まるはち交通センター
 トップページ地下鉄車両地下鉄東山線5000形
地下鉄車両
 
コンテンツTOP
現役車両の紹介
 東山線5000形
  車体・外観
  車内・内装
  全面広告列車
  廃車車両の行方
 東山線5050形
 東山線N1000形
 名城線2000形
 鶴舞線3000形
 鶴舞線3050形
 鶴舞線N3000形
 桜通線6000形
 桜通線6050形
 上飯田線7000形
 [乗入]名鉄100系
 [乗入]名鉄300系
引退車両の紹介
 黄電「きいでん」
 活躍する譲渡車両

 1号線(東山線)  6両組成×7編成=42両在籍  配置:藤が丘工場
 5100-5200-5300-5400-5500-5600
 電気:第3軌条600V  軌間:1435mm(標準軌)  車長:15m(小型)

東山線 5000形 コンテンツ

 車両詳細
 

車体・外観
車両外観より

車内・内装
客室,運転席の様子
 
 画像ギャラリー


全面広告列車
 ラッピング広告を
 施された車両

廃車車両の行方
 解体搬出の様子

 

 

車 両 概 要

 東山線5000形車両は,昭和55年(1980年)に登場し,名古屋の東西大動脈輸送に活躍しています.

 名古屋市で初めて,昭和32年に開業した地下鉄東山線は,当時は2両組成でした.それ以降,東山線は名古屋の大動脈として急速に成長し,順次1両ずつ増結してゆき,現在では6両組成の,また運転間隔もラッシュ時2分間隔という超過密路線に成長しました.
 この結果,駅やトンネル内部の温度上昇が著しく,それまで非冷房車両のみで運行されていた地下鉄の冷房化が望まれましたが,トンネル断面を小さくするため採用された小型車両がゆえ,車体床面も低く,車体屋根とトンネル天井との余裕もないなど,問題が山積みでした.

 昭和55年,電子技術は進歩し,静止インバータの採用などにより薄形冷房装置の屋根上設置が可能となり,東山線初の冷房車として5000形の量産先行試作車1編成が登場しました.冷房化以外にも,黄電時代からの交通局車両設計基本方針3S(安全Safety,迅速Speedy,静粛Silent)を受け継ぐ一方,省エネルギー,メンテナンスフリーに重点が置かれています.

 その後昭和57年から平成2年にかけて23編成138両が量産・増備され,それまでの古い"黄電"と置き換えられました.
 アルミ車体の近代的な外見ながら,市電時代から続く技術や,他都市の地下鉄では見受けられない"黄電仕様"など,新旧混在した独特の雰囲気がこの車両の特徴です.

 その後増備された5050形と合わせ,50編成で運用されていた東山線ですが,予備編成の見直しに伴う減車措置がとられ,平成16年3月27日に打子式ATSからATCに保安装置が切り替えられた際に,5101編成と5102編成にATC車上装置が取り付けられることなく,除籍・廃車となりました.また平成20年3月から後継車両N1000形の運転が始まり,続々と運用を離脱しています.

 

 

5000形 編成表

 23編成138両あった5000形も,N1000形による代替が急速に進み,平成27年には全廃となる見込みです.
 表中の廃車とは,運用を離脱した編成のことで,解体処分されたもの,車庫内で留置されたままのものがあります.

導入 車体
艤装
主電動
機・

制御
廃車時期
1次車 S55年 5101 − 5201 − 5301 − 5401 − 5501 − 5601 日車 H16年 3月
2次車 S57年 5102 − 5202 − 5302 − 5402 − 5502 − 5602 日車 三菱 H16年 4月
5103 − 5203 − 5303 − 5403 − 5503 − 5603 日車 三菱 H25年 7月
5104 − 5204 − 5304 − 5404 − 5504 − 5604 日車 三菱 H24年 8月
5105 − 5205 − 5305 − 5405 − 5505 − 5605 日車 三菱 H21年12月
5106 − 5206 − 5306 − 5406 − 5506 − 5606 日車 三菱 H20年 3月
5107 − 5207 − 5307 − 5407 − 5507 − 5607 日車 日立 H22年10月
5108 − 5208 − 5308 − 5408 − 5508 − 5608 日車 日立  
5109 − 5209 − 5309 − 5409 − 5509 − 5609 日立 日立  
5110 − 5210 − 5310 − 5410 − 5510 − 5610 日立 日立 H21年 3月
5111 − 5211 − 5311 − 5411 − 5511 − 5611 日立 日立 H24年 9月
3次車 S58年 5112 − 5212 − 5312 − 5412 − 5512 − 5612 日車 日立 H24年11月
4次車 S59年 5113 − 5213 − 5313 − 5413 − 5513 − 5613 日車 三菱  
5114 − 5214 − 5314 − 5414 − 5514 − 5614 日立 日立  
5次車 S60年 5115 − 5215 − 5315 − 5415 − 5515 − 5615 日車 三菱 H24年12月
5116 − 5216 − 5316 − 5416 − 5516 − 5616 日立 日立  
6次車 S61年 5117 − 5217 − 5317 − 5417 − 5517 − 5617 日車 三菱 H24年 8月
5118 − 5218 − 5318 − 5418 − 5518 − 5618 日立 日立 H25年10月
7次車 S62年 5119 − 5219 − 5319 − 5419 − 5519 − 5619 日車 三菱 H25年10月
5120 − 5220 − 5320 − 5420 − 5520 − 5620 日車 日立  
8次車 S63年 5121 − 5221 − 5321 − 5421 − 5521 − 5621 日車 三菱 H25年 5月
5122 − 5222 − 5322 − 5422 − 5522 − 5622 日立 日立 H25年 6月
9次車 H2年 5123 − 5223 − 5323 − 5423 − 5523 − 5623 日車 三菱  

 ※1次車(S55年製)5101編成の主電動機・制御器は2メーカーが製造を担当しています.
  (5201,5301号車は三菱/5401,5501号車は日立)

 

主 要 諸 元 表

 車体全長は鶴舞線20mに対して東山線15.6m,幅も鶴舞線2.75mに対して東山線2.5mと,小形車両となっています.
 4M2Tの6両固定編成で,3両1ユニットとして機器を分散配置しています.
 AVFチョッパ制御で,車輪は市電時代から続く弾性車輪を採用しています.

←藤が丘 高畑→
形 式 5100形 5200形 5300形 5400形 5500形 5600形
車 種 Tc1制御車 M2電動車 M1電動車 M1'電動車 M2'電動車 Tc2制御車
自重 22.0t 24.2t 24.2t 24.2t 24.2t 22.0t
定員(座席) 110人(38席) 115人(44席) 110人(38席)
車体寸法 長さ15,580mm× 幅2,508mm(2,546mm)× 高さ3,440mm
床面高さ 960mm
出 入 口 幅1,300mm× 高さ1,850mm  片側3カ所/両
台 車 ペデスタル式空気バネ台車 固定軸距1,800mm
台車形式 TN-10T TN-10M TN-10M TN-10M TN-10M TN-10T
車 輪 剪断形(SAB)弾性車輪 φ763mm
基礎ブレーキ 油圧式ディスクブレーキ
駆動装置 WN平行軸カルダン駆動(5200〜5500)
主電動機 直流直巻電動機 95kW×4(5200〜5500)
制御装置 自動可変界磁式(AVF)チョッパ制御 回生ブレーキ付(5300,5400)
ブレーキ装置 MBS-R 電気指令式電空併用ブレーキ
補助電源装置 直接12相接続三相インバータ75kVA(5100,5600)
冷房装置 天井集約分散形(12,500Kcal/h × 2台/両)
列車無線装置 誘導無線式
信号保安装置 (登場時)打子式ATS →(現在)車内信号式ATC

 

 

▼もどる 

 (C)まるはち交通センター製作委員会名古屋市交通局5000形