まるはち交通センター
 トップページ地下鉄車両地下鉄鶴舞線3000形
地下鉄車両
 
コンテンツTOP
車両総説・その他
 車両概要・解説
 トピックス
現役車両の紹介
 東山線5050形
 東山線N1000形
 名城線2000形
 鶴舞線3000形
  車体・外観
  編成表/主要諸元
  車内・内装
  乗務員室
  企画・装飾列車
  廃車車両の行方
  
 鶴舞線3050形
 鶴舞線N3000形
 [乗入]名鉄100系
 桜通線6000形
 桜通線6050形
 上飯田線7000形
 [乗入]名鉄300系
引退車両の紹介
 黄電「きいでん」
 東山線5000形
 活躍する譲渡車両

 3号線(鶴舞線)  6両組成×5編成=30両  配置:日進工場 
 3100-3200-3100A-3200-3700-3800 又は 3100-3200-3700-3800A-3700-3800
 電気:架空線式DC1500V  軌間:1067mm(狭軌)  車長:20m(大型)

鶴舞線 3000形 コンテンツ

 車両詳細


車体・外観
 車両外観より

主要諸元
 編成表,諸元

車内・内装
 客室内

乗務員室
 運転席,運転機器

 画像ギャラリー


企画・装飾列車
 記念装飾
 ステッカー掲出

廃車車両の行方
 廃車搬出の様子

 

 

車 両 概 要

 鶴舞線3000形は,昭和52年の鶴舞線開業時より活躍する,現時点における交通局最古参の車両です.

 3000形誕生の経緯

 交通局初の冷房車で,車体側面のコルゲード板が特徴のセミステンレスの軽量車体です.
 計画段階から名鉄との相互直通運転を予定していたため,車両構造や仕様について名鉄と協議を行い,車両寸法や車両性能などを統一して車両設計を行っています.
 そのため,東山線や名城線とは異なる軌間1,067mm(狭軌)や直流1500Vの架空線式,車体長20mの大型車両となりました.

 昭和52年(1977年)の伏見〜八事間部分開業のために1次車36両を製造して以降,昭和53年八事〜赤池間延伸用16両,昭和56年浄心〜伏見間延伸用16両,昭和59年庄内緑地公園〜浄心延伸用に24両が追加投入され,合計で4両組成23編成92両が製作されました.
 その後,平成5年(1993年)の犬山線との相互直通を機に,先頭車16両を中間車化改造し,4両組成23編成体制から6両組成15編成体制へと編成組み替えが行われました.
 余剰となった2両は新造の3050形(3159H)に組み込まれています.

 

 後継N3000形の登場と3000形の今後

 鶴舞線開業時より活躍してきた3000形も登場から40年以上が経過し,車体や足回りの老朽化が進んでいます.
 そこで3000形の更新を目的として,平成23年より後継車両となるN3000形の導入が進められています.
 平成24年には更新第1号として3102編成が廃車となりました.

 以降,毎年1〜2編成ずつ更新が進められており,令和元年10月までに3000形10編成と,3000形を中間車に組み込んだ3050形3159編成が廃車となりました.

 残る3000形5編成についても,引き続きN3000形の投入によって,令和5年(2023年)3月までに車両更新を終える方針となっています.
 撮影・記録やお別れ乗車はお早めにお済ませください.

 

 

▼もどる 

 (C)まるはち交通センター製作委員会名古屋市交通局ファンサイト/市営地下鉄3000形/名市交3000系