まるはち交通センター
 トップページ市バス車両基幹系統車両(現役車種)基幹2系統[NKH]日野ノンステップ
市バス車両
 
コンテンツTOP
車両概要・リスト
 概要・解説
 車両配置・移動
車両詳細(現役車種)
 基幹大型車
 ■基幹1号系統用■ 
  NKS いすゞノンステ
 ■基幹2号系統用■ 
  NKH 日野ノンステ
  NKS いすゞノンステ
 
 一般大型車
 一般中小型車
 特定路線専用車
車両詳細(引退車種)
 基幹大型車
 一般大型車
 一般中小型車
 特定路線専用車
その他
 トピックス
 貸切・事業用車
 過去の車両
 中古バス情報局

 
 ノンステップバス/平成20年式・23年式/40両保有/3営業所配属

概 説

 一般系統では平成10年頃からノンステップ車両の導入が進む一方で,特殊な走行環境下にある基幹2系統ではツーステップ車両による運用が続いていました.
 そんな基幹2号系統にも,平成19年度より車両のノンステップ化が始まりました.
 初年度はいすゞ車3両と共に日野車が一挙に19両も導入され,基幹2系統のバリアフリー化に貢献しています.
 さらに平成22年度には21両が導入されて合計40両となり,基幹2系統の主力車両として活躍しています.

 

車両ラインアップ

 平成19年度と平成22年度の2度購入されています.
 AT→MTへの仕様変更や,排ガス規制対応などマイナーチェンジが行われています.

 平成20年1月式 PDG-KV234N2 19両

 日野自動車製 ジェイバス架装「ブルーリボン||」ノンステップバス
          機関:6HK1  最高出力:260/2400(ps/rpm)  排気量:7,790cc
          軸距5,300mm  座席定員:31人  ・AT車  ・ISS装置付き

 平成19年度,基幹2系統にとって初めてノンステップバスが導入されました.
 平成20年1月式の「日野ブルーリボン2」19両です.同じ局番(NKH)の車両が基幹1系統専用車にあるため,その続番となるNKH5〜NKH23が当てられています.

 車体はいすゞエルガと同じボディを架装しています.前面ヘッドライドが日野は一つ目,いすゞは二つ目となっていることでのみ判別ができます.

 前中2扉仕様で,側面窓は逆T型窓,中乗りに対応して側面LED方向幕は前中扉の中間に設置されています.
 前面の「ミッキー」表示は廃止され,「基幹バス」表示になりました.テールランプは腰部2カ所です.
 ミラーステーは,一般車や基幹1系統車が黒色なのに対し,車体色に塗装されています.

 DPD装置を取り付け新長期規制に対応しています.AT仕様のため平成27年燃費基準は満たしておらず,排ガス記号は,PDG-となっています.
 AT装置はGMアリソン製,冷房装置はデンソー製です.

 登場後の改造項目として,平成21年にフロントバンバー上部にデイランプが追加搭載されました.
 また,平成26年度には室内灯,路肩灯,車外照射灯のLED化が行われ,平成30年には2灯式ヘッドライトのLED化が行われました.


▲NKH-18 (平成20年式)

▲NKH-15 後部より

 車内レイアウトは前扉〜中扉間がノンステエリアで,中扉以降に段差のある国土交通省標準仕様です.
 座席のモケットは青色,握り棒は朱色で一般車と同一仕様となっており,オリジナルカラーの基幹バスらしさが失われました.

 

 

 平成23年2月式  LKG-KV234N3  21両

 日野自動車製 ジェイバス架装「ブルーリボン||」ノンステップバス
          機関:6HK1  最高出力:260/2,400(ps/rpm)  排気量:7,790cc
          軸距5,300mm  座席定員:31人  ・MT車 ・ISS装置付き ・ABS装置付き

 ツーステップの経年車置き換えのため,前回から3年後の平成22年度予算にて21両が購入されました.
 平成23年2月に3営業所に分散配置されています.
 局番は続きとなるNKH24〜39とNKH50〜54です.また同時期に一般系統用48両(NH)も購入しています.

 従来のDPDシステムに加え,尿素SCRシステムを併用することで平成21年排ガス規制(ポスト新長期規制)に対応しています.排ガス記号はLKG-となりました.
 ミッションは6速MTになりました.ABSも標準装備されており,後部にロゴを確認することができます.

 その他,車体外観の変化としては,広告枠の取り付けが無くなりました.
 また,公式側のエンジンルーバーがなくなり,非公式側ルーバーの形状が少しだけ変化しました.
 ディスクホイールが従来のJIS方式8穴から,ISO方式10穴になっています.

 登場後の改造項目として,平成26年度に室内灯,路肩灯,車外照射灯のLED化が行われました.
 平成30年には2灯式ヘッドライトのLED化が行われました.


▲NKH-31 (平成23年式)
 10穴ホイールとなった

▲NKH-26 後部より
 広告枠がなくスッキリ

 車内・内装関係では,優先席モケットの変更(柄つき),室内灯の減灯(7→6灯),スピーカーの増設(2→3)が行われています.
 また,運転席背後の広告枠・系統図枠の位置が上下逆転しました.

 運転席周りでは,6速MTが採用されたほか,インパネが小型化されマルチインフォメーションディスプレイが搭載されました.
 また,モニタのタッチパネル化,ダイヤ板やLED設定テンキーの位置変更が行われています.
 運転席シートベルトは左肩出しから右肩出しに変更されました.


▲平成23年式の車内(後方の様子)

▲車内(前方の様子)


▲運転席


▲小型化したインパネ

 

 

車両配置表

 基幹2系統専用車は,担当する3営業所に分散配置されています.

局番
登録番号
配置
営業所
MT/AT 備考
▼平成20年1月式 PDG-KV234N2 19両
NKH-5 名古屋200か2078 猪高 AT (名古屋市交通局表示)
NKH-6 名古屋200か2079 浄心 AT  
NKH-7 名古屋200か2089 猪高 AT  
NKH-8 名古屋200か2090 猪高 AT  
NKH-9 名古屋200か2080 大森 AT  
NKH-10 名古屋200か2081 大森 AT  
NKH-11 名古屋200か2091 大森 AT  
NKH-12 名古屋200か2092 大森 AT  
NKH-13 名古屋200か2093 大森 AT  
NKH-14 名古屋200か2094 大森 AT  
NKH-15 名古屋200か2109 大森 AT  
NKH-16 名古屋200か2082 浄心 AT  
NKH-17 名古屋200か2083 浄心 AT  
NKH-18 名古屋200か2095 大森 AT  
NKH-19 名古屋200か2096 浄心 AT  
NKH-20 名古屋200か2099 浄心 AT  
NKH-21 名古屋200か2100 浄心 AT  
NKH-22 名古屋200か2110 猪高 AT  
NKH-23 名古屋200か2111 猪高 AT  
局番
登録番号
配置
営業所
MT/AT 備考
▼平成23年2月式  LKG-KV234N3  21両
NKH-24 名古屋200か2905 浄心 MT  
NKH-25 名古屋200か2907 浄心 MT  
NKH-26 名古屋200か2908 浄心 MT  
NKH-27 名古屋200か2909 浄心 MT  
NKH-28 名古屋200か2915 浄心 MT  
NKH-29 名古屋200か2916 浄心 MT  
NKH-30 名古屋200か2917 浄心 MT  
NKH-31 名古屋200か2922 浄心 MT  
NKH-32 名古屋200か2903 猪高 MT  
NKH-33 名古屋200か2904 猪高 MT  
NKH-34 名古屋200か2912 猪高 MT  
NKH-35 名古屋200か2913 猪高 MT  
NKH-36 名古屋200か2918 猪高 MT  
NKH-37 名古屋200か2919 猪高 MT  
NKH-38 名古屋200か2902 大森 MT  
NKH-39 名古屋200か2906 大森 MT  
NKH-50 名古屋200か2910 大森 MT  
NKH-51 名古屋200か2914 大森 MT  
NKH-52 名古屋200か2920 大森 MT  
NKH-53 名古屋200か2921 大森 MT  
NKH-54 名古屋200か2923 大森 MT  

  ・局番が青文字の車両は別画像あり(別ウィンドで開きます)
  ・車両の移動履歴は
車両配置一覧表をご覧ください.

 

 

画像ファイル

 ラッピング広告バス

 ラッピングバスの写真をご紹介します.


▲NKH-10 カネサダ

▲NKH-11 ZENT


▲NKH-12 愛知県自動車会議所


▲NKH-12 JAあいち(宮城米)


▲NKH-17 浜乙女


▲NKH-19 名古屋ハートセンター


▲NKH-21 JAあいち(宮城米)


▲NKH-13 まりもクリニック(部分ラピ)


▲NKH-21 明治
 

 

 基幹バス新出来町線運行開始30周年記念

 平成27年4月30日に基幹バス新出来町線運行開始から30周年を迎えるのを記念し,交通局と名鉄バスでは,4月7日から7月31日まで基幹バス新出来町線運行車両の前面に「記念ヘッドマーク」を掲出するなどのPR活動を展開しました.


▲トリノラッピングバスと記念ヘッドマーク

▲全車両に掲出された

 

 

▼もどる 

 (C) まるはち交通センター製作委員会