ガイドウェイバス探検隊!
 トップページ市バス路線名古屋ガイドウェイバス過去のイベント紹介
市バス路線
 
コンテンツTOP
常設系統の紹介
 一般系統紹介
 基幹バス
 ガイドウェイバス
  開業までの経緯
  路線・運営方式
  駅施設・バス停
  GWバスシステム
  GWバス車両
  過去イベント紹介
  
 トピックス
 各種データ集
臨時輸送・貸切輸送
 急行・臨時バス
 迂回運行の記録
 市バス貸切輸送
バス停・関連施設
 営業所(車庫)
 バス停図鑑
 終点の風景


 名古屋ガイドウェイバス社において,過去に開催されたイベント等を紹介します.
 ※全てのイベント等を網羅している訳ではありませんのでご了承ください.

平成13年 名古屋ガイドウェイバス「ゆとりーとライン」開業

 平成13年3月23日開業

 名古屋ガイドウェイバス「ゆとりーとライン」は,平成13年3月23日に,大曽根〜小幡緑地間(6.5km)が開業しました.
 当時の運行受託事業者は,市バスのほか,名古屋鉄道(後に名鉄バスに分社化),ジェイアール東海バスも委託していました.


▲開業一番バス G-16

▲まだきれいなガイド路面


▲開業記念グッズ「チョロQ」


▲開業記念ゆとりーとカード・ユリカ

 

 

平成23年 ICカード「マナカ」導入

 平成23年2月11日,ICカード「manaca」が導入されました.
 当初は交通系ICカード全国相互利用サービスに対応せず,平成24年4月21日より「TOICA」と,平成25年3月23日より「Suica」との相互利用サービスを順次開始しました.
 平成26年1月29日より,交通系ICカード全国相互利用サービスを開始しています.

 ゆとりーとカード

 平成23年2月10日までは,専用カード「ゆとりーとカード」が発売されていました.
 このほか,交通局の「ユリカ」,名鉄の「バスカード」が使用できましたが,共通乗車システム「トランパス」には対応しておらず,名鉄のSFパノラマカードやあおなみ線のあおなみカードは使用できませんでした.

  【ゆとりーとカード発売券種】
    →1,000円(利用可能額1,050円)
    →2,000円(利用可能額2,200円)
    →3,000円(利用可能額3,350円)
    →5,000円(利用可能額5,750円)
    →2,000円昼間割引(利用可能額2,800円)


▲開業記念カード(1000円)

▲2,000円昼間割引カード

 

 

平成23年 開業10周年記念

 開業10周年を記念し,各種記念イベントが行われました.

 開業10周年記念ヘッドマーク設置・記念ピンバッジ配布

 平成23年4月11日(月)〜4月28日(木)の期間中,ガイドウェイバス全車両(25両)のフロントパネルに記念ヘッドマークが掲出されました.
 また初日の4月11日には,朝7時30分より大曽根駅において,乗降客を対象に「記念ピンバッジ」が配布されました(限定1,000個).


▲記念ヘッドマークステッカー掲出

▲記念ピンバッジ

 

 

 字幕式方向幕販売

 平成23年4月17日(日)に,名古屋ガイドウェイバス本社前にて,ガイドウェイバス専用車両で使用していた方向幕装置が販売されました.
 販売された方向幕は,前年度の機器更新(字幕式方向幕→LED化)により不要となったもので,全25両分計75台が巻取器付きで発売されました.
 (正面5,000円,側面4,000円,背面3,000円)
 なお,方向幕装置の販売収益は,全額が東日本大震災義援金として寄付されました.


▲方向幕装置購入整理券

▲販売された方向幕装置

 

 

平成25年 車両更新開始

 新型車両GB-2110型導入

 平成22年より開発が進められてきたガイドウェイバスの後継車両GB-2100型の導入が平成25年4月より始まり,平成26年2月にかけて,旧型車全25両を置き換えました.
 次いで平成27年2〜3月には増備分3両が追加導入されています.


▲試運転するGB-2110型
 日野ブルーリボンシティハイブリッド

▲試運転表示の駅案内標

 

 

平成26年 料金改定

 平成26年9月消費税率の引き上げに伴う料金改定

 消費税率の引き上げに伴う市バスや・ガイドウェイバスの料金改定が平成26年9月1日(月)に実施されました.
 名古屋市議会が小児運賃の値上げを認めず大人運賃のみ値上げ改定されたため,高架区間〜平面区間を連続して乗車した場合に小児運賃が大人運賃の半額にならない二重の運賃制度となりました.
 (例:大曽根〜高蔵寺は大人440円,小児210円)このため,運賃表を二段書きとする対応を取っています.


▲駅・停留所の運賃表

▲バス車内の運賃表示機も二段書きに

 

 

平成28年 開業15周年記念

 「期日限定一日乗車券」発売

 ガイドウェイバス開業15周年を記念し,「期日限定一日乗車券」が発売されました.
 (ガイドウェイバスに一日乗車券の常時設定はありません.)
 利用できるのは高架区間のみで,地上区間は別途料金が必要です(ドニチエコきっぷが利用できます).

  【ガイドウェイバス期日限定一日乗車券】
  ・販売期間  11月14日(月)から12月4日(日)
  ・販売価格  大人400円/小児200円
  ・利用区間  大曽根駅〜小幡緑地駅間(高架区間のみ)
  ・利用可能日 11月19日(土),20日(日),23日(祝),26日(土),27日(日),12月3日(土),4日(日) のいずれか一日限り
  ・販売場所  名古屋ガイドウェイバス本社,ゆとりーとライン大曽根駅,バス車内
  ・販売枚数  大人,小児合わせて3,000枚限定
  ・その他   アンケートに回答すると粗品進呈.


▲平成28年発売 期日限定一日乗車券
 

 

 

平成29年

 学生企画の新グッズ発売

 新グッズの作成にあたり,大学生が商品企画し,一般投票を経て製品化する取り組みが行われました.
 はじめに,金城学院大学で映像やデザイン制作を学ぶ3年生10人が,ゆとりーとラインをイメージしたグッズを考案し,平成29年1月13日〜15日に栄オアシス21にてデザイン案の人気投票が行われました.
 この投票で1位,2位となった定規と手ぬぐいの2点が製品され,3月19日に発売されました.
 次いで,10月7日に,3位となったカレンダー(2018年版)が発売されました.

 これとは別に,各地の地方鉄道が参加する,車両の写真をあしらった「鉄カード」第3弾企画にガイドウェイバスも参加することになり,10月7日,8日の鉄道の日イベント会場にて配布されました.


▲(上)「鉄カード」
 (下)学生企画グッズ1位の定規

▲学生企画グッズ2位の手ぬぐい
 (青・ピンクの2色)


▲学生企画グッズ3位のカレンダー
 

 

 

 自動運転技術の導入の検討(国土交通省)

 国土交通省では,自動車の自動運転の実現に向けた各種の実証実験・社会実証に取り組んでいます.
 バス関係では,これまで小型バスや小型カートを使用して,主に中山間地域やニュータウンを舞台に実証実験が行われてきました.
 これらに加え,平成29年度からは,新たに大型バス車両かつ都市部の幹線路線である名古屋ガイドウェイバス(ゆとりーとライン)を対象に,自動運転技術の導入の検討が行われることになりました.

 【背景】
  ・全国的にバス運転士不足が今後さらに顕在化していく状況
  ・ガイドウェイバスは専用軌道を有し他交通と混在していないことから,営業路線での実験が比較的容易

 【実証実験を行う意義】
  ・バスの将来の完全無人運転を目標に据え,第1ステップとして自動加減速の実験を予定
  ・全国のバス交通における自動運転技術導入の将来展開の足がかりとする

 【実証実験の概要】
  ・大型バス(内燃機関)における自動加減速技術の検証
  ・ATC(自動列車制御装置)等によらない車両側のシステムによる自動加減速
  ・自動加減速によりバス停で繰り返し離発着する際の定時性・正着性の確保
  ・自動加減速による乗客の安全性の確保

 ※国土交通省自動運転戦略本部第3回会合配布資料「自動運転の実現に向けた今後の国土交通省の取組(平成29年6月8日)」より

 

 なお,名古屋ガイドウェイバス(ゆとりーとライン)関係では,平面区間のバス優先レーン(吉根仲田交差点から竜泉寺付近)において,平成26年度より名古屋大学らのグループによる実証実験(乗用車の自動運転)も行われています.

 

 

その他

 ウォーキングイベント完歩賞

 ガイドウェイバスでは年数回,沿線ウォーキングイベントを開催しており,完歩された方を対象に粗品をプレゼントしています.


▲完歩賞粗品のピンバッジ
 

 

 

▼もどる 

 (C) まるはち交通センター製作委員会GWB,GW