まるはち交通センター
 トップページ市バス路線終点の風景名古屋駅バスターミナル(現在)
市バス路線
 
コンテンツTOP
常設系統の紹介
 一般系統紹介
 基幹バス
 ガイドウェイバス
 トピックス
 各種データ集
臨時輸送・貸切輸送
 急行・臨時バス
 迂回運行の記録
 市バス貸切輸送
バス停・関連施設
 営業所(車庫)
 終点の風景
  千種区の回転場
  東区 の回転場
  北区 の回転場
  西区 の回転場
  中村区の回転場
  中区 の回転場
  昭和区の回転場
  瑞穂区の回転場
  熱田区の回転場
  中川区の回転場
  港区 の回転場
  南区 の回転場
  守山区の回転場
  緑区 の回転場
  名東区の回転場
  天白区の回転場
主要バスターミナル
  名古屋駅BT
  名古屋駅(過去)
  栄BT
  金山BT
 
 バス停図鑑
 関連施設・設備

 
 名古屋駅バスターミナル
  → 市営地下鉄東山線,桜通線 ,JR東海道新幹線,東海道線,中央線,関西線,
      名古屋鉄道本線 ,近畿日本鉄道名古屋線 名古屋駅
  → 名古屋市中村区

名古屋駅バスターミナル(2代目:平成29年開業)

 平成29年4月1日,二代目となる「名古屋駅バスターミナル」が開業しました.

 JR東海によるJRゲートタワービル(旧ターミナルビル跡地:南エリア),日本郵便などによるJPタワー名古屋(旧名古屋中央郵便局等跡地:北エリア)2つの高層ビル新築に合わせて建設されたもので,名古屋駅の交通結節点としてのターミナル機能強化と利便性向上を目的として,両高層ビルの地上1階部分に設置されています.


▲名古屋駅周辺バスターミナル位置図

▲高層ビル群とBTの位置関係


▲名古屋駅東口市バスのりば案内図


▲バスターミナル内の案内図

 

 バスターミナル出入口

 新バスターミナルの出入口の位置は旧バスターミナル時代から変わらず,広大な交差点「中央郵便局交差点」に面しています.
 バス専用出入口のほか,JRゲートタワー地下荷捌場へ続く車路が設けられています.


▲JRゲートタワー側 出入口はこちら
 


▲出入口の様子
 バスのほか,ビル業務用車路もある


▲出入口拡大
 降車×6停の空車表示器もある

 

 バスターミナル内(総合案内板)

 バスターミナル内には,交通局の総合案内板が3カ所設置されています.
 このうち1箇所はタッチパネル式液晶モニター付きで,日本語・英語・ハングル・中国語による案内や観光情報提供が可能です.
 バス路線図は新タイプのデザインとなっています.


▲観光案内機能付き総合案内板
 


▲タッチパネル液晶画面の様子
 多言語による各種案内が可能


▲交通局ウェブサイト(スマホページ)も利用可


▲総合案内板(降車停のもの)


▲新デザインの路線図を掲載

 

 バスターミナル内(市バス降車所)

 バスターミナルに入ってすぐ,降車所が連続して6バース(降車1〜降車6)設けられています.
 ガラスによって降車部と通路部が仕切られていますが,乗車停と違って扉はありません.

 バス利用者向け施設として,コインロッカー(JRビル内なのでICカードはTOICA)と,バスターミナル内で唯一となるトイレが設置されています.
 また2店舗が営業しています.


▲バスターミナル入口(車路)

▲バスターミナル入口(通路部)


▲市バス降車所:中間エリア(通路部)


▲市バス降車所:中間エリア(車路)


▲案内板とコインロッカー


▲降車所に設置されたBT内唯一のトイレ


▲市バス降車所:最奥エリア(車路)


▲市バス降車所:最奥エリア(通路部)

 

 バスターミナル内(7番〜12番のりば)

 市バス降車所の最奥部,降車1番停の先で90度右に曲がった先に,のりば12番〜1番がU字形に配置されています.
 のりばエリアはガラス戸で車路と通路部が仕切られており,市バス利用者は排ガスや強風に晒されずバスを待つことができます.
 ただし,縁切りされた2つのビルにまたがって設置されているため,気密性が保てないことから,栄オアシス21バスターミナルのような空調設備は設置されていません.

 バスターミナル西側には7番から12番のりばが配置されています.
 10番のりば付近でビルが別れており,空を見ることができます.

 H29年の開業時,最も駅から近く利便性の高い12番のりばは,施設所有者であるJRが抑えているものの未使用で,市バスはその先にある11番のりば以降を利用しています.

 西側のりばには出入口は無く,壁の窪みに自動販売機が設置されています.


▲西側7番〜12番のりば(通路部)を南側より望む

▲のりばまで長距離移動を強いられる


▲西側7番〜12番のりば(車路)を南側より望む


▲壁の窪みに設置された自動販売機群


▲最も利便性が高いが未使用のJRバスのりば


▲11番のりば(メーグル専用)


▲10番のりば(基幹2号系統用)


▲バスは中乗りだがBT自動扉は前扉位置にある不親切設計


▲9番のりば(栄方面)


▲のりば上部に設置された液晶案内
 案内表示とバスLED表示が一致しない不親切設計


▲西側7番〜12番のりば(通路部)を北側より望む


▲西側7番〜12番のりば(車路)を北側より望む


▲西側8番〜12番のりば


▲西側7番のりばの様子

 

 バスターミナル内(1番〜6番のりば)

 バスターミナルの最北端(最奥部)で,車路・通路共にUターンします.
 最奥部にも,のりばが1箇所(6番のりば)設置されています.

 バスターミナル東側には1番から5番のりばが配置されています.
 西側のりばにはJPタワーへの出入口が設置されており,待ち時間等にJPタワー内の店舗やベンチ,トイレを使用することができます.
 バスターミナル内(通路部)には施設は設置されていません.

 3番のりば付近でビルが別れており,空を見ることができます.また地下には名鉄本線トンネルが走っており,車路と仕切られていない3番のりば付近では,名鉄電車が走る音が響いてきます.


▲最北端(最奥部)の6番のりば(通路部)

▲最北端(最奥部)の6番のりば(車路)
 左側すりガラスの向こうは再開発から取り残された住宅街がある


▲東側1番〜5番のりば(通路部)を北側より望む


▲東側1番〜5番のりば(車路)を北側より望む


▲東側1番〜5番のりば(車路)を南側より望む
 左側は待機スペース


▲東側1番〜5番のりば(車路)
 JR高層ビル下とJP低層ビル下で柱構造が異なる


▲4番のりば(中川区方面)


▲各のりばに時刻表と液晶表示板を設置


▲3番のりばの液晶表示


▲3番のりば ビルの境に位置する


▲3番のりばと総合案内板


▲広い空間のある東側2番のりば付近
 上空は2棟の屋根が組み合わさる
 奥は東側3番〜5番のりば


▲広い空間のある東側2番のりば付近


▲東側1番・2番のりば
 各ビル接続口もある

 

 バスターミナル内(市バス待機スペース)

 バスターミナル中央部には,バス待機スペースが8バース設けられています.
 このうち待機1番〜3番は車路と平行(のりば1番〜2番付近)にJRゲートタワービル壁際に設置されています.
 待機4番〜8番は,車路と直角に,JPタワー柱間に設置されています.


▲待機1番〜3番(車路右端) 車路と平行設置
 


▲待機4番〜8番(柱間) 車路と直角設置


▲待機4番〜8番(柱間)


▲待機4番〜8番(柱間)


▲待機4番〜8番(柱間)

 

 

名古屋駅バスターミナルへのアクセス方法

 名古屋駅バスターミナルは,地上1階レベルに集約配置されており,案内看板に順って歩けば迷う(辿り着けない)ことはありません.
 ただし,名古屋駅周辺は高層ビルが連続して建っており,バスターミナル全体がビル中に設置されL字型に曲がった形をしているため,どのあたりにバスターミナルがあるのか,空間的に把握しづらく,コツを掴まないと遠回りすることになります.

 北(ルーセント方面)からのアクセス

 名古屋駅の北部方面(ルーセントタワー方面)からバスターミナルへ向かう場合は,ルーセント地下通路ではなく地上を歩いて行くと便利です.
 JPタワーの北東角に辿り着いたら,B1階や2階へ続く階段ではなく,何も案内の無い建物と建物の隙間空間からJPタワーの奥へ進みます.
 その先にJPタワー1階入口があり,右側の店舗横にバスターミナルの入口があります.


 


▲JPタワー北東角の様子


▲2階ESと地下階段の隙間から奥に進む

 

 南(駅方面)から1番〜6番のりばへのアクセス

 バスターミナルは全て1階に施設配置されているため,地上1階レベルを歩いてアクセスすることができます.一方で車路で分断されているため,地上レベルでのみアクセスしようとすると,場所によっては非常に遠回りすることになります.
 そこで,地上2階レベルの動線や,地下1階レベルの動線を活用することが,移動距離を短縮させるためのポイントになります.

 南方面(駅方面)から1番〜6番のりばに向かう場合,案内看板に沿って地上1階を移動すると,バスターミナルをぐるりと一周することになります.
 そこで,JR中央コンコース金時計前のエスカレーターや,ゲートタワー前のエスカレーターを利用して,地上2階デッキに上がります.2階デッキをゲートタワー方面に向かい,ゲートタワー2階入口から建物内に入ります.

 JRゲートタワーとJPタワーは,1階のバスターミナルで南北の通り抜けが出来なくなる代替として,JRデッキと接続する2階レベルで建物内通路を整備することで南北動線とするコンセプトで建設されており,商業施設の営業時間外でも建物内2階通路を通行することができます.

 ゲートタワー内2階通路を進んだ先に,市バスターミナルの案内看板のあるエスカレーターを降りると,バスターミナル2番のりば付近に出ることができます.

 地下鉄東山線名古屋駅(地下)から1番〜6番のりばに向かう場合,ゲートウォークから続くゲートタワー内地下通路をJPタワーに向かって進みます.そのままJPタワー内に入り,JPタワー内のエスカレーターでJPタワー1階に上がると,広い吹抜空間の先にバスターミナルの入口があります.
 バスターミナルに沿って,JPタワー1階には店舗やベンチが並んでおり,バス待ち時間がある場合はここで過ごすことも可能です.



▲ゲートタワー1階南側の外観


▲(1)桜通口1階からゲートタワー2階に続くES


▲(2)ゲートタワー2階入口


▲(2)ゲートタワー2階入口(建物内)
 建物内を南北に貫く通路を活用する


▲ゲートタワー2階中心部
 案内サインは無いが経路選択の交差点
 1-6番のりばは,3階上りESの奥にある


▲(3)バスターミナル1〜6番のりばに降りるES
 JPタワー接続部のすぐ脇にある
 BTとESは屋外なので風除室付き


▲(6)地下1階のJPタワー入口


▲(7)JPタワー1階広場空間


▲(7)JPタワー1階広場空間に面したBT入口


▲(8)JPタワー1階店舗とベンチ

 

 南(駅方面)から6番〜11番のりばへのアクセス

 南方面(駅方面)から6番〜11番のりばに向かう場合,案内看板に沿った地上1階レベルの移動のみで到達することができます.
 JR名古屋駅やJRタワーズ内からバスターミナルに向かう場合は,JR桜通改札口から北へ続く細く混雑した通路(ATMコーナーがある通路)を経由すると,直線的に最短ルートでバスターミナルに向かうことができます.

 名鉄駅など桜通口(屋外)からバスターミナルに向かう場合は,ゲートタワー1階の人通りの少ない入口から建物内に入り,一旦バスターミナルの降車所へ抜けてからのりばへ向かいます.

 2階デッキからバスターミナルに向かう場合は,ゲートタワー2階入口から建物内に入り,2階通路を進んだ先の交差点を左折し,奥まった場所にあるエスカレーターを降ります.

 地下鉄東山線名古屋駅(地下)から6番〜11番のりばに向かう場合,ゲートウォークから続くゲートタワー内地下通路をJPタワーに向かって進みますが,JPタワー内には入らず,その手前のエスカレーターでゲートタワー1階に上がり,一旦バスターミナルの降車所へ抜けてからのりばへ向かいます.


 
▲(1)


▲(2)JRタワーズ内通路から見たBT入口


▲(3)桜通口(屋外)1階からは,右の2階行きESではなく,その奥にある1階入口に進む


▲(3)ゲートタワー1階入口
 突き当たりがBT降車所


▲(4)ゲートタワー2階通路の交差点
 左奥のESを降りると1〜6番のりばへ,左折して奥のESを降りると7番〜12番のりばへ続く


▲(5)左折して奥にあるマイナーES
 7番〜12番のりばへ続く


▲(6)地下鉄直結のゲートタワー地下通路
 7〜11番のりばはゲートタワー内ESが最短ルート
 案内サインに従うと遠回りさせられる
 

 

 

名古屋駅バスターミナルの課題

 新「名古屋駅バスターミナル」を一言で表すならば,”最強・最悪の役所”たるJR東海と,”何をやっても中途半端な事しかできない役所”たる名古屋市交通局がコラボした,「最強・最悪に中途半端なお役所的バスターミナル」であると言えます.

 (1)のりば案内と路線案内が別々
 利用者がバスのりばを確認する時,「乗りたい路線が何番のりば」で「ドコにあるのか」を同時に探します.
 しかしながら,名古屋駅バスターミナルの場合,施設管理者たるJRが設置した「のりば番号案内」のみで,市バス路線案内の併記が無いなど,乗り入れ事業者のことは考慮されていません.
 開業時点では,JR設置の「のりば番号案内」の横に交通局作成のポスターを貼ることで対応しています.


▲施設管理者と乗入れ事業者の関係を象徴するかのような縦割り掲出物
 

 (2)中途半端な総合案内板
 上記課題に対し,交通局では総合案内板をBT内に3箇所設置したとPRしています.
 しかしながら,施設管理者たるJRに配慮したのか,JRから辺鄙な場所しか充てがわられなかったのか,総合案内板の設置箇所が壁の窪みであったり,サイズが小さかったり,インフォメーションのサインも無く,初めてバスターミナルを訪れた利用者がその存在に気づくことは容易ではありません.
 本来,バスの総合案内板があるべきバスターミナル出入口近傍の一等地は,自社ビルを中心とした商業施設案内が設置されています.
 また他のバスターミナルでは総合案内板に集中掲出されている時刻表が,名古屋駅バスターミナルでは無く,はるばる数百m離れたのりばまで出向かなければバス発車時刻を知ることができません.


▲壁に隠れた総合案内板,自動販売機より目立たない,通路に飛び出たインフォメーションサインも無い
 

 (3)中途半端な誘導サイン
 JRゲートタワーは,1階のバスターミナルで南北の通り抜けが出来ない代替として,地上2階や地下1階の建物内通路で南北動線を構成する設計となっています.つまり地上1階だけでなく地上2階・地下1階を経由することが,バスのりばへの最短ルートとなります.
 しかしながら,最短ルートを案内する誘導サインはほとんど無く,既設サインに従って行動すると遠回りをさせられることがあります.

 地上2階や地下1階からバスターミナルに向かう場合は,地上1階の東側のりば(1〜6番)へ向かうルートと,西側のりば(7〜12番)へ向かうルートの2種類の経路を選択する必要がありますが,ビル内には「↑市バスターミナル」の文字があるだけで,市も出資していた旧ターミナルビルにあったようなのりば案内はありません.

 JRゲートタワー内に位置するバスターミナル降車所エリアの誘導サインも,自社ビルへの誘導サインが大きく,乗換利用者向けサインが小さく扱われています.


▲東側のりばに向かう場合はESで2階に上がることが最短経路になるが,遠回りになる直進ルートを案内するサインしか設置されていない例

▲EV案内はあっても,どこに行けるEVなのか表示は一切無い


▲降車所にあるトラップ出入口
 この先はB1階か2階へ続く経路しかない
 

 (4)その他の課題
 ・バスターミナル内にベンチ一切無し.(JPタワー内に待ちスペースあるが,JR側に無し)
 ・のりば側にトイレ無し.(JPタワー内にトイレあるが,案内サイン無し)
 ・同じようなガラス面が連続しており,どれが乗車口(自動扉)なのか判別しづらい.

 

 前段で紹介した通り,名古屋駅バスターミナルは,車路と利用者空間が分離された,安全で衛生的な施設となっています.必要な乗降車バース数,待機バース,通路幅員も確保されています.施設管理者たるJR東海は,自動車ターミナル法や都市計画決定によるバスターミナル設置の義務に基づき,完璧なハコモノを作り上げたと評価することができます.ただし,そこに自社に直接的な利益をもたらすことの無い市バス利用者の視点があるかと言われると,疑問に思います.

 このような施設管理者ファーストなバスターミナルに仕上がることは,JR東海の社風から容易に想像できることであり,行政組織たる市と,乗入れ事業者たる交通局は,全てをJR任せにするのではなく,計画段階から利用者ファーストの視点を持って積極的に介入すべきではなかったのか,と思います.
 名古屋駅はリニア開業を見据えた大改造も予定されています.
 今後,市バス利用者にとって使いやすいバスターミナルに改善されていくことを願っています.

 

 

新旧ターミナル比較

 旧ターミナルビル内に設置されていたバスターミナルでは,1階に降車場があり,2階にのりばが設けられていました.

 新バスターミナルは交差点に面した従来の出入口をそのまま活用し,奥まったところで北へ曲がる設計となっています.
 これにより全施設が1階部分に集約され,地下鉄からの1フロア分での乗換が可能になりましたが,バスターミナルの位置が全体的に北へシフトしており,駅からの歩行距離がかなり伸びています.


▲新旧ターミナル位置の比較
 交差点に面する従来の出入口をそのまま活用
 のりばは北へ移動した(駅から遠くなった)

▲新ターミナル 見取図
 入口側は降車エリア
 ターミナル奥にのりばが配置される
 
【新旧ターミナル比較】
比較項目 新ターミナル 旧ターミナル
(H29年1月公表) (当初計画)
面積 1層 約0.63ha 2層 約0.91ha
全バース数 18 27
(内訳)
市バス
乗 車 11 10 15
降 車
(内訳)高速バス 乗降車 貸切1
バスの運行状況
(平日1日あたり)
市バス:約?回
市バス:20系統
JR貸切バス:約?回
市バス:約850回
市バス:20系統
高速バス:約100回
市バス:約1,550回
市バス:23系統
高速バス:約50回

 近年の市バス事業規模の縮小をふまえ,新ターミナルの規模は3分の2程度に減少しました.
 市バス乗車停留所は,行先方面別に系統を整理し,従来の15バースから11バースになりました.
 市バス降車停留所は,当初は旧ターミナルと同規模となる建物内3バースに加えビル前の路上停4バースとする計画でしたが,JR高速バス停の駅西口移転に伴い全6降車バースが建物内に確保されました.

 JR高速バスは,当初は乗車バースは行先方面別(東京,京阪神,北陸)を基本に3バース,降車2バースがBT内に確保される予定でしたが,駅西口バスターミナルに移転したまま戻ってこないことになりました.
 新ターミナル内には将来貸切用として1バースのみ確保されています(開業時点では未使用).

 旧ターミナルビルの運営は,市と国鉄(JR)が出資する名古屋ターミナルビル(株)が担っていましたが,新ターミナルビルの運営は,JR100%出資のジェイアールセントラルビル(株)となっています.

 

 

▼もどる 

 (C)まるはち交通センター製作委員会