まるはち交通センター
 トップページ市バス路線市バス営業所(車庫)浄心営業所港分所(仮)
市バス路線
 
コンテンツTOP
常設系統の紹介
 一般系統紹介
 基幹バス
 ガイドウェイバス
 トピックス
 各種データ集
臨時輸送・貸切輸送
 急行・臨時バス
 迂回運行の記録
 市バス貸切輸送
バス停・関連施設
 営業所(車庫)
  浄心営業所
  楠分所
  如意営業所
  中川営業所
  稲西営業所
  鳴尾営業所
  緑営業所
  野並営業所
  猪高営業所
  御器所分所
  大森営業所
  港(仮)
Special contents
  廃止された営業所
  自動車工場(廃止)
  
 終点の風景
 バス停図鑑
 関連施設・設備


 港区に計画されている,新しい分所(車庫)計画を紹介します.

浄心営業所港分所(仮称)概要

 新分所開設に向けたこれまでの経緯・今後のスケジュール

 交通局では,平成19年度より市バスの管理委託を進めており,現在までに3営業所(大森営業所(H19〜),浄心営業所(H21〜),野並営業所(H24〜))の運営を直営から民間委託に切り替えました.
 また既設の民間車庫に市バスを配置する手法で1分所(楠分所)を開設し委託を行っています(H26〜).
 これらに引き続き,さらなる委託規模の拡大のため,新たな委託手法として,平成30年度から「港区役所回転場を活用した民間委託」が行われる予定です.

 港区役所回転場は,元「港営業所」跡地で,昭和44年から平成16年まで約100両規模の車両が配置され,港区の地下鉄駅から郊外へ向かう路線や,港区から都心へ向かう路線を担当していました.
 平成16年の営業所閉鎖後は,敷地の一部を再整備し,大規模回転場として機能していました.
 (残りの土地は売却し,高速道路用地や分譲マンション等に変わりました.)

 当初計画では,平成28年4月より受託事業者の募集を開始し,7月上旬に決定.その後,受託事業者が営業所施設を建設し,平成29年4月1日に約30両程度の車両を再配置すると同時に,民間委託を開始する予定となっていました.しかしながら,全国的に深刻なバス運転士不足が続く中,1年後の受託開始に間に合う応募事業者が無く,不調に終わりました.
 そこで,平成28年10月に募集要項を「事業者が受託開始日と受託規模,段階的な規模拡大を提示できる」と条件緩和し再募集が行われました.
 その結果,平成29年1月に受託事業者が「三重交通」に,開始時期が平成30年10月1日に決定(※)しました.
 今後,次のスケジュールで段階的な委託拡大が行われます.

 
時期 予定
委託開始まで  港区役所回転場内に営業所施設を建設
平成30年10月(※)  港分所(仮)開設/14両車両配置予定
平成32年4月  委託車両数の拡大(14両→30両)

 ※港分所の名前は当サイトで勝手に名付けた名称で,正式決定されたものではありません.

 ※当初スケジュールでは「平成30年10月開設」とされていましたが,開設時期が遅れる見込みです.

 

 港分所の規模・担当路線

 現時点では未定です.

 
所在地 港区港明1丁目 最寄停留所 港区役所(旧港車庫前)
運行管理 三重交通委託(H30年度予定) 車検業務 三重交通委託(H30年度予定)
所属車両数 14両程度の予定 旧主力車種 いすゞ
担当系統 未定

 

 

平成30年度〜(予定) 港分所の風景

 港分所の詳細は,営業所機能の供用開始後にレポートします.

 すぐ近くに平成30年9月26日に開設された「ららぽーと交通広場」は,別ページにて紹介しています.
  
終点の風景>港区


▲広域図 東海通駅と港区役所駅の中間に位置する
 
▲港分所拡大図(掲載予定)


▲港区役所停留所付近拡大図(ららぽーと交通広場/建設中の港分所)

 

 

その他画像(平成30年度)車庫施設の建設・暫定委託拡大

 平成30年(2018年)の,車庫施設の建設作業期間中の様子を紹介します.

 平成30年9月29日〜未定 車庫開設遅れに伴う楠分所への暫定委託拡大

 当初計画では平成30年10月に「浄心営業所港分所(仮称)」を開設して14両を配置し,同時に三重交通へ管理委託する予定でした.
 しかしながら,工事着手時期が遅れたことにより,10月時点でも車庫建屋が完成しておらず,開設が延期されることになりました.

 港分所開設までの暫定措置として,9月29日ダイヤ改正に合わせ,同じ三重交通が管理委託する「浄心営業所楠分所」に,中川営業所から2系統(名駅19号,栄22号系統)の一部ダイヤが移管されると共に3両が移籍しました.

 2系統のダイヤ移管にあたっては,車庫から港区役所へ回送し,港区役所回転場をベースに名駅や栄へ往復する既存ダイヤには手を加えず,運行担当のみ中川営業所から楠分所に巻き替えたため,楠分所〜港区役所間約17kmの名古屋市を縦断する長距離回送が発生しています.黒川出入口〜港明出入口間は名古屋高速道路を経由します.


▲9月29日改正後の「市バス系統図(楠分所)」
 名駅19号,栄22号系統が追記された

▲中川営業所から楠分所に移籍した車両


▲黒川入口から名高速に進入する回送車両


▲営業運行を終え名高速を回送してきた楠分所の車両

▲楠入口から名高速に進入する回送車両
(イレギュラーなパターン)


▲港明出口 楠分所より高速回送
 画像提供:TBCNMさま

 

 

 平成30年夏〜 車庫施設の建設作業の様子

 平成30年夏頃より,受託事業者(三重交通)によって車庫施設の建設が行われています.
 以下,7月と9月現在の作業風景を紹介します.

 港区役所回転場の南入口と東出口はそのままに,回転場の北半分を囲い建屋の建設が進められています.

 工事期間中のバス駐車スペースは,約20両から6両へと大きく減少しました.
 これに伴いダイヤ修正が行われ,食事休憩などの長時間停車の場合は,名古屋港バスターミナルや六番町バスターミナルまで回送待機することで,港区役所回転場の利用頻度が抑えられています.


▲南側入口より(7月現在)
 


▲車両留置スペース(7月現在)


▲東側出口より(7月現在)


▲車両留置スペース(9月現在)


▲東側出口より(9月現在)

 

 

その他画像(平成16年度〜29年度)旧港区役所回転場の様子

 平成16年(2004年)10月の「港営業所」の閉鎖後も,敷地の一部は「港区役所回転場」として利用され,車両の待機と乗務員休憩機能が残りました.
 平成30年(2018年)の工事着手までは,20両以上の留置スペースを持つ,市内最大級の回転場でした.

 

 平成26年〜平成29年頃の様子

 平成26年(2014年)に,従来は路上にあった北行き降車停が回転場内に移設されました.
 これに伴い,車両の入退場方法が,南入口→東出口に統一されました.
 南行き降車停や乗車停は従前通り路上です.
 また,民間に売却した回転場北側の土地に,ドラッグストアや分譲マンションが建設されました.



▲回転場 南側出入口
 路上にあった北行き降車停を回転場内に移設


▲回転場内に移設された降車停


▲降車停から望む回転場の様子(西側)


▲降車停から望む回転場の様子(東側)


▲高速道路も開通し,道路も整備された
 

 

 かつては大通りを挟んで西側に,東邦ガスの「港明エコステーション」が設置されており,港区役所を発着するCNGバスはここでガス充填していました.
 CNG車両の減少とエコステーション移転に伴い,平成28年度からは全て鳴尾営業所内でのガス充填に切り替えられました(現在はCNG車両は全廃されています).


▲港明エコステーション
 平成27年までCNG充填で利用していた
 

 

 

 平成23年〜平成26年頃の様子

 名古屋高速道路の工事が完成し,平成23年(2011年)頃より回転場が現在の位置に移設されました.
 (高速道路の供用開始は平成25年11月.)
 回転場の出入口は南と東の2箇所で,系統によって入退場ルートが異なっていました.
 回転場として使用しなくなった北側の土地は民間に売却されました.
 下の画像は注釈なき場合,平成25年(2013年)4月頃の様子です.


▲現在の位置に引っ越した旧港区役所回転場全景(北側より望む) 


▲回転場 南側出入口
 降車停設置前の様子


▲回転場 東側出入口より進入する車両
 現在は南側進入ルールなのでこの光景は見られない


▲東側出入口より望む


▲常に10両以上が並ぶ大型回転場だった


▲平成23年頃の路上停の様子


▲平成25年頃の路上停の様子
 道路付替に伴いバス停上家が取り残された

 

 

 平成16年〜平成23年頃の様子

 平成16年(2004年)10月の営業所閉鎖後は,老朽化していた建物は解体されました.
 その後,敷地の西側で名古屋高速道路の建設工事が始まりました.
 その間も回転場機能を確保するため,広い元営業所敷地を利用して,工事エリアを避けて駐車スペースは移設を繰り返しました.
 下の画像は平成22年(2010年)5月頃の様子です.


▲旧港区役所回転場全景(北側より望む) 


▲旧港区役所回転場(東側)


▲都市高速道路建設中


▲営業所と同等面積ある巨大回転場


▲暫定利用中のため建物等撤去後が残る

 

 

その他画像(〜平成16年度以前)旧港営業所の様子

 平成16年(2004年)10月以前に存在した「港営業所」時代の様子は,次のページをご覧下さい.
  
営業所(車庫)>廃止された営業所


▲旧港営業所全景(北側より望む)

 

 

▼もどる 

 (C)まるはち交通センター製作委員会