなみ線)
名鉄バス
名古屋ガイドウェイバス
(ゆとりーとライン)
豊橋鉄道
(市内線・渥美線)
  愛知高速交通
(リニモ)

 

 マナカ標準デザインの券面です.
 全体的に光沢のあるシルバーで,中央に大きくマナカのキャラクターが描かれています.

 おもて面のデザインは,平成23年の登場時から平成28年まで,開発機構マナカと名鉄manacaとも共通でした.
 平成29年4月より,名鉄manacaの右下に「μstar(ミュースター)」ロゴが入るようになりました.


▲開発機構マナカ おもて面(無記名式)
 平成28年まで2社共通デザイン
 開発機構マナカは現在もこのデザイン

▲名鉄エムアイシー おもて面(無記名式)
 平成29年4月以降のデザイン


▲開発機構マナカ うら面のご利用案内


▲名鉄エムアイシー うら面のご利用案内

 

 左の画像はカード裏面です.
 ご利用案内の最下部にICカード発行会社名が書いてあります.
 平成28年以前のおもて面は共通デザインだったため、開発機構マナカと名鉄マナカの違いはこれだけでした.

 

 

 全国相互利用サービス

 平成23年2月11日のサービスイン以降,平成24年4月21日にはJR東海のTOICA乗車券機能との相互利用を開始.
 平成25年3月23日からは全国規模での乗車券機能,電子マネー機能ともに相互利用サービスが始まりました.

 
実施時期 交通乗車券 電子マネー
平成23年2月11日 上記6事業者にて利用開始 上記6事業者の構内店舗,自販機にて利用開始
サークルK,サンクス利用開始
平成24年4月21日 JR東海「TOICA」相互利用  
平成25年3月23日 他の交通系カードと相互利用開始 他の交通系カードと相互利用開始

 現在マナカと相互利用できるカードは次の通りです.

 【全国相互利用サービスを実施する交通系ICカード】
   ・manaca(名古屋交通開発機構・エムアイシー)
   ・Kitaca(北海道旅客鉄道)
   ・PASMO(パスモ:関東私鉄)
   ・Suica(東日本旅客鉄道)
   ・TOICA(東海旅客鉄道)
   ・PiTaPa(スルッとKANSAI:関西私鉄)
   ・ICOCA(西日本旅客鉄道)
   ・はやかけん(福岡市交通局)
   ・nimoca(ニモカ:西日本鉄道)
   ・SUGOCA(九州旅客鉄道)

 【主なサービス】
   ・自動改札機での入出場,バス車載機での乗車降車
   ・自動券売機等での乗車券購入やチャージ
   ・カードの利用履歴の表示や印字
   ・加盟店での電子マネー利用(PiTaPa以外)

 

 

ポイントサービス

 マナカには2種類のポイントサービスがあります.
  (1)電車やバスの利用でたまる「マイレージポイント」
  (2)加盟店での買い物でたまる「μstarポイント」

 
  マイレージポイント
(電車・バス 乗車ポイント)
μstarポイント
(買い物ポイント)
対象カード 全てのマナカ エムアイシー(名鉄系)
発行の記名式マナカ
手続き 不要(自動) 会員登録が必要
貯める方法 マナカ加盟事業者の
電車・バスの乗車
μstar加盟店での買い物

 マイレージポイントは全てのマナカが対象で,マナカ加盟事業者の電車・バスに乗ることで自動的に貯まっていきます.

 一方,買い物ポイントは,エムアイシー発行(名鉄manaca)限定の機能で,記名登録と会員登録が必要です.
 開発機構マナカに買い物ポイント機能はありません.

 名鉄沿線に住み,普段から名鉄系列店で飲食買い物をする方であれば,名鉄manacaで2種類のポイントを貯めるのが良いでしょう.
 名古屋市内在住の方は,数少ない市内の加盟店かつ還元率0.5%で,果たして還元できるポイント数を貯めることができるかどうか・・・

 

 

名古屋市交通局におけるマナカ制度

 名古屋市交通局におけるマナカ制度を紹介します.公式サイトの情報はこちら.
 http://www.kotsu.city.nagoya.jp/jp/pc/manaca/

 名古屋鉄道や名鉄バス,豊橋鉄道における制度解説はこちら.
 http://www.meitetsu.co.jp/manaca/index.html

 

 ユリカなどの磁気乗車券とICカードの機能

 ICカードの機能は,磁気式乗車券である「ユリカ」や定期券に準じたものとなり,これらに取って代わりました.
 ICカード1枚で,従来の4券種(定期券,各種ユリカ)の機能を持ちます.
 ICカード化が困難な普通乗車券や一日乗車券はこれまで通りの磁気券として残っています.
 その他に,他事業者でも行っている電子マネーサービスも使用できます.

 
平成23年2月10日まで マナカ導入以降
普通券 普通券(磁気券のまま)
定期券 ICカード


大人用バス・地下鉄共通
大人用バス昼間割引
大人用地下鉄昼間割引
小児用バス・地下鉄共通 ICカード(小児用)
敬老パス等(磁気カード) 敬老パス等
(磁気カードそのまま/H28よりIC化)
一日乗車券(磁気カード) 一日乗車券(磁気カードそのまま)
地下鉄一区特別きっぷ(磁気カード) 廃 止

 

 

 市バス・地下鉄 マイレージポイント制度

 マナカの最大の特徴として「マイレージポイント制度」が導入されたことです.
 マイレージはひと月間ごとにストアードフェアの利用金額に応じて10〜13%のポイントが付与される仕組みです.例えばひと月に5,000円分乗車すると12%分の600ポイントが付与され,600ポイント=600円分が翌月に自動的にカードに蓄積されます.
 また,平日昼間や土日では,付与率が地下鉄20%,市バス30%になるなど,現在のユリカカードのプレムアム分に対応しています.
 ICカード化によって,これらカードを使い分けることなく,曜日や時間帯によって最も有利なポイントが付くようになります.

 【通常ポイント】

 上の図は,平日の朝夕にストアードフェア使用した場合に付与される通常ポイント数を表したものです.
 ポイントはひと月合計2,000円以上の利用で10%が付与され,5,000円以上では12%になります.これらは従来のユリカのプレムアムに相当する金額です.
 合計額が10,000円を超えるとポイント付与率は12.5%となり,ユリカのプレミアム以上の金額が還元されることになります.
 このように利用すればするほど,お得になってゆく仕組みです.ただしひと月2,000円未満の利用では,ポイントは一切貯まりません.

 

 【昼間ポイント(土日祝日は終日対象)】

 
利 用 大人用 小児用 ポイント付与率
バ ス 2,000円以上 1,000円以上 30%
地下鉄 2,000円以上 1,000円以上 20%

 昼間ポイントの付与率は一律です.条件に該当するひと月の合計利用金額が2,000円以上の場合のみ適用されます.
 バスの付与率は30%となっており,これは現在の昼間バスカードのプレミアム率40%より大きく減っています.主に昼間バスカードを使用する人にとっては,還元額が減少することになります.
 地下鉄の付与率は20%となっており,これは現在の昼間地下鉄カードのプレミアム率と同じです.

 

 【ポイント計算方法】

 マイレージポイントはひと月ごとに計算されます.
 はじめに昼間ポイントの計算を行います.
 市バス,地下鉄それぞれ別に昼間利用金額が2,000以上の場合,1,000円単位で昼間ポイントの付与率が適用されます.

 次に通常ポイントの計算を行います.
 昼間ポイント計算において適用外となった端数と,朝夕の利用金額を合算します.
 この合算金額が2,000以上の場合,1,000円単位で通常ポイントの付与率が適用されます.

 最後に昼間ポイント分と通常ポイント分を合算します.

 ポイント制度@まるはち交通センター

 

 【乗継割引制度】

 共通ユリカにおいて適用されてきた,市バスと市バス,市バスと地下鉄などを90分以内に乗り継ぐと80円割引(小児は40円割引)となる「乗継割引制度」はマナカにも引き継がれます.
 また,従来は対応していなかった昼間ポイント(昼間割引)にも適用されます.
 ただし乗継ぎ後の乗継割引と昼間ポイントの併用はできません.

ポイント制度@まるはち交通センター

 

 【相互利用カードの注意点】

 市バスや地下鉄などに乗車した際に付与されるマイレージポイントや乗継割引制度はマナカ独自のサービスです.
 他のカードで乗車してもポイントや乗継割引の対象にはなりません.
 逆に,マナカを他カードのサービスエリアで使用する場合,一部利用できない機能があるので注意が必要です.

 

 

敬老パス・福祉特別乗車券

 従来は磁気カードで発行されてきた健康福祉局や子ども青少年局所管の「敬老パス」や「福祉特別乗車券」も,平成28年9月より「マナカ」ICカード化されました.

 敬老パス

 敬老パスは,65歳以上の名古屋市民に発行される乗車券で,市バス・地下鉄・ゆとりーとライン・あおなみ線を無料(自己負担額なし)で乗車することができます.発行者は名古屋市です.
 ※交付にあたって1,000円〜5,000円の負担金が必要です.
 乗車発行枚数約35万枚と多いため,磁気カードからICカード切替は平成28年9月と平成29年3月の2回に分けて行われます.


▲敬老パス
 (名古屋市広報なごや平成28年6月号より)
【敬老パスmanaca概要】
 ・地色はゴールド
 ・券面には有効期間・カナ氏名を印字.
 ・更新(書換)は1年毎に駅もしくは区役所
 ・通常のマナカとほぼ同機能.
 (電子マネーや他交通機関利用可)
 ・定期券機能は付加できない

 

 

 福祉特別乗車券(福祉パス)

 福祉特別乗車券(通称:福祉パス)は,一定の障害者と児童養護施設に入所する名古屋市民に発行される乗車券で,敬老パスと同様に市バス・地下鉄・ゆとりーとライン・あおなみ線を無料(自己負担額なし)で乗車することができます.発行者は交通局です.
 磁気カードからICカード切替は平成28年11月に行われます.


▲福祉パス(本人用)
 (名古屋市広報なごや平成28年9月号より)



▲福祉パス(介護者用)
 (名古屋市広報なごや平成28年9月号より)
【福祉パスmanaca概要】
 ・地色は一般発売用マナカと同じ
 ・券面には有効期間・カナ氏名を印字.
  (介護者用は氏名+.カイ)
 ・更新(書換)は1年毎から最長5年毎に延長.
 ・通常のマナカとほぼ同機能.
 (電子マネーや他交通機関利用可)
 ・定期券機能は付加できない

 

 

▼もどる 

 (C)まるはち交通センター製作委員会