まるはち交通センター
 トップページ乗車券図鑑乗車証・パス
乗車券図鑑
 
コンテンツTOP
現行の乗車券種
 普通乗車券
 IC乗車券 manaca
 一日乗車券
 企画乗車券
 乗車証・パス
 
過去の乗車券種
 ユリカ・回数券
 記念ユリカ等
 磁気定期券
 リリーカード
その他
 券売機・改札機


 市バス・地下鉄の団体乗車券や,特殊な乗車券である「乗車証」,各種「パス」をご紹介します.

団体乗車券

 地下鉄には「団体乗車券」が存在します.
 市バスでは貸切バス代金の設定や貸切バスの学校団体割引はあっても,普通運賃に対する団体割引制度はありません.

 地下鉄

 地下鉄の団体乗車券は,全行程を同じくする人が25名以上いる場合に発行されます.
 事前申込制で,団体割引料金が適用されます.

 
▲地下鉄 団体乗車券(磁気券)
 

 上の乗車券は地下鉄線単独の団体乗車券で,券売機発行用一日券のものを使用しています.
 この他に,非磁気券タイプも存在します.こちらは名鉄線と連絡運輸を行う場合に発行されます.
  参考:高速電車乗車料条例施行規程第69条(word)

 

 

乗車証・乗車票・引換券

 市バス・地下鉄に乗車することができる乗車証(票)や,金券として使える引換券を紹介します.

 地下鉄(地下鉄乗車証)

 定期券購入のため最寄駅から定期券売場まで地下鉄を利用した場合や,忘れ物引取りのために指定駅まで地下鉄移動した際に(申し出た場合に)交付される乗車証です.
 交付駅名が入りますが,区間に関わらず地下鉄1回乗車有効で有効期限はありません.


▲地下鉄乗車証(名古屋駅)

▲地下鉄乗車証(栄駅)

▲地下鉄乗車証(金山駅)

 以前は「定期券購入用乗車証」という名称でした.
 この乗車証を流用し,「地下鉄非常用乗車証」とすることがあります.
 下の非常用乗車証は,平成12年の東海豪雨で地下鉄が数日間不通になった際,定期券保有者に配布されました

 
▲定期券購入用乗車証

▲地下鉄非常用乗車証

 

 市バス(定期券購入用乗車証・振替乗車票)


振替乗車票
 地下鉄が不通になった時に,市バスへの振り替え輸送の際に使用します.
 地下鉄駅で受け取り,バス乗車時に運賃箱に投入します.

市バス乗車証(旧)
 定期券購入や忘れ物の引取りなどのため,サービスセンターや忘れ物取り扱い所,営業所まで市バスを利用し,申告した場合に交付される乗車証です.
 以前は専用券は用意されておらず,市バス普通乗車券に押印して対応していました.
 料金210円値上げ後も,新券導入までの間は200円券を流用していました.
市バス乗車証(現)
 平成29年3月より,専用券が新規発行されました.
 
市バス用引換金券
 料金箱への誤投入など,小銭を返金する必要がある場合に使用する金券です.

 

 

敬老パス・特別乗車券

 対象者のみに発行されるパスや特別乗車券を紹介します.

 敬老パス

 高齢者や障害者等の社会参加支援のため,名古屋市では市民を対象にパス券等を発行しています.
 敬老パスは,65歳以上の市民が対象で,一定額の自己負担金を支払う必要があります.発行元は名古屋市(健康福祉局)です.
 有効期間は毎年8月31日までとなっており,赤字で表示されています.
 
 以前は敬老特別乗車券という名称で,交通局が発行しており,無料でした.

 
▲敬老パス(現在)

▲敬老特別乗車券(過去)
 

 

 福祉特別乗車券

 福祉特別乗車券は,市内在住の身体障害者や精神障害者,愛護手帳所有者,児童養護施設入所者を対象に発行されており,無料です.発行元は名古屋市交通局です.重度の障害者には本人分の乗車券とともに,同行する介護者1名分の乗車券も発行されます.
 対象によって2種類あり,身体・知的障害者用の有効期限は3月31日,精神障害者用の有効期限は6月30日となっています.

 敬老パスとともに,現在においても磁気券で,将来的にはマナカへ移行する予定です.

 
▲福祉特別乗車券(現在?)
 左:介護者用  右:本人用
 ※色が消えています
 
▲福祉特別乗車券(過去)
 左:本人用  右:介護者用

 

 臨時定期券(特殊乗車券)

 公職選挙の立候補者には,選挙期間中に地下鉄乗り放題の臨時定期券が交付されます(市バスは別途交付).
 磁気券で,候補者名が入ります.

 
▲公職選挙立候補者用特殊乗車券
 

 

 

無料乗車券

 特定の対象者に無料配布された乗車券を紹介します.

 中学3年生応援きっぷ

 平成28年度,名古屋市内の中学3年生に無料乗車券「中学3年生応援きっぷ」が1人あたり2枚配布されます.
 効力は市バス・地下鉄全線1日乗車券と同じです.

 

 

証明書・証明票

 延着証明書・遅延証明書

 地下鉄,市バスともに遅延を証明する証票が用意されています.

 
▲地下鉄 延着証明書(過去のもの)

▲市バス 遅延証明書

 

 乗車駅証明票

 
▲乗車駅証明票

 
 券売機の故障時や,突然の多客により長蛇の列ができた場合,終電発車間際できっぷを購入する時間がないときなどに発行される証明です.
 下車駅で提示して清算を行います.

 

 名鉄発行の証明書(過去のもの:SFカード乗越し証明書)

 かつて名鉄線内でSFカードが使用できなかった頃,交通局SFカード(ユリカ等)で名鉄区間に乗り越してしまった時に,名鉄下車駅で証明のため発行されました.
 名鉄下車駅では名鉄分運賃を現金精算し,後日この証明書を持って地下鉄駅でカード処理を受けました.

 
▲名鉄発行 ユリカ乗り越し精算証明書

▲名鉄発行 トランパスカード乗越し証明書

 

 

駅入場券(名鉄発行)

 名古屋市交通局では「入場券」の設定は無く,乗車券以外で駅構内に立ち入ることはできません.
 ただし,地下鉄駅でも名鉄が管理する駅については,名鉄のルールが適用されるため,名鉄の駅入場券が発行されます.

 名鉄発行 地下鉄駅入場券

 名鉄が管理する地下鉄駅は,鶴舞線の上小田井駅と,上飯田線の上飯田駅です.
 両駅で名鉄発行の入場券を購入することができます.名鉄初乗り運賃の170円(平成28年現在)です.
 係員操作端末による磁気券のほか,硬券も用意されています.

 
▲上小田井駅入場券(磁気券)

▲上飯田駅入場券(磁気券)


▲上小田井駅入場券(硬券)


▲上飯田駅入場券(硬券)

 

 

▼もどる 

 (C)まるはち交通センター製作委員会