まるはち交通センター
 トップページ地下鉄路線2・4号線:名城線・名港線
地下鉄路線
 
コンテンツTOP
営業路線の紹介
 東山線
 名城線・名港線
  名城線建設史
  線路配線図
  ダイヤ・運行方式
  車両運用表
  
 鶴舞線
 桜通線
 上飯田線
地下鉄駅の紹介
 東山線の駅
 名城線・名港線
 鶴舞線の駅
 桜通線の駅
 上飯田線の駅
市営地下鉄資料集
 地下鉄車両基地
 各種データ集
 トピックス
 地下鉄新線計画
 地下鉄建設史

 高速度鉄道第2号線(大曽根〜金山〜名古屋港間)・4号線(金山〜新瑞橋〜大曽根間)
 駅数:全34駅   営業キロ32.4km   所要時間(環状線)60分,(名港線)12分
 ATOツーマン運転   15.5m車×6両組成   ラインカラー:
むらさき色

名城線・名港線 路線コンテンツ


名城/名港線建設史

 地下鉄初の環状線
 建設の経緯と成り立ちについて

名城/名港線の線路配線図

 全線の配線図と
 ポイント駅の現地レポート

ダイヤ・運行方式

 名城線&名港線のダイヤ
 その詳細について

名城/名港線の車両運用表

 車両運用表を掲載予定
 

 

名城線・名港線 路線概要

 名城線・名港線は,大曽根・栄・金山など市の中心部や市東部を環状に結んでいる1周26.4kmの名城線(高速度鉄道2号線と4号線の環状部分)と,金山から名古屋港を結ぶ6.0kmの名港線(高速度鉄道2号線の一部)から構成されています.
 列車運行は名城線と名港線が一体となって行われています.

 東山線と交差する栄駅を中心に名古屋市の南北交通の主軸となっているほか,金山駅はJR&名鉄と総合駅化されており,それまでの名古屋駅一極集中を緩和しています.
 また,地下鉄では日本初となる環状運転により,地下鉄全路線と接続し地下鉄路線網としての利便性,移動効率性の向上に寄与しています.

 名城線 金山 〜 金山 26.4km (環状線)

 環状化以前は,2号線・4号線合わせて「名城線」の愛称で呼ばれていましたが,平成16年の日本初の地下鉄環状運転開始に伴い,環状部分のみを「名城線」と案内するようになりました.ラインカラーはむらさき色です.

 環状線部分の延長は26.4kmであり,JR大阪環状線 (21.7km) より長く,JR山手線 (34.5km) や都営大江戸線 (27.8km)より短い規模です.
 環状路線の地下鉄としては都営大江戸線に次いで2番目ですが,大江戸線は6の字運転を行っており,環状運転を行う地下鉄としては名城線が日本初となっています.

 名城線の乗客案内上の起点駅となっているのが名古屋の南の玄関口,金山駅です.名古屋の地下鉄で唯一の2面4線のホームを持ち(上小田井駅を除く),名城環状線列車は外側,名港線列車は内側を使用します.
 金山駅を出発した右回り列車は,久屋大通駅まで前津通→久屋大通を北上します.途中の鶴舞線乗換の上前津駅,商業エリア矢場町駅,東山線乗換の栄駅と乗降客も多く,車内が最も混雑する区間でもあります.
 栄駅から市役所駅間は最初に開業した区間です.市役所駅からは大津通を北上し,名城公園駅からはシールドトンネルで進路を東へ.黒川駅から砂田橋駅までは環状線を東進します.
 途中の大曽根駅からは新しい区間となり,砂田橋駅までは平成12年,名古屋大学駅までは平成15年,新瑞橋駅まで(環状線化)は平成16年に延伸開業しました.
 大曽根駅から砂田橋駅の間は,地下鉄トンネルの上にガイドウェイバスの橋脚が建設されています.砂田橋駅から進路を南へ.新瑞橋駅までの区間は民地下や起伏の激しい場所であり,ほとんどの区間がシールドトンネルで建設されています.
 新瑞橋駅からは昭和49年開業の旧4号線に戻り,県道岩崎名古屋線を西へ進みます.堀田駅からは国道1号の下を通ります.
 伝馬町駅から神宮西駅にかけて熱田神宮を迂回するように進路を北へ取ると国道19号を通り,金山駅に戻ります.

 名港線 金山 〜 名古屋港 6.0km

 平成16年の環状運転開始に伴い,旧名城線区間である金山駅〜名古屋港駅間は「名港線」として区別されるようになりました.ラインカラーもむらさき色の細線2本とし,太線1本の環状線部分とは区別しています.

 2面4線の金山駅,両内側ホームから発車した列車はシールドトンネルで中央卸売市場の下を通り,日比野駅へ.ここから終点の名古屋港駅まで江川線を南下します.日比野駅から港区役所駅までの地上では,名古屋高速道路が建設されています.
 名港線では高潮被害に備えて,各駅出入口に防潮扉や高所への避難通路が整備されています.

 

 車両規格・運転方式

 名城線・名港線は計画当初より他社線乗入を行わない独立路線として計画されており,東山線と同じ15m小形車体,標準軌,第三軌条方式で建設されました.

 保安装置は,開業時からCS-ATCが運用されています.

 そして令和2年5月25日より,ATO運転が開始されました.
 今後は,令和2年度中の可動式ホーム柵導入が進められると共に,段階的にワンマン運転に移行していくものと思われます.

車両規格 15m車体 20m車体
集電・電圧 第三軌条
DC600V
架空線
DC1500V
軌間 狭軌
1,067mm
標準軌
1,435mm
相互直通 なし あり
ホーム柵 R2年度整備中
保安方式 ATC ATO
乗務員 ツーマン ワンマン
運転台 左側設置 右側設置

 

名城線 路線図

↑名城線 M28 西高蔵駅
↑名港線 E02 日比野駅
M01 金山駅  Ω名港線乗り換え
 ・名城線運転区(金山)
 ・金山管区駅
 ・留置線×1編成
 0.7km
 
M02 東別院駅
 0.9km 
M03 上前津駅  Ω鶴舞線乗り換え
 ・渡り線
 0.7km
 
M04 矢場町駅
 0.7km 
M05 栄駅  Ω東山線乗り換え
 ・栄管区駅
 0.4km
M06 久屋大通駅  Ω桜通線乗り換え
 0.9km 
M07 市役所駅
 ・保守側線
 ・電路区
 ・両渡り線
 1.1km
 
M08 名城公園駅
 1.0km 
M09 黒川駅
 ・渡り線
 1.0km
M10 志賀本通駅
 0.8km 
M11 平安通駅  Ω上飯田線乗り換え
 0.7km 
M12 大曽根駅
 ・留置線×1編成
 ・渡り線
 0.8km
M13 ナゴヤドーム前矢田駅
 ・名城線運転区(矢田)
 ・大幸車庫(引込線)
 ・保線区
 ・信号通信区
 0.9km
 
M14 砂田橋駅
 ・両渡り線
 0.9km
M15 茶屋ヶ坂駅
 1.2km 
M16 自由ヶ丘駅
 1.4km 
M17 本山駅  Ω東山線乗り換え
 1.0km 
M18 名古屋大学駅
 ・両渡り線
 1.1km
M19 八事日赤駅
 1.0km 
M20 八事駅  Ω鶴舞線乗り換え
 1.3km 
M21 総合リハビリセンター駅
 1.0km 
M22 瑞穂運動場東駅
 ・留置線×1編成
 1.2km
M23 新瑞橋駅  Ω桜通線乗り換え
 ・渡り線
 0.7km
 
M24 妙音通駅
 ・保守側線
 0.8km
 
M25 堀田駅
 1.2km 
M26 伝馬町駅
 1.0km 
M27 神宮西駅
 ・渡り線
 0.9km
 
M28 西高蔵駅
 1.1km 
M01 金山駅  Ω名港線乗り換え
名港線 路線図

↑名城線 M02 東別院駅
E01 金山駅  Ω名城線乗り換え
 ・名城線運転区(金山)
 ・金山管区駅
 ・留置線×1編成
 1.5km
 
E02 日比野駅
 1.1km 
E03 六番町駅
 1.2km 
E04 東海通駅
 ・渡り線
 ・保守側線
 0.8km
E05 港区役所駅
 0.8km 
E06 築地口駅
 0.6km 
E07 名古屋港駅
 ・両渡り線
 ・名港工場(引込線)
 ・保線区

 

名城線・名港線 施設概要

路線名 名城線(2&4号線 環状部分)
営業区間 金山(M01)〜金山(M01)
営業キロ 26.4km
駅数 28駅
平均駅間距離 0.941km
所要時間 48分(環状運転)
最高速度 65km/h
最急勾配 35‰
最小半径 R=250m (神宮西〜伝馬町)
接近メロディ (左)ランディング
(右)サークル・ポイント

路線名 名港線(2号線の一部)
営業区間 金山(E01)〜名古屋港(E07)
営業キロ 6.0km
駅数 7駅
平均駅間距離 1.000km
所要時間 10分
最高速度 65km/h
最急勾配 35‰
最小半径
接近メロディ (下)ハッピータイム
(上)海

 名城線は,環状部分26.4kmを約48分で,名港線6.0kmを10分で結びます.表定速度はそれぞれ33.0km/h,36.0km/hです.

 

名城線・名港線 輸送実績(平成21年度)

輸送人員 合計 197,364千人
(通勤)57,073千人
(通学)28,981千人
(定期外)111,310千人
営業係数 92.6
営業収支 1,699,856千円
経常収支 1,896,446千円
最大輸送力 13,028人
最大混雑率 金山→東別院 143%
運転間隔 名城線西側 名城線東側
名港線
運転間隔
(平日)
朝 2.5〜3分
昼 5分
夕 3〜3.5分
朝 5〜6分
昼 10分
夕 6〜7分
運転間隔
(土休日)
終日 5分 終日 10分

 ※上記輸送実績は平成22年度のもの
 ※営業成績は平成29年度のもの
 

 名古屋市内の南北方向の大動脈として利用者が多く,輸送人員は東山線とほぼ同等です.最大混雑率も名古屋の南玄関口である金山を中心に143%となっています.
 終日賑わう名城線西側に比べ,名城線東側や名港線区間では輸送力は半分となり,閑散とする時間が多くなっています.

 

名城線の起点はどこ?

 昭和40年から約40年かけて建設され,最終的に環状運転を始めることになった名城線・名港線は,広く使われている路線名称と正式名称が違ったり,営業上の起点駅と運転上の起点駅が異なっています.


【旅客案内上の路線名称と駅番号】
【路線名称】

 環状部分を「名城線」,名古屋港方面へ向かう枝線を「名港線」といいます.
 平成16年の全線開業時に,公募により決定されました.
 ラインカラーはそれぞれ,むらさき色太線1本と,細線2本です.

【駅番号】
 駅やWeb上の案内表示をみると,駅番号M01の金山が起点のように案内されています.
 名城線の駅番号は,金山(M01)から右回り順にM28まであります.
 名港線の駅番号は,金山(E01)から終点(E07)まであります.


【正式な路線名称と起点駅】
 昭和36年の地下鉄新線計画において,大曽根から名古屋港に至る路線を2号線,金山から山の手を回って大曽根に戻る路線を4号線とする計画が定められ,名城線はこれに基づいて建設が進められました.

 高速度鉄道第2号線:大曽根〜栄〜金山〜名古屋港
 高速度鉄道第4号線:金山〜新瑞橋〜本山〜大曽根

 起点は大曽根と金山であり,ぞれぞれ左回り方向の路線となっています.
 このため,名古屋港方面と左回りが下り線(1番のりば)であり,大曽根方面と右回りが上り線(2番のりば)として扱われます.


【運転上の基準駅】
 沿線にある車両基地のうちの一つ,大幸車庫は日本最大級の地下車庫であり,名城線・名港線で運用される車両の多くがここを拠点にして運用されます.
 このため,最寄り駅であるナゴヤドーム前矢田が運転取り扱い上の基準駅となっており,環状運転を行う列車はこの駅を基準に列車番号が付けられています.

【環状線列車の列車番号の付け方】方向記号+発駅記号+発車時刻+行先駅記号
 ナ矢田を9:12に発車する左回り列車:LD912D
 ナ矢田を12:30に発車する右回り列車:RD1230D

 

 

▼もどる 

 (C) まるはち交通センター製作委員会名古屋市営地下鉄名城線ファンサイト/地下鉄2号線&4号線