まるはち交通センター
 トップページ地下鉄車両活躍する譲渡車両福井鉄道
地下鉄車両
 
コンテンツTOP
車両総説・その他
 車両概要・解説
 トピックス
現役車両の紹介
 東山線5050形
 東山線N1000形
 名城線2000形
 鶴舞線3000形
 鶴舞線3050形
 鶴舞線N3000形
 [乗入]名鉄100系
 桜通線6000形
 桜通線6050形
 上飯田線7000形
 [乗入]名鉄300系
引退車両の紹介
 黄電「きいでん」
 東山線5000形
 活躍する譲渡車両
  高松琴平電鉄
  福井鉄道
  アルゼンチン
 
嫁いだ地下鉄車両〜福井鉄道〜 まるはち交通センター


 【福井鉄道】福武線
  「600形」×2両  「610形」×2両  計4両移籍

福井鉄道 譲渡車両について

 福井鉄道は,福井市内と越前市の越前武生駅間を結ぶ全長21.4kmの路線です.
 鉄道線と軌道線から成っており,相互に直通して運行されています.
 軌道線では,道路との併用軌道区間があり,小型車両が好まれています.

 この福井鉄道に,平成9年から11年にかけて,名古屋市から6両が譲渡されました.

 車両改造

 譲渡された6両の車両は,全て元名城線の先頭車両です.
 譲渡年と地下鉄時代の車番は次の通りです.

   平成9年 1111号車,1112号車
   平成10年 1201号車,1202号車
   平成11年 1203号車,1204号車

 譲渡にあたり,名鉄住商工場岐阜工場(名鉄岐阜工場)で改造工事が行われています.
 このうち,1111・1112,1201・1202の4両は運転台部分を残して車体を2分割し,2両分の運転台同士を合わせ両面運転台車1両にするという大改造が行われました.
(→600形)
 1203・1204の2両に関しては2両組成そのままの形で改造されました.
(→610形)

 この他にも,車両中央側扉を塞いで3ドアから2ドアにしたほか,集電方式をサードレール方式からパンタグラフに交換しています.
 台車は,昇圧で廃車となった豊橋鉄道1900系の部品に交換しています.ちなみにこの台車,元国鉄101系のDT21台車です.
 また冷房化に伴うクーラーや主発動機も1900系からの流用しています.

 
名古屋市交通局時代 福井鉄道時代(現在)
形式 元車番 形式 現車番 備考
名城線1100形 1111+(1112) 600形 モハ601 H24年12月
廃車
名城線1200形 1201+(1202) 600形 モハ602  
名城線1200形 1203 610形 クハ610 H30年3月
廃車
名城線1200形 1204 610形 モハ610

 (カッコ)内の車両は主に運転台部分のみ使用されました.

 

 

 その後の状況

 福井鉄道での運用開始後は,主力車両の一員として大活躍しました.
 その後,名鉄600V線区廃止にともなう低床車両の転入により第一線を退き,朝ラッシュ時やイベント時のみの限定運用となりました.
 平成24年冬に1両(モハ601号車)が廃車(→搬出解体)となり,平成30年には2両(610形)が廃車(→現地解体)となりました.
 令和2年現在,1両(モハ602号車)が車庫に留置されています.

 

 

車両ラインアップ

 単行の600形2両と,2両組成の610形1編成2両が在籍していました.

 福井鉄道 600形 (単行編成)

  1両組成(単行)×2=2両在籍
  両運転台電動車(モハ601,モハ602)  編成定員92人(座席40人)

 平成9年と平成10年にそれぞれ1両ずつ登場しました.
 塗装は地元高校生がデザインしたカラフルな色に塗られました.

 単行のため定員が少なく,平成18年からの元名鉄低床車両の導入に伴い,定期運用から外れました.
 その後,モハ602号車はリチウムイオン電池の試験車両として使用されたこともありました.

 平成24年12月にモハ601号車は廃車となりました.
 その後もモハ602号車は,ビール列車等のイベント列車として走ることもありましたが,平成29年以降は予備車として基本的には使用されていません.


▲初期塗装の602号車 武生方

▲602号車 福井方


▲名城線の雰囲気が残る運転台
まるはち交通センター
www.maruhachi-kotsu.com


▲車内の様子(イベント列車使用時)


▲車内ワンマン表示と改造銘板

 

 610形が塗り替えられてからも登場時のカラフルな塗装を保ってきた600形ですが,
 平成22年11月に602号車がレトロな塗装へ変更されました.


▲塗装変更後の602号車(居酒屋電車装飾)

▲200形急行塗装車と共に

 

 

 福井鉄道 610形 (2両編成)

  2両組成×1編成=2両在籍
  電動制御車(モハ610)+制御車(クハ610)  編成定員200人(座席92人)

 単行の600形に引き続き,平成11年には2両編成バージョンの610形が登場しました.
 それぞれ片運転台のモハ610とクハ610でペアを組みます.

 登場時は600形と同じカラフルな塗装でした.その後平成17年11月より広告車として黄緑色ベースの塗装になりました.
 広告車解除後は白色ベースの塗装となっています.

 平成18年の元名鉄低床車両導入以降も2両組成の輸送力が買われ,主に通勤・通学ラッシュ輸送に活躍を続けていましたが,平成25〜28年の低床車F1000形「FUKURAM(フクラム)」導入に伴い運用を離脱,平成30年3月に廃車となりました.


▲初期塗装の610形モハ610号車

▲低床の停留所や駅ではステップを出す


▲三代目塗装(現在)
まるはち交通センター
www.maruhachi-kotsu.com

京福/元名鉄グループ福井鉄道/福鉄/Fukutetsu/福井県福井市など

 

画像ギャラリー

 平成21年3月に,福井鉄道様のご協力のもと,600形602号車の貸切運転を行いました.
 その際の撮影会などの画像を紹介します.


▲左が単行600形602 右は2連610形

▲こちらは福井(田原町)側


▲田原町駅にて折返し
まるはち交通センター
www.maruhachi-kotsu.com

主催:名城大学鉄道研究会

 

▼もどる 

 (C)まるはち交通センター製作委員会名古屋市交通局ファンサイト 市営地下鉄の中古車両について