まるはち交通センター
 トップページ地下鉄路線3号線:鶴舞線
地下鉄路線
 
コンテンツTOP
営業路線の紹介
 東山線
 名城線・名港線
 鶴舞線
  鶴舞線建設史
  線路配線図
  ダイヤ・運行方式
  車両運用表
  鶴舞線方向幕
 
 桜通線
 上飯田線
地下鉄駅の紹介
 東山線の駅
 名城線・名港線
 鶴舞線の駅
 桜通線の駅
 上飯田線の駅
市営地下鉄資料集
 地下鉄車両基地
 各種データ集
 トピックス
 地下鉄新線計画
 地下鉄建設史

 高速度鉄道第3号線(上小田井〜赤池間)  駅数:全20駅   営業キロ20.4km
 所要時間35分   ATCツーマン運転   20m車×6両組成   ラインカラー:
青色

鶴舞線 路線コンテンツ


鶴舞線建設史

 相直運転を行う鶴舞線の
 成り立ちについて

鶴舞線の線路配線図

 鶴舞線全線の配線図と
 ポイント駅の現地レポート

鶴舞線ダイヤ・運行方式

 鶴舞線ダイヤの詳細について

鶴舞線の車両運用表

 車両運用表を掲載予定

鶴舞線の方向幕

 歴代鶴舞線車両に搭載される
 方向幕やLED表示のコマ内容

 

鶴舞線 路線概要

 高速度鉄道3号線,通称「地下鉄鶴舞線(つるまいせん)」は,市北西部の上小田井から都心の伏見・上前津を経て市東南部の日進市赤池に至る20.4kmの路線です.起点の上小田井駅で名鉄犬山線と,終点の赤池駅で名鉄豊田線とそれぞれ相互直通運転を行っているため,線内には名鉄車両も多数乗入れます.

 上小田井 〜 赤池 20.4km

 始発の上小田井駅は名鉄管理の2面4線の高架駅で,中2線を鶴舞線が使用しています.名鉄犬山線からの乗換客を受け上小田井駅を発車すると,鶴舞線の列車はすぐに高架を駆け下り名鉄犬山線をくぐり一気に地下トンネルへ.わずか300mの地上区間です.
 ここから浅間町駅までは県道名草線(江川線)や名高速6号清州線の地下を走ります.庄内緑地公園駅と庄内通駅の間はシールドトンネルで庄内川の下をくぐります.このため緊急時に備えたトンネル内防水扉も設置されています.
 浅間町駅からは大きなS字カーブを描きながら市中心部へと入って行きます.連絡線もある丸の内駅で桜通線と,鶴舞線一の乗降車数を誇る伏見駅で東山線と交差します.丸の内駅から大須観音駅まで伏見通の下,名城線と1キロ離れた西側を平行してオフィス街を抜けると,大須観音駅.そこから列車は急カーブを曲がり,進路を東へ.名城線と交差する上前津駅,JR中央線と接続する鶴舞駅に至ります.鶴舞駅を出ると,名古屋初の都市公園として整備された鶴舞公園の下をS字カーブで抜け,山王通へ.桜通線と交差する御器所駅からさらに東へ向かいます.
 平仮名駅名のいりなかからは進路を南東に変え,飯田街道に沿って進みます.このあたりは大学や高校が多く,車内に若者の姿が目立つようになります.名城線と2回目の交差となる八事,塩釜口と起伏の激しいエリアを抜けると,鶴舞線開業と同時に区画整理・開発された住宅地エリアへ.
 運転免許試験場への乗換駅の平針を過ぎると,列車は市外の日進市に入り,終点の赤池駅に到着します.ここから先は名鉄豊田線として線路が続くとともに,車両基地である日進工場への引込線も続いています.


▲最も乗降客の多い伏見駅 東山線と交差する

▲上小田井駅で名鉄犬山線と,赤池駅で名鉄豊田線と
 相互直通乗入れを行う

 

 車両規格・運転方式

 鶴舞線は,当初から名鉄線との相互直通乗入を前提として計画されたため,車両や設備は名鉄と協議の上で規格が決定されました.
 このため,狭軌軌道,20m大型車体の架空線式となっています.

 車両は,地下鉄線内用の保安システムとして多段ブレーキ制御方式CS-ATCと誘導無線を使用していますが,名鉄線乗入用としてM式ATSや空間波無線も搭載しています.

 名鉄車との調整が必要なことから,鶴舞線においては稼働式ホーム柵導入の動きはありません.地下鉄路線の中では最後までATC,ツーマン運転方式が残るものと思われます.

車両規格 15m車体 20m車体
集電・電圧 第三軌条
DC600V
架空線
DC1500V
軌間 狭軌
1,067mm
標準軌
1,435mm
相互直通 なし 名鉄線
ホーム柵 未整備
保安方式 ATC ATO
乗務員 ツーマン ワンマン
運転台 左側設置 右側設置

 

鶴舞線 路線図

↑名鉄犬山線相互直通乗入れ
 ・留置線×2編成
T01 上小田井駅
 1.4km 
T02 庄内緑地公園駅
 1.3km 
T03 庄内通駅
 1.4km 
T04 浄心駅
 ・鶴舞線運転区(浄心)
 ・留置線×1編成
 ・保守側線
 ・保線区
 0.8km
 
T05 浅間町駅
 1.4km 
T06 丸の内駅  Ω桜通線乗り換え
 ・連絡線(鶴舞線〜桜通線)
 0.7km
 
T07 伏見駅  Ω東山線乗り換え
 ・伏見管区駅
 0.8km
 
T08 大須観音駅
 1.0km 
T09 上前津駅  Ω名城線乗り換え
 0.9km 
T10 鶴舞駅
 ・保守側線
 1.3km
 
T11 荒畑駅
 0.9km 
T12 御器所駅  Ω桜通線乗り換え
 1.2km 
T13 川名駅
 1.0km 
T14 いりなか駅
 0.9km 
T15 八事駅  Ω名城線乗り換え
 ・八事管区駅
 ・留置線×1編成
 1.4km
T16 塩釜口駅
 1.2km 
T17 植田駅
 0.8km 
T18 原駅
 0.9km 
T19 平針駅
 1.1km 
T20 赤池駅
 ・鶴舞線運転区(赤池)
 ・日進工場(引込線)
 ・保線区
 ・電路区
 ・信号通信区
↓名鉄豊田線相互直通乗入れ
鶴舞線 施設概要

路線名 3号線
営業区間 上小田井(T01)〜赤池(T20)
営業キロ 20.4km
駅数 20駅
平均駅間距離 1.076km
所要時間 35分
最高速度 75km/h
最急勾配 35‰
最小半径 R=160m (大須観音〜上前津)
接近メロディ (下)サンライト
(上)ファンタジー

 鶴舞線は,上小田井〜赤池間20.4kmを約35分で結びます.表定速度は34.97km/hです.最高速度は東山線や名城線よりも高い75km/hとなっています.

 列車接近メロディー

 

 

鶴舞線 輸送実績(平成22年度)

輸送人員 合計 104,054千人
(通勤)31,515千人
(通学)20,359千人
(定期外)52,180千人
営業係数 80.9
営業収支 3,250,180千円
経常収支 2,952,272千円
最大輸送力 12,573人
最大混雑率 川名→御器所
127%
運転間隔
(平日)
朝 4分
昼 7.5分
夕 5分
運転間隔
(土休日)
朝 6分
昼 10分
夕 10分
相互直通運転 名鉄豊田線・名鉄犬山線

 ※輸送人員は平成22年度のもの
  営業成績は平成29年度のもの
 

 鶴舞線の利用者数は,名城・名港線に次いで第3位ですが,輸送密度は高く,営業成績は東山線に次ぐ第2位となっており,営業収支,経常収支ともに黒字路線となっています.

 列車1編成あたりの輸送力が多いため,運転本数は東山線や名城線に比べ少なく,ラッシュ時は4分間隔運転でも名城線(2.5分間隔)とほぼ同等の輸送力を確保しています.
 利用者の少ない昼間時は平日7.5分間隔,休日10分間隔となっています.

 

 

 

▼もどる 

 (C) まるはち交通センター製作委員会名古屋市営地下鉄鶴舞線ファンサイト/地下鉄3号線