まるはち交通センター
 トップページ市バス路線終点の風景栄バスターミナル(過去の様子)
市バス路線
 
コンテンツTOP
常設系統の紹介
 一般系統紹介
 基幹バス
 ガイドウェイバス
 トピックス
 各種データ集
臨時輸送・貸切輸送
 急行・臨時バス
 迂回運行の記録
 市バス貸切輸送
バス停・関連施設
 営業所(車庫)
 終点の風景
  千種区の回転場
  東区 の回転場
  北区 の回転場
  西区 の回転場
  中村区の回転場
  中区 の回転場
  昭和区の回転場
  瑞穂区の回転場
  熱田区の回転場
  中川区の回転場
  港区 の回転場
  南区 の回転場
  守山区の回転場
  緑区 の回転場
  名東区の回転場
  天白区の回転場
主要バスターミナル
  名古屋駅BT
  名古屋駅(過去)
  栄BT
  栄BT(過去)
  金山BT
 
 バス停図鑑
 関連施設・設備

 
 栄バスターミナル
  → 市営地下鉄東山線,名城線 栄駅,名古屋鉄道瀬戸線 栄町駅
  → 名古屋市中区

栄地区バスターミナルの歴史

 「栄地区」は,百貨店等商業施設が立ち並ぶ,古くからの名古屋市の中心繁華街です.
 東西方向の主要道路「広小路通」「錦通」と,南北方向の主要道路「大津通」「久屋大通」が交差すると共に,地下鉄路線も東山線と名城線が交差するなど,交通の要衝でもあります.

 市バス路線も,東西南北方向,市内各地から集まってきており,(令和元年現在)25系統が栄を起点としています.

 昭和42年3月,100m道路こと久屋大通の巨大な中央帯を活用して,「栄(噴水南)バスターミナル」が開設され,主に市南部方面へのバス路線の起点となりました.
 しかし,
市南部方面以外へのバス路線は,引き続き栄地区の路上に分散配置されており,利用者の不便や交通の輻輳を招いていました.

 そこで,路上のりばの起点を集約することになり,平成14年10月に「栄(オアシス21)バスターミナル」が開設され,主に市南部方面以外のバス路線の起点となりました.
 以降,
「噴水南」「オアシス21」2箇所のバスターミナルにて運用されてきました.

 

 当ページでは平成31年3月まで運用された「栄(噴水南)バスターミナル」を紹介します.

 平成14年から現在も運用されている「栄(オアシス21)バスターミナル」は別ページをご覧ください.


▲栄地区バスターミナル配置図(H14〜H30)

▲市バスのりば案内図

 【お断り】
 都市計画上の「栄バスターミナル」とは,「オアシス21バスターミナル」のことを指しており,「噴水南バスターミナル」は中央帯に位置する路上停扱いです.
 当サイトでは,便宜上,オアシス21も噴水南も「バスターミナル」と表記しています.

 

 

栄(噴水南)バスターミナル(平成31年3月廃止)

  乗車停×5  降車停×1  待機バース:8台

 噴水南のりばの様子(昭和42年3月〜平成31年3月)

 かつて,栄を発着する市バスは全て路上停留所を発着していましたが,
 昭和42年3月,100m道路こと久屋大通の巨大な中央帯を活用して,
「栄(噴水南)バスターミナル」が開設されました.

 以降,平成14年のオアシス21開業まで,基幹バスが発着するなど栄地区唯一のバスターミナルとして,平成31年のオアシス21機能拡張までは市南部方面へのバス路線の起点として使用されてきました.

 平成31年3月24日終バスをもって閉鎖されました.


▲100m道路(久屋大通)
 道路中央は久屋大通公園となっている


▲公園中の噴水南のりば
 ハ字形のバスターミナル


▲噴水南のりば(南側出入口より)


▲噴水南のりば全景(南側出入口より)


▲噴水南のりば全景(北側より)


▲バス待機スペース


▲東側 17番〜19番のりば


▲西側 21番〜22番のりば,降車停


▲西側 21番〜22番のりば

 

 

 

噴水南BT閉鎖後の様子

 栄噴水南バスターミナル閉鎖後の様子を随時紹介します.

 暫定活用(令和2年2月〜)

 久屋大通公園・南エリアの本格整備までの間の,噴水南のりば跡地暫定活用(3年間程度)策として,オープンスペース「ミツコシマエ ヒロバス」が令和2年2月22日に開業しました.
 名称は,バスターミナル跡地としての記憶にちなんだ「バス」を合わせた造語となっています.


▲北地区の再開発が終わった久屋大通
 噴水以南はこれから

▲暫定活用中の噴水南BT跡地


▲BT跡地の暫定活用広場「HIROBAs」
 ハ字形のBT形状が残る


▲競技場を模した広場と店舗2箇所を整備

 

 

▼もどる 

 (C)まるはち交通センター製作委員会