まるはち交通センター
 トップページ地下鉄路線3号線:鶴舞線車両運用表
地下鉄路線
 
コンテンツTOP
営業路線の紹介
 東山線
 名城線・名港線
 鶴舞線
  路線概要・建設史
  駅施設
  線路配線図
  ダイヤ・運行方式
  車両運用表
 
 桜通線
 上飯田線
地下鉄駅の紹介
 東山線の駅
 名城線・名港線
 鶴舞線の駅
 桜通線の駅
 上飯田線の駅
市営地下鉄資料集
 地下鉄車両基地
 各種データ集
 トピックス
 地下鉄新線計画
 地下鉄建設史

 高速度鉄道第3号線(上小田井〜赤池間)  駅数:全20駅   営業キロ20.4km
 所要時間35分   ATCツーマン運転   20m車×6両組成   ラインカラー:
青色

車両運用の概要

 鶴舞線の所属25編成のうち,平日朝4分間隔運転時に使用するのは21編成です.出庫数ならびに夜間留置数は表2の通りです(車庫留置19編成,本線留置6編成).
 朝ラッシュを終えると11編成は順次入庫してゆき,昼間7.5分間隔運転時に使用するのは10編成のみです.
 夕ラッシュ前には8編成が出庫し,合計18編成で5分間隔運転を行います.
 休日の昼間10分間隔運転時に使用するのは8編成のみで,17編成は車庫に留置されます.

表1 鶴舞線使用列車数
   朝   昼間   夕方 
平日 21 10 18
休日 13 8 10
表2 鶴舞線 朝の出庫数
  検査/予備 日進工場 上小田井駅 浄心駅 八事駅 赤池駅
平日 4 15 2 1 1 2
休日 12 7 2 1 1 2

 

 名鉄が所有する相直車両11編成のうち,平日朝に使用するのは9編成です.出庫数ならびに夜間留置数は表4の通りです(車庫留置4編成,本線留置7編成).
 朝ラッシュを終えると3編成が入庫し,昼間に使用するのは6編成のみです.夕ラッシュ前には1編成が出庫します.
 休日の昼間に使用するのは6編成のみです.

表3 名鉄使用列車数
   朝   昼間   夕方 
平日 9 6 7
休日 8 6 6
表4 名鉄 朝の出庫数
  検査/予備 犬山検車場 柏森駅 岩倉駅 豊田市駅 猿投駅 土橋駅
平日 2 2 1 1 2 1 2
休日 3 2 1 1 2 0 2

 

 

車両運用表(現在)

 鶴舞線の車両運用の一覧表です.PDFファイルで公開しています.
 (令和2年5月ダイヤ修正版)

 時刻表ベース

 始発駅(上小田井駅もしくは赤池駅)の駅時刻表を掲載しています.

   
 

 

 

 車両運用ベース

 運用記号ごとの運行ダイヤ(入出庫時刻と場所)です.

 

 

 

 運用記号 解説

 鶴舞線の運用記号は,地下鉄車両が01〜,名鉄車両が50〜と決まっています.
 地下鉄の運用記号は01から順に,上小田井出庫,途中駅出庫,赤池出庫の順に,それぞれ発車時刻順に番号が振られています.
 午後出庫は赤池のみあります.
  【平日】上小田井01〜02,浄心03,八事04,赤池05〜21(朝),22〜31(午後)
  【休日】上小田井01〜02,浄心03,八事04,赤池05〜13(朝),14〜16(午後)

 名鉄の運用記号は,豊田線を出発する運用が50から,犬山線を出発する運用が60から順に,それぞれ発車時刻順に番号が振られています.
  【平日】豊田市50〜54,岩倉・柏森・犬山60〜63,柏森64(午後)
  【休日】豊田市50〜53,岩倉・柏森・犬山60〜63,犬山64(午後)

 ・下りは上小田井発赤池方面,上りは赤池発上小田井方面です
 ・運用記号は車両の前面に2桁で表示されています
 ・出庫から入庫までを1運用としていますが,車両交換やダイヤ乱れなどの突発的な車両交換は,充当編成が替わった場合でも運用記号は同じです.

 ※掲載の情報は,管理人が調査&皆様から寄せられた情報を元にしており,公式情報ではありません.
 
※車両運用に関する交通局へのお問い合わせはご遠慮ください.
 ※また運用は突発的に変更される場合があります.

 

 

特殊な車両運用 解説

 名鉄車の車両交換

 鉄道車両は検査のため,定期的に検査設備を有する車庫に入庫しなければなりません.
 このため,地下鉄車の運用は日中時間帯でも入出庫があるなど検査周期を考慮した車両運用となっています.
 一方,名鉄車の運用は基本的に朝から夜までの通し運用が多く,また日中の運用区間内(岩倉〜豊田市)に車庫が有りません.
 そこで,日中に車庫のある猿投から豊田市まで,犬山から岩倉までを回送で走らせ,豊田市駅や岩倉駅で車両を差し替えることが頻繁に行われています.


▲名鉄豊田市駅での運用(50記号)差し替えの様子
 

 

 

 名鉄車の清算運用

 基本的に相互直通乗入れでは,2社局の車両走行距離が同じになるよう車両運用が組まれています.
 しかしながら全く同じにするのは難しく・・・現在の地下鉄鶴舞線と名鉄犬山・豊田線の車両運用では,地下鉄車両の総走行距離が若干長くなっています.
 このため,総走行距離の調整のため,地下鉄車の運用を名鉄車が代走することで,走行距離の差を清算することがあります.
 最近では土日ダイヤの7記号が清算運用に使用されることが多いようです.


▲地下鉄運用(22記号)で走る名鉄車
 

 

 

近年のダイヤ改正履歴

 平成29年6月17日 名鉄線内の車両運用変更に伴い,地下鉄直通列車(名鉄車のみ)にも運用変更あり.
 (岩倉〜布袋間の回送を平日2往復,休日1往復追加)

 令和2年5月下旬 名鉄線内の車両運用変更に伴い,地下鉄直通列車(名鉄車のみ)にも運用変更あり.
 (上記,岩倉〜布袋間の回送を取りやめ→岩倉折返し)

 

 

▼もどる 

 (C) まるはち交通センター製作委員会名古屋市営地下鉄鶴舞線ファンサイト/地下鉄3号線