まるはち交通センター
 トップページ地下鉄路線3号線:鶴舞線駅施設の概要
地下鉄路線
 
コンテンツTOP
営業路線の紹介
 東山線
 名城線・名港線
 鶴舞線
  路線概要・建設史
  駅施設
  線路配線図
  ダイヤ・運行方式
  車両運用表
 
 桜通線
 上飯田線
地下鉄駅の紹介
 東山線の駅
 名城線・名港線
 鶴舞線の駅
 桜通線の駅
 上飯田線の駅
市営地下鉄資料集
 地下鉄車両基地
 各種データ集
 トピックス
 地下鉄新線計画
 地下鉄建設史

 高速度鉄道第3号線(上小田井〜赤池間)  駅数:全20駅   営業キロ20.4km
 所要時間35分   ATCツーマン運転   20m車×6両組成   ラインカラー:
青色

鶴舞線 駅サインや案内表記

 鶴舞線は,上小田井〜赤池間20.4kmに20駅が設けられています.平均駅間距離は1.076kmです.

 駅サイン

 鶴舞線各駅とも,ラインカラーの水色を用いたサインが使用されています.

 優先席は中間車の場合,各車両の両端部に設けられていますが,鶴舞線を走る3000形は中間車に元先頭車から改造した車両を組み込んでいるため,優先席の配置が特殊になっています.このため,鶴舞線ホームの乗車口案内のうち,3000形元先頭車がくる可能性のある乗車口(9番,16番)では,優先席が表示されていません.


▲鶴舞線駅名標

▲路線案内表示


▲乗車口案内 優先席表示が少ない

 

 

 旅客案内装置・接近メロディ

 ホームのLED式案内装置の整備は最も遅く,平成24年2月より使用を開始しました.
 平成19年3月導入の列車接近メロディは,赤池方面が「サンライト」,上小田井方面が「ファンタジー」です.


▲鶴舞線ホームに設置されたLED案内表示器

 

 

鶴舞線の駅デザイン

 昭和40年代〜50年代の比較的短い期間でほぼ全線が建設されており,各駅とも昭和後期の雰囲気を感じさせます.
 この路線から既設路線や埋設管路との交差が多くなり,特に交差駅においては深い位置にホームがあります.

 昭和50年代の駅

 (記事作成中)

 

 

鶴舞線 特有の駅施設

 .

 20m車×8両対応ホーム

 開業当初より名鉄線との相互直通運転が予定されていたことから,軌間1067mmで架空電車線方式としています.
 また,将来の需要増を見越して,ホームは20m車8両対応で建設されています(開業当初は4両組成,現在は6両組成).

 

 

 可動式ホーム柵(整備計画)

 .

 

 

鶴舞線の駅一覧

 鶴舞線は20駅あります.
 各駅の詳細は
別ページをご覧ください.

駅記号 駅名称 区間キロ 開業年度 ホーム形状 所在地 管区駅 直営/委託 連動駅 夜間留置
T01 上小田井 0.0 H5 島式 西区 名鉄 名鉄 2編成
T02 庄内緑地公園 1.4 S59 相対式 西区 運転区 直営  
T03 庄内通 1.3 S59 島式 西区 上前津 直営    
T04 浄心 1.4 S56 相対式 西区 運転区 直営 1編成
T05 浅間町 0.8 S56 相対式 西区 上前津 直営    
T06 丸の内 1.4 S56 島式 中区 今池 直営  
T07 伏見 0.7 S52 相対式 中区 上前津 直営    
T08 大須観音 0.8 S52 相対式 中区 上前津 直営    
T09 上前津 1.0 S52 相対式 中区 上前津 直営    
T10 鶴舞 0.9 S52 相対式 中区 上前津 直営  
T11 荒畑 1.3 S52 相対式 昭和区 上前津 直営    
T12 御器所 0.9 S52 相対式 昭和区 桜本町 直営    
T13 川名 1.2 S52 相対式 昭和区 八事 直営    
T14 いりなか 1.0 S52 相対式 昭和区 八事 直営    
T15 八事 0.9 S52 島式 昭和区 八事 直営 1編成
T16 塩釜口 1.4 S53 島式 天白区 八事 直営    
T17 植田 1.2 S53 相対式 天白区 八事 直営    
T18 0.8 S53 相対式 天白区 八事 直営    
T19 平針 0.9 S53 相対式 天白区 八事 直営    
T20 赤池 1.1 S53 島式 日進市 運転区 直営 2編成

 

 

▼もどる 

 (C) まるはち交通センター製作委員会名古屋市営地下鉄鶴舞線ファンサイト/地下鉄3号線