まるはち交通センター
 トップページ地下鉄路線6号線:桜通線
地下鉄路線
 
コンテンツTOP
営業路線の紹介
 東山線
 名城線・名港線
 鶴舞線
 桜通線
  桜通線建設史
  線路配線図
  ダイヤ・運行方式
  車両運用表
  桜通線方向幕
 
 上飯田線
地下鉄駅の紹介
 東山線の駅
 名城線・名港線
 鶴舞線の駅
 桜通線の駅
 上飯田線の駅
市営地下鉄資料集
 地下鉄車両基地
 各種データ集
 トピックス
 地下鉄新線計画
 地下鉄建設史

 高速度鉄道第6号線(中村区役所〜徳重間)  駅数:全21駅   営業キロ19.1km
 所要時間37.5分   ATOワンマン自動運転   20m車×5両組成   ラインカラー:
赤色

桜通線 路線コンテンツ
 

桜通線建設史

 平成23年まで延伸が続けられた
 桜通線の成り立ちについて

桜通線の線路配線図

 桜通線全線の配線図と
 ポイント駅の現地レポート

桜通線ダイヤ・運行方式

 桜通線ダイヤの詳細について

桜通線の車両運用表

 車両運用表を掲載予定

桜通線方向幕

 桜通線車両に搭載される
 方向幕やLED表示のコマ内容

 

桜通線 路線概要

 高速度鉄道6号線,路線名「桜通線(さくらどおりせん)」は,混雑する東山線のバイパス路線として,平成元年に中村区役所〜今池間で開業しました.
 その後,平成6年と平成23年に南に向かって2度延伸開業し,現在は都心と市南東部を結ぶ全長19.1km(中村区役所〜徳重)の路線となっています.最後に開通した野並〜徳重間4.2kmは,平成23年3月開業の名古屋の地下鉄では最も新しい区間です.

 中村区役所〜徳重 19.1km

 始発の中村区役所駅を出発した列車はシールドトンネルで名古屋駅裏の住宅街を通り抜け,JR名古屋駅直下に設けされた名古屋駅に至ります.東山線やJR線,私鉄線との接続駅となる名古屋駅からは多くの乗客が乗り込み,一気に車内が賑やかになります.
 名古屋駅から車道駅までの間は,東山線の一駅分隔てた北側をほぼ平行して走ります.この通りの名前が,路線名の由来となった桜通です.この区間は東山線のバイパス路線として機能しておりラッシュ時は非常に混雑します.
 また,地下鉄路線の中で最後に設計・建設された路線であり,名古屋駅では各鉄道路線を,名古屋駅から国際センター駅の間は地下街を,丸の内〜高岳間は共同溝の下に地下鉄トンネルを建設したため,非常に地下深くを走っており,各駅とも地上から長いエスカレーターでホームまで降りる必要があります.名古屋の地下鉄では最も深い位置となる丸の内駅では8階建てマンションに相当する地表下24mとなっています.

 車道駅を過ぎると,桜通線最小半径の急カーブを曲がり,今池駅で再び東山線と交差します.
 今池駅から桜本町駅までの間は市道環状線を南下します.御器所駅〜新瑞橋駅の沿線には高校が多く,車内に高校生が比較的多いのも特徴です.
 桜本町を出ると,再び急カーブを曲がり進路を東に変えます.ここからは市道東海通を東南方向に進みます.名古屋の地下鉄唯一の複線シールドで天白川を越えると,平成23年までの終点,野並駅です.
 ここから真新しいシールドトンネルで,宅地開発とともに人口の増加の著しい緑区を通り抜け,終点の徳重駅に至ります.徳重駅の東側には徳重車庫があります.

 途中2カ所の急カーブで東へ南へと進路を変えるその特徴的な路線の形は「乙形」のように見え,徳重開業時のポスターには路線の形がデザインされました.


▲全駅ホーム柵完備の島式ホーム

▲4層構造の久屋大通駅の断面模型

 

 車両規格・運転方式

 桜通線の車両は,日常メンテナンスは徳重車庫で,大規模メンテナンスは鶴舞線の日進工場にて行っており,車両を鶴舞線を経由して日進工場まで回送する必要があります.また,将来的に西は七宝方面,南は豊明方面へと伸張させる構想があり,それぞれ名鉄線との相互直通運転も想定されています.このため,車両規格は鶴舞線と同じ仕様で建設されました.車体長は大型の20m車で,5両組成となっています.車体にはラインカラーの赤色が入ります.

 保安装置は,開業当時はATCツーマン運転を行っていました.平成6年の野並延伸時には,新たにATO装置による列車自動運転を導入し,運転士のみ乗務のワンマン運転を開始しています.
 これを見越して,運転士の安全確認を容易にするため,桜通線のホームは全て島式で建設され,列車は非常に珍しい右側運転台となっています.

車両規格 15m車体 20m車体
集電・電圧 第三軌条
DC600V
架空線
DC1500V
軌間 狭軌
1,067mm
標準軌
1,435mm
相互直通 なし 将来想定
あり
ホーム柵 全駅導入済み
保安方式 ATC ATO
乗務員 ツーマン ワンマン
運転台 左側設置 右側設置

 

桜通線 路線図

 ・留置線&引上線×6編成
  (旧)中村区役所検車場
S01 中村区役所駅
 0.9km 
S02 名古屋駅  Ω東山線乗り換え
 0.7km 
S03 国際センター駅
 0.8km 
S04 丸の内駅  Ω鶴舞線乗り換え
 ・連絡線(鶴舞線〜桜通線)
 0.9km
 
S05 久屋大通駅  Ω名城線乗り換え
 0.7km 
S06 高岳駅
 1.3km 
S07 車道駅
 1.0km 
S08 今池駅  Ω東山線乗り換え
 ・今池管区駅
 ・桜通線運転区(今池)
 ・留置線×2編成
 1.1km
S09 吹上駅
 ・保守側線
 ・保線区
 ・電路区
 ・信号通信区
 1.0km
S10 御器所駅  Ω鶴舞線乗り換え
 1.1km 
S11 桜山駅
 ・留置線×2編成
 0.9km 
S12 瑞穂区役所駅
 0.7km 
S13 瑞穂運動場西駅
 0.7km 
S14 新瑞橋駅  Ω名城線乗り換え
 1.1km 
S15 桜本町駅
 ・桜本町管区駅
 ・保守側線
 0.9km
S16 鶴里駅
 1.1km 
S17 野並駅
 ・桜通線運転区(野並)
 1.1km 
S18 鳴子北駅
 0.9km 
S19 相生山駅
 1.4km 
S20 神沢駅
 0.8km 
S21 徳重駅
 ・留置線×2編成,車庫出入庫線×1本
 ・徳重車庫(引込線)
桜通線 施設概要

路線名 6号線
営業区間 中村区役所(S01)〜徳重(S21)
営業キロ 19.1km
駅数 21駅
平均駅間距離 0.956km
所要時間 37.5分
最高速度 75km/h
最急勾配 33‰
最小半径 R=164m (車道〜今池)
ホーム柵 全駅整備済み
接近メロディ (下)オーバル
(上)チェリー

 桜通線は,中村区役所〜徳重間19.1kmを約37分で結びます.表定速度は30.56km/hです.
 最高速度は東山線や名城線よりも高い75km/hとなっています.
 平成23年7月に全駅でのホーム柵整備が完了しました.

 列車接近メロディー

 

桜通線 輸送実績(平成22年度)

輸送人員 合計 83,632千人
(通勤)23,080千人
(通学)12,102千人
(定期外)48,450千人
営業係数 117.8
営業収支 △2,326,153千円
経常収支 1,549,360千円
最大輸送力 9,835人
最大混雑率 国際セ→丸の内
125%
運転間隔
(平日)
朝 4分
昼 7.5分
夕 6分
運転間隔
(土休日)
朝 6分
昼 10分
夕 10分
相互直通運転 な し

 ※輸送人員は平成22年度のもの
  営業成績は平成29年度のもの
 

 1日当たりの乗車人員は鶴舞線174千人に対し,桜通線167千人と遜色ない利用者数となっています.しかしながら,桜通線は地下深くを掘り進めたこと,近年まで工事が行われていたことから減価償却費の負担が大きく,赤字路線となっています.

 最も混雑する区間は国際センター→丸の内間であり,朝ラッシュ時は乗車率125%,終日では40%強となっています.この程度の乗車率では…日中の運転本数の少なさも仕方ないのかもしれません.

 

 

▼もどる 

 (C) まるはち交通センター製作委員会市バス地下鉄ファンサイト/名古屋市交通局桜通線