まるはち交通センター
 トップページ地下鉄車両嫁いだ車両アルゼンチン・メトロビアス社
地下鉄車両
 
コンテンツTOP
車両総説・その他
 車両概要・解説
 トピックス
現役車両の紹介
 東山線5050形
 東山線N1000形
 名城線2000形
 鶴舞線3000形
 鶴舞線3050形
 鶴舞線N3000形
 [乗入]名鉄100系
 桜通線6000形
 桜通線6050形
 上飯田線7000形
 [乗入]名鉄300系
引退車両の紹介
 黄電「きいでん」
 東山線5000形
 活躍する譲渡車両
  1高松琴平電鉄
  2福井鉄道
  3アルゼンチン
 


 【南米アルゼンチン:メトロビアス社】C線,D線  計108両移籍(78両+30両)

アルゼンチン メトロビアス社 譲渡車両について

 アルゼンチンの首都,ブエノスアイレス市には6路線の地下鉄が走っています.
 平成5年に営業権が市公社から民間会社「メトロビアス社」に移管された際,約500両保有する車両のうち,8割にあたる約400両の更新が進められました.そのうち半分は中古車で賄うことになっており,始めに営団丸の内線300・500・900各形131両が輸出されました.評判は上々で,この使用実績からさらなる日本の中古車の譲渡が要望され,名古屋市交通局の車両が候補に挙がりました.

 第一弾(平成10〜13年) 黄電78両

 譲渡相手が国内の中小私鉄ではなく地下鉄のため,編成ごとにまとめて譲渡されました.
 仲介は総合商社の丸紅です.

 第1陣(H10年)は東山線311H・315H・317H・319Hと名城線1211Hの6両5編成計30両です.
 始めに名古屋から大阪まで陸送され,大阪車両工業(株)にて改造整備が行われました.

 【改造の主な内容】
  ・カルダン制御オールM(6M)から東洋製IGBT-VVVF制御の4M2Tに改造
  ・TcMM'の3両ユニット化しユニット連結面(3,4両目)に簡易運転台取り付け
  ・DC600V集電靴からDC1500Vシングルアームパンタに取り替え

 以上のみで冷房化はされていません.また車内シートなどもほぼ原型のようです.
 塗装は原色を踏破した濃い山吹色にブラックの帯が入ります.

 大阪で改造後は,現地まで海運され,整備・試運転を経て,平成11年(1999年)3月からC線やD線で運行されました.
 その後D線への新車投入等があり,元黄電はC線に集められました.

 第2陣(H11年)として263H・267H・1205H・1213Hの6両4編成計24両が旅立ち,第3陣(H13年)は333H・335H・337H・1207Hの6両4編成計24両,合計78両が遠く地球の反対側,海の向こうで活躍しました.

 平成26年からは大規模更新改造が施されており,車体の再塗装のほか,車内は照明位置の変更(角部から中央寄りに移設)とLED照明化,座席モケットと床敷物の更新が行われました.

 令和元年に全車引退しています.

 

 
移籍時期 元所属路線 譲渡編成 現地編成記号
第1弾
H10年
東山線 311−853−852−859−854−312
315−856−860−861−863−316
317−849−850−851−864−318
319−862−857−855−858−320  
名城線 1211−1811−1906−1710−1812−1212
第2弾
H11年
東山線 263−756−757−741−742−264
267−748−749−744−763−268
名城線 1205−1805−1903−1616−1806−1206
1213−1813−1907−1704−1814−1214
第3弾
H13年
東山線 333−865−866−867−868−334
335−869−870−871−872−336
337−873−874−875−876−338
名城線 1207−1807−1904−1618−1808−1208

 国内での改造や現地試運転の模様が,大阪車両工業のウェブサイトに掲載されています.


▲元名城線の1207編成 画像はflickrより
 「Diagonal Norte con Nagoya」By galio
 
www.flickr.com/photos/galio/2646999697/

▲更新前の車内の様子 画像はflickrより
 「subte」By : t e l e x a :
 
www.flickr.com/photos/telexa/2236920486/

 

 

 第二弾(平成25年) 東山線5000形30両

 黄電での実績が評価され,黄電の後継車両となる東山線5000形車両の譲渡も行われました.
 対象は5103H,5112H,5115H,5121H,5122Hの6両5編成30両で,平成25年7月に藤が丘工場から搬出され,黄電と同じく大阪車両工業(株)に運び込まれました.

 改造内容も同じで,東洋製IGBT-VVVF制御へ更新,DC600Vから1500V対応へ,集電靴撤去とシングルアームパンタグラフ設置,ナブテスコ製空制品に更新,ユニット連結面(3,4両目)に簡易運転台取り付けが行われました.
 今回は塗装は国内では行われず,方向幕や地下鉄マークはそのまま,黄帯は撤去され,赤茶色にくすんだ車体は銀色ピカピカに磨き上げられた姿で大阪から神戸港に陸送&輸出されました.

 平成27年1月から6月にかけてアルゼンチンに到着し,現地でライン装飾(明るい黄色),ドア装飾(山吹色),現地路線表記が施されました.
 平成27年12月中旬より,C線にて5115Hが営業運転を開始しています.

 
移籍時期 元所属路線 譲渡編成 現地編成記号
第4弾
H25年
東山線 5103−5203−5303−5403−5503−5603
5112−5212−5312−5412−5512−5612
5115−5215−5315−5415−5515−5615
5121−5221−5321−5421−5521−5621  
5122−5222−5322−5422−5522−5622

 

 

 

▼もどる 

 (C)まるはち交通センター製作委員会名古屋市交通局ファンサイト 市営地下鉄の中古車両について