まるはち交通センター
 トップページ市バス路線急行バス・臨時バス臨時バス(海の日名古屋みなと祭)
市バス路線
 
コンテンツTOP
常設系統の紹介
 一般系統紹介
 基幹バス
 ガイドウェイバス
 トピックス
 各種データ集
臨時輸送・貸切輸送
 急行・臨時バス
▼節分急行バス
  大須観音〜笠寺西門
  新瑞橋〜笠寺駅
  ゆとりーとライン
▼墓参臨時バス
  平和公園
  みどりが丘公園
▼その他臨時バス
  1月熱田初詣増発
  3月しだれ梅まつり
  7月海の日みなと祭
  10月緑区民まつり
  名古屋城増発
  その他臨時バス
▼過去の臨時バス
  急行(イベント輸送)
  急行(季節臨時)
  2005年愛地球博
 迂回運行の記録
 市バス貸切輸送
バス停・関連施設
 営業所(車庫)
 終点の風景
 バス停図鑑
 関連施設・設備


 臨時バスのうち,毎年7月海の日に開催される「名古屋みなと祭」関連の市バス増強運行を紹介します.
 交通規制に伴うバス停移設等の措置については別ページ
市バス路線>迂回運行の記録をご覧下さい.

7月海の日 名古屋みなと祭「築地口〜各方面」

 毎年7月の海の日に名古屋港ガーデン埠頭一帯で開催される「名古屋みなと祭」では,多くの観客が集まります.
 市バスでは,名古屋港を発着する路線を中心に花火大会(19時半〜20時20分)前後時間帯で増発運行が行われます.
 増発系統は,幹築地1,金山25,名港11,名港13,名港16号系統など多数です.

 交通規制に伴うバス停移設等の措置については市バス路線>迂回運行の記録をご覧下さい.


▲市南部 市バス路線図

▲名古屋港・築地口付近 市バス路線図

 

 

各路線の対応(区間運休・増発など)

 区間運休や増発対応など,各路線ごとの対応を過去の一例として紹介します.
 なお,これらには毎年細かな変化があるため,掲載する情報が最新のものではないことをご留意ください.
 (概ね平成25年〜令和元年の情報を掲載しています.)

系統名 主な増発区間 区間運休 乗り場
変更
増発
(行き)
増発
(帰り)
幹築地1号 築地口〜野跡駅
名港11号 築地口〜鳴尾車庫
名港13号 築地口〜多加良浦 なし
名港16号 築地口〜地下鉄鳴子北
高畑13号 港区役所〜八田駅 なし
港巡回   なし なし なし
金山25号 築地口→金山 なし なし
幹神宮2号 六番町→権野 なし
東海12号 港区役所→河合小橋 なし
栄22号 港区役所→栄 なし 有※

 ※栄22号系統の復路増発は令和元年実施(以後定着するかどうか不明).

 

 

 幹築地1号系統(区間運休・増発運行)

 幹築地1号系統は,港区役所発着路線と,なごや港発着路線があります.
 このうち,なごや港発着路線が築地口発着に変更となります.港区役所発着路線は通常通りの運行です.
 担当は鳴尾営業所です.

 【往路輸送(野跡駅→築地口方面)】
 定期便に加え,夕方より野跡駅→(稲永駅経由)→築地口行の臨時便が多数運行されます.
 これに合わせ定期便も時刻は同じながら運用変更されるため,基幹バスなど普段は港エリアで見かけない車両が定期便&臨時便の区分けなく運用されることがあります.

 【復路輸送(築地口→野跡駅方面)】
 花火終了時刻前後より,築地口→(稲永駅経由)→野跡駅行の臨時便が頻発運行(5分間隔)されます.

 【方向幕(行先表示)】
 鳴尾営業所のLED車は,以前より幹築地1号系統の全ての路線において「築地口」発着の表示データを持っていましたが,平成30年まではこれを使用せず,定期便も臨時便も「なごや港」行き表示としていました.
 方向幕車の運用が無くなった令和元年より「築地口」表示を掲出しています.


▲幹築地1 港区役所行(定期便)

▲幹築地1 築地口行(増発便)


▲幹築地1 築地口行(定期便/区間運休)


▲築地口始発フェリーふ頭行


▲幹築地1号定期便に入る基幹車両


▲幹築地1号定期便に入る基幹車両


▲増発される幹築地1号系統と路上の臨停


▲築地口で待機する増発用車両群


▲毎年,基幹バスが一般路線を走っている
 

 

 

 金山25号系統(増発運行)

 金山25号系統は,復路に増発運行されます.
 担当は御器所営業所と中川営業所です.

 【往路輸送(金山→築地口→野跡駅方面)】
 例年,往路の増発運行はありません.

 【復路輸送(築地口→金山方面)】
 通常の1番停留所が休止され,その先の高架下に臨時停留所が設けられます.
 花火終了時刻前後より,築地口→金山行の臨時便が頻発運行されます.

 【方向幕(行先表示)】
 築地口始発のデータは無いため,通常の金山行き表示を使用します.


▲増発に向け待機中の車両群
 (画像提供/G様)

▲大増発される金山25号系統
 後続車も待機中

 

 

 名港11号系統(区間運休・増発運行)

 なごや港を発着する名港11号系統は,定期便も臨時便も築地口発着に変更となります.
 担当は鳴尾営業所です.
 車両運用は,同じく鳴尾営業所担当路線の幹築地1号系統とセットで変更されるため,名港11号臨時便として出庫→名港工場待機→幹築地1号往路定期便→幹築地1号復路臨時便→回送入庫などのように,複雑な運用が多くなり,また基幹バス車両も運用されることがあります.

 【往路輸送(鳴尾車庫→築地口方面)】
 夕方より,鳴尾車庫→築地口行の臨時便が多数運行されます.

 【復路輸送(築地口→鳴尾車庫方面)】>
 花火終了時刻前後より,築地口→鳴尾車庫行の臨時便が多数運行されます.

 【方向幕(行先表示)】
 鳴尾営業所のLED車は,名港11号系統の往復とも「築地口」発着の表示データを持っていましたが,平成30年まではこれを使用せず,定期便も臨時便も「なごや港」行き表示としていました.
 方向幕車の運用が無くなった令和元年より「築地口」表示を掲出しています.


▲名港11 築地口行(定期便・増発便共通)
 R1年よりLED「築地口」行を表示

▲各系統の「築地口」行が並ぶ


▲バス停掲出の往路時刻表
 (画像提供/Gさま)

▲復路

 

 

 名港13号系統(増発運行)

 名港13号系統も多数増発運行されます.
 定期便は港区役所発着として通常通り運行(ダイヤ等変更なし)されますが,臨時便は築地口発着となります.
 主担当は港明営業所ですが,所属車両数が少ないため,副担当の中川営業所も応援に入ります.

 【往路輸送(多加良浦→築地口方面)】
 夕方より,港区役所行き定期便の合間に,多加良浦発十一屋経由築地口行き臨時便が多数運行されます.
 普段は朝夜のみ運行の宝神荘経由も増発されることがあります.

 【復路輸送(築地口→多加良浦方面)】
 花火終了時刻前後より,築地口→多加良浦行の臨時便が多数運行されます.
 十一屋経由便を中心に,宝神荘経由便も運行も増発されます.

 【方向幕(行先表示)】
 港明・中川営業所のLED車は,往復&経由違いとも名港13号系統の「築地口」発着の表示データを持っています.
 「港区役所」行は定期便,「築地口」行は増発便であると判別できます.
 (宝神荘経由についてはR1年より「築地口」表示開始.)


▲名港13 十一屋経由港区役所行(定期便)

▲名港13 十一屋経由築地口行(増発便)
 フロントに「増車」表示あり


▲「増車」表示が有ったり,無かったり


▲名港13 十一屋経由築地口行の側面表示

 


▲バス停の掲出物 増発の案内は無い
 (画像提供/G様)


▲築地口発(十一屋経由)多加良浦行


▲築地口発(宝神荘経由)多加良浦行
 (画像提供/G様)


▲花火終了と同時に多数の復路臨時便が投入される


▲路上臨時停留所にて

 

 

 名港16号系統(区間運休・増発運行)

 なごや港を発着する名港16号系統は,定期便も臨時便も築地口発着に変更となります.
 担当は野並営業所です.

 【往路輸送(地下鉄鳴子北→築地口方面)】
 夕方より,地下鉄鳴子北→築地口行の臨時便が多数運行されます.

 【復路輸送(築地口→地下鉄鳴子北方面)】
 花火終了時刻前後より,築地口→地下鉄鳴子北行の臨時便が多数運行されます.

 【方向幕(行先表示)】
 野並営業所のLED車は,名港16号系統の往復とも「築地口」発着の表示データを持っており,定期便&臨時便ともに「築地口」表示を掲出して走ります.


▲名港16号系統は定期便&臨時便問わず築地口行きを掲げて運行される

▲名港16号系統 築地口行き


▲バス停掲出物 往路増発の案内なし
 (画像提供/Gさま)

 

 

 

 高畑13号系統(区間運休・増発運行)

 高畑13号系統は増発運行が行われます.
 定期便は港区役所発着として通常通り運行(ダイヤ等変更なし)されますが,臨時便は築地口発着となります.
 中川営業所の担当です.

 【往路輸送(八田駅→築地口方面)】
 夕方より,港区役所行き定期便の合間に,八田駅発築地口行き臨時便が数本運行されます.

 【復路輸送(築地口→八田駅方面)】
 花火終了時刻前後より,築地口→八田駅行の臨時便が数本運行されます.

 【方向幕(行先表示)】
 中川営業所のLED車は,平成30年まで高畑13号系統の「築地口」発着の表示データを持っていませんでしたが,令和元年に追加搭載され,他系統同様に港区役所行きの定期便は「港区役所」行き表示を,臨時便は「築地口」行き表示となります.


▲高畑13 港区役所行(定期便)
 (画像提供/G様)

▲高畑13 築地口行(増発便)


▲高畑13 八田駅行(復路/増発便)

 

 

 

 「築地口」を経由しない市バス系統

 以上のように,築地口を経由する幹築地1,金山25,名港11,名港13,名港16号の5系統が増発運行の主役となりますが,その他の港区エリアの路線でも増発運行が行われています.
 (外見上は定期便と区別がつかないため,画像はありません.)

 【幹神宮2号系統】
 花火終了後に六番町→権野行きが増発されます.

 【東海12号系統】
 花火終了後に港区役所→河合小橋行きが増発されます.

 【栄22号系統】
 令和元年に花火終了後に港区役所→栄行きが増発されました.
 (今後定着するか不明.)

 

 

 

過去の風景(平成25年〜平成30年頃の様子)

 平成25年〜平成30年の様子について,方向幕車を中心に紹介します.

 幹築地1号系統 (平成25年〜平成30年)

 【方向幕(行先表示)】
 鳴尾営業所のLED車は,以前より幹築地1号系統の全ての路線において「築地口」発着の表示データを持っていましたが,平成30年まではこれを使用せず,定期便は「港区役所」「なごや港」行きを,臨時便も「なごや港」行きを表示していました.
 
 鳴尾営業所の方向幕車は,「築地口」表示は搭載されておらず,築地口行き臨時運用に入る際は,LED車と同様に「なごや港」行き表示としていました.


▲「なごや港」行き表示の築地口行き増発便

▲「築地口」方向幕がなく「なごや港」行きを表示

 

 

 名港11号系統 (平成25年〜平成30年)

 【方向幕(行先表示)】
 鳴尾営業所のLED車は,名港11号系統の往復とも「築地口」発着の表示データを持っていましたが,平成30年まではこれを使用せず,定期便も臨時便も「なごや港」行き表示としていました.
 
 鳴尾営業所の方向幕車は,「築地口」表示は搭載されておらず,「なごや港」行き表示としていました.


▲築地口に到着した名港11
 今日は名古屋港に行かず築地口が終点

▲定期便に追いついた臨時便,結果的に2台口に


▲幹築地1号系統と同じく基幹車も起用される


▲基幹バス@名港11号系統


▲復路増発便に入る基幹車
 (LED表示はH28年当時のもの)
 

 

 

 名港13号系統 (平成25年〜平成30年)

 【方向幕(行先表示)】
 中川営業所のLED車は,平成30年までは名港13号系統の宝神荘経由「築地口」発着の表示データを持っておらず,定期便と同じく港区役所発着を表示していました.

 中川営業所の方向幕車は,LED車と同様に十一屋経由の「築地口」表示が搭載されており,築地口の方向幕を掲げて走っていました.宝神荘経由の「築地口」幕はありません.


▲名港13号は唯一方向幕の「築地口」行きを搭載

▲宝神荘経由の臨時便は港区役所行きとして運用

 

 

 その他の市バス系統 (平成25年〜平成30年)

 【名港16号系統】
 野並営業所の方向幕車は「築地口」表示がないため,原則として名港16号系統の運用には入りませんでした.

 

 

 他社バス路線の対応 (平成25年〜平成30年)

 平成29年度に運行されていた「みなとシャトルバス」(つばめタクシー運行)は,区間運休ではなく,全区間運休となりました.
 交通規制時間(15時〜)直前まで運行する旨の表示が各停留所とWEBに掲出されていましたが,実際は午後から運休していました.


▲みなとシャトルバス停掲出のお知らせ(H29年)
 

 

 

 

過去の風景(平成24年以前の様子)

 平成24年度以前の様子について紹介します.

 平成24年以前の様子(幹築地1号系統)

 港営業所の廃止に伴い,幹築地1号系統は鳴尾営業所に移管されました.
 それから平成24年頃まで,幹築地1号系統の増発便(築地口〜野跡駅)の行き先表示は,「名古屋市交通局」表示&紙貼りで対応していました.


▲幹築地1号系統の増発便 方向幕車

▲幹築地1号系統の増発便 LED表示車


▲行先と経由地表示は紙貼りで対応していた
 


▲復路輸送 野跡駅行もしくは交通局表示で運行


▲基幹車による復路輸送


▲基幹車による復路輸送


▲(おまけ)基幹車による名港11復路輸送


▲基幹幕しか搭載しないNKN車は白幕で運行
 

 

 

 過去の様子(その他系統)

 幹築地1号系統以外の系統を紹介します.


▲名港16号系統 野並車庫行き
 

 

 

 過去の様子(平成15年頃)

 方向幕車が主役であった,平成15年頃の様子を紹介します.
 当時,港エリアの路線を所管していた港営業所や中川営業所の所属車両は,系統名や経由表記のない「築地口」幕や「多加良浦」幕が搭載されていました.


▲幹築地1 築地口行き臨時便
 方向幕は手動設定

▲手動設定ゆえの誤表示
 間違えやすい幹金山1号系統表示


▲名港13 築地口行き臨時便


▲一本幕の築地口行き臨時便(系統不明)


▲名港13 多加良浦行き臨時便


▲名港11,今は無き名港12


▲築地口臨時停に到着した名港11


▲かつては幹名駅2系統も名古屋港を発着しており,築地口折り返し&増発運行が行われていた.

 

 以前は,築地口停付近には係員休憩用の車両が用意されており,続行便に運用されるレアなバス車両と共に,今年はどんな車両が起用されるのか,ファンの関心事でした.


▲休憩車両に起用されたMH-10号車

▲車内には長机と給水タンクを準備

 

 

 

 

▼もどる 

 (C) まるはち交通センター製作委員会 名古屋市交通局ファンサイト