まるはち交通センター
 トップページ市バス路線バス停図鑑特殊なバス停標識(特殊な事例)
市バス路線
 
コンテンツTOP
常設系統の紹介
 一般系統紹介
 基幹バス
 ガイドウェイバス
 トピックス
 各種データ集
臨時輸送・貸切輸送
 急行・臨時バス
 迂回運行の記録
 市バス貸切輸送
バス停・関連施設
 営業所(車庫)
 終点の風景
 バス停図鑑
  一般系統用バス停
  特定系統用バス停
  降車所・臨時停
  上屋等の付属施設
  特殊なバス停標識
  バス停流用看板
  
  停名ランキング
  副呼称停名
  珍奇怪バス停名
  難読バス停名
  バス停間隔長さ
  バス停当てクイズ
  
 関連施設・設備


 標準型に当てはまらない「特殊な形」「変わった停留所」などを取り上げます.
 ※廃止となった施設も掲載しています.

特殊な形をした停留所

 標準形にあてはまらない,特殊な形をしたバス停です.

 ソーラー照明付き標識

 標準型停留所に太陽光発電装置を取り付けたエコなバス停です.

 小型標識では,「市バス」赤丸のみを光らせていましたが,あまり効果が無いのか普及しませんでした.
 現在は,一部の据置型小型標識において,名鉄バスにて普及している「ソーラースポットライト」が設置されています.

 ソーラー照明付き角型標識は,複数箇所設置されています.


▲小型標識 赤丸のみ光る

▲降車所標識

▲小型標識 スポットライト


▲角型標識(珍しい据置型)


▲角型標識


▲角型標識


▲角型標識
   

 

 

 公営交通事業協会ソーラー照明付き標識

 公営交通事業者から構成される社団法人「公営交通事業協会」では,宝くじ助成事業として平成7年度から「モデル・バス停留所施設設置事業」として「ソーラー照明付き標識」の設置を行なっています.
 名古屋市でも,これまでに7基が設置・寄贈されています(H30現在).全国共通の形状です.

 (H30現在,確認済みの標識設置箇所)
 フェリーふ頭,ワイルドフラワーガーデン,梅森荘,戸田荘


▲ソーラー照明付き標識(現デザイン)

▲ソーラー照明付き標識(旧デザイン)

 

 

 オリジナルデザイン(停留所一体型上屋,過去の停留所標識)

 「浄心町」停の9番,10番のりばは停留所一体型上屋が設置されています.
 その形状は独特で,「浄心型シェルター」とも呼ばれます.


▲浄心型シェルター
 

 

 かつて名古屋駅前(路上停時代)には,行先表示を大きく表示した時計一体型の停留所標識が設置されていました.
 晩年は,大治西条停に設置されていました(現在は撤去済み).


▲大治西条停
 

 

 

 シャトルバスのりば

 イベント開催時のみ運行される「競輪場シャトルバス」や「競馬場シャトルバス」では,市バス停留所標識が流用されることがありました.
 また,かつては,定例的に運行される「臨時急行バス」専用の標識もありました.


▲本陣駅の競輪場シャトル停

▲臨時急行バスのりば

▲競馬場シャトル停


▲競馬場シャトル停
   

 

 

民間施設側が設置した(と思われる)停留所

 商業施設や大学,病院等の民間施設内に市バスが乗り入れる場合,一般的な市バス停留所標識とは違う形状の停留所が設置されることがあります.

 【当ページ紹介事例】
  (1)猪高緑地 <愛知淑徳大学長久手キャンパス>
  (2)南陽交通広場 <イオンモール名古屋茶屋>
  (3)旭労災病院 <旭労災病院>


▲(1)猪高緑地停
 大学と一体整備されている

▲(1)猪高緑地 乗車停標識


▲(1)猪高緑地停の降車所
 


▲(2)南陽交通広場 乗車停


▲(2)南陽交通広場(イオンモール名古屋茶屋)のりば


▲(2)南陽交通広場 降車場
 


▲(3)旭労災病院構内のバス停


▲(3)旭労災病院停 R2年より乗入れ


▲(3)旭労災病院 停留所の標識(時刻表等)
 市バス,コミュニティバス,無料バス兼用
 

 

 

ちょっとだけ変わった停留所標識

 変わった形状の停留所標識を紹介します.

 停留所標識もどき

 「バス停」のように見えて,実はバス停ではない,ニセモノ標識です.


▲表示なしバス停
 駐停車させないための工夫?

▲紛らわしいのか,正規停を案内
 駐停車させないための工夫?

▲駐車禁止表示
 駐停車させないための工夫?


▲併設された地域巡回停
 停留所表記なし


▲ポールのみ残されたF型標識
 


▲「赤丸」視認性確保のため小型標識を併設
 

 

 

 始発専用停留所標識

 早朝など,車庫から近い途中停留所から運行を開始する始発便が設定されることがあります.
 多くの場合,一般停を使用しますが,バス停位置と回送経路の都合上,始発便専用のバス停が追加されることがあります.


▲「明徳橋」始発停
 

 

 

 降車専用停

 中間停留所に,一般(乗降車)停と降車所の両方が設置されている場合,降車客の利便性向上のため,降車所に停車して降車扱いした後,一般停で乗車扱いすることがあります.
 この場合でも降車所から乗ることは無いので,降車所に停留所名の表記は不要ですが,笠寺駅の降車所だけは,停留所名が記載されています.乗車はできないので,時刻表は併設されていません.


▲一見すると時刻表の無い一般停に見えるが「降車所」
 

 

 かつて中切町の降車所は国道上に設置されていましたが,約100m先の回転場内に降車所が増設されたため,国道上の降車所は乗降可能な一般停へと格上げされました.
 しかしながら,終点まで100m区間を乗る人は居ないと判断したのか,一般停にも関わらず時刻表が掲出されませんでした.
 その後,再度,降車所へと格下げとなっています.


▲左:一般停へ格上げ後(時刻表の掲出なし)
 右:降車所へ格下げ後
 

 

 

 次の停留所は?

 「小幡緑地」停と「みどりが丘公園会館」停は,往路と復路が同一停留所に停車します.このため,停留所の前後停留所名も同じ名前が表示されます.乗り間違いに注意が必要です.

 「有松町口無池」停は,高速1号系統が高速道路を降りて最初に停車する停留所ですが,高速道路出入口ランプの都合上,往路と復路で次(前)に停車する停留所が異なります.


▲「小幡緑地」停

▲「みどりが丘公園会館」停


▲「有松町口無池」停
 

 

 

 イレギュラーな組み合わせ

 標準的な停留所標識と異なるパーツを組み合わせた標識を紹介します.


▲小型標識+照明付き小型標識

▲照明付き小型標識だけど
 時刻表枠のみ小型標識用
 


▲広告付上屋+F型標識(バスロケ用)
 

 

 

 イレギュラーな場所・向き

 イレギュラーな場所や,変わった向きに設置された標識を紹介します.


▲時刻表面のみ垂直方向に向く

▲時刻表は民地側だが,蛍光灯は道路側


▲高架道路上に設置されていた「東築地町」停
 追突の危険があるため廃止

 


▲歩道の真ん中に立つ標識


▲歩道の真ん中に立つ標識

 

 

 その他

 白土回転場内には,停留所標識が2本立っています.
 ○番のりば等の区別はなく,同一停留所扱いのため,分かりやすく区別するためか,後方に設置された標識には「(後)」の文字が追加されています.


▲白土(後)

▲白土(後)

 

 

ちょっとだけ変わった停留所施設

 オモシロ?おかしな?上屋等の停留所施設を集めてみました.

 上屋等の付属施設

 上屋を整備したくても道路上に空間が確保できない場合,かつては隣接する民地内に上屋を立ててしまう事例がありました.


▲「向野田」停(南行)

▲かつての「篠原橋」停(北行)
 現在は民地側がセットバックしている

 

 地下鉄上屋とバス停上屋の間は,どんなに短い距離でも連絡上屋は設置されず,雨に濡れてしまう不親切さが名古屋市の基本姿勢ですが,「金山」停(降車所)と,「地下鉄堀田」停(南行)は連絡上屋が設置されています.


▲「金山」停(降車所)

▲「地下鉄堀田」停(南行)の連絡上屋

 

 風の強い場所では,上屋に風防が増設されることがあります.


▲テント上屋に風防を追加

▲ポリカ上屋に風防を追加

 

 旧型のテント上屋のポールは「白色」が基本ですが,周囲の景観に合わせて別塗装されることがあります.


▲市立大学病院 白色ではなくグレー
 

 

 栄16番のりばは,噴水南側の路上停で,西へ向かう路線が停車するバス停です.
 平成29年度に広告付きシェルター型バス停に更新されました.
 ちょうど,同型バス停設置200基目となったことから,これを記念して平成30年3月に屋根に金鯱が載せられました.
 背景にテレビ塔と噴水を望む,フォトスポットとなっています.


▲テレビ塔と噴水を背景に

▲屋根上の金鯱

 

 

 その他施設等

 「東名古屋病院」停は『ポケットパーク』として,バス停留所と周辺が一体整備されています.
 平成6年に名古屋市都市景観賞を受賞.


▲ポケットパーク「東名古屋病院」停
 

 

 かつて「楠元町」停(南行)の横に交通局所有の木製の柱が立っていました.
 銘板には「自動車専用柱」とあり,防犯灯が取り付けられていました.


▲「楠元町」停にあった自動車専用柱
 

 

 「北千種町」停には,「点字時刻表」が備え付けられています.
 停留所標識横の専用ボックスに収納されています.


▲「北千種町」停

▲点字時刻表

 

 

▼もどる 

 (C) まるはち交通センター製作委員会