まるはち交通センター
 トップページ地下鉄車両地下鉄桜通線6000形車内・内装
地下鉄車両
 
コンテンツTOP
車両総説・その他
 車両概要・解説
 トピックス
現役車両の紹介
 東山線5050形
 東山線N1000形
 名城線2000形
 鶴舞線3000形
 鶴舞線3050形
 鶴舞線N3000形
 桜通線6000形
  車体・外観
  車内・内装
  
 桜通線6050形
 上飯田線7000形
 [乗入]名鉄100系
 [乗入]名鉄300系
引退車両の紹介
 黄電「きいでん」
 東山線5000形
 活躍する譲渡車両

 高速度鉄道6号線(桜通線)  5両組成×20編成=100両在籍  配置:日進工場
 編成:6100-6200-6300-6700-6800
 電気:架空線式DC1500V  軌間:1067mm(狭軌)  車長:20m(大型)

客 室 内

 車内はオールロングシートで,座席モケットはラインカラーであるエンジ色が採用されています.
 7人掛けと3人掛けで構成されており,車端部の優先座席は灰色モケットです.

 天井と壁面は明るいホワイト系の化粧板が使用されています.
 床面は通路部をアイボリー,それ以外をえんじ色とし区分しています.5050形と真逆の配色です.
 つり革は丸形で,荷物棚にラインカラーは入りません.
 1次車からLED2段式車内案内装置が車端部に設置されています.

 登場後の改造内容として,優先席前つり革が白○→黄△に交換されました.
 またトンネル内の携帯通話圏内化に伴い,一時期は優先席前の床面に赤色の大きな啓発ステッカーが掲出されていました.
 また車内Wifi整備に伴い,他路線に先駆けて車内天井部にWifiアンテナが設置されています.
 

 一次車(試作車)  6101H (6300号車を除く)

 昭和62年に先行導入された1次車は,化粧板を白とするなど新しいデザインが採用された一方,従来車両と同じ座席形状とするなど,新旧名市交仕様の入り交じった過渡期を感じさせる内装となっています.

 座席形状は鶴舞線3000形に準じたシートタイプで,シート端部はパイプ構成で肘掛けはありません.
 車端部妻面に窓はなく,貫通路横にLED式車内案内装置が設置されています.

 出入口付近のつり革受けの棒は丸みを帯びた長方形をしています.


▲1次車の車内 シート端部はパイプ構成

▲先頭車の車端部 車内案内装置は通路横に設置
 (床面ステッカー掲出時代)
 

▲乗務員室仕切壁(6800形)
 遮光ガラス&カーテンなし


▲7人掛け座席 3000形に準じた座席形状


▲3人掛け座席(優先席)


▲6101H各車端部の様子
 (2号車日車/3号車日車/7号車日立)
 

 

 

 二次車  6102H〜6113H (6300号車を除く)

 平成元年登場の2次車より,座席が着席区分のはっきりした簡易バケットシートが採用され,肘掛けも設置されました.
 車内の車号銘板も1次車の明朝体風からゴシック体風の字体になりました.


▲2次車の車内 バケットシート・肘掛を採用

▲中間車の車端部 車内案内装置は通路横に設置
 (床面ステッカー掲出時代)


▲乗務員室仕切壁(6100形)
 助士側(左)にも窓あり


▲乗務員室仕切壁(6800形)


▲7人掛け座席 バケット座席+肘掛け付き


▲3人掛け座席(優先席)


▲特徴的な形状の出入口付近のつり革受け棒
 (1次車,2次車の特徴)


▲車両中央付近天井に設置されたWi-fiアンテナ
 他路線に先駆け整備された

 

 

 三次車  6114H〜6120H (6101H〜6113Hの6300号車を含む)

 平成5年登場の3次車より,両先頭車に車いすスペースが用意されました.これに伴い座席定員も少なくなっています.

 新たに車端部妻面にも窓が設置されました.1,2次車の中間に組込まれた3次車も同様です.
 妻面窓設置に伴いLED式車内案内装置は通路横から通路上部に移設されています.これに伴い従来は未設置だった先頭車内乗務員室仕切壁部にも増設されています.
 また3次車の案内装置には従来はなかった英文案内機能が追加されていましたが,現在は全車で英文案内も行われています.

 出入口付近のつり革受けの棒は,通路上部に移設された車内案内装置が見づらくなることから,2次車までの丸みのあるタイプから,一般的な棒状のものとなりました.


▲3次車の車内 妻面窓を増設

▲先頭車に車いすスペースを設置
 車内案内装置も扉上に増設


▲3次車の車端部(次車両は2次車のため妻面窓なし)
 (床面ステッカー掲出時代)


▲3次車の車端部(次車両も3次車のため妻面窓あり)


▲7人掛け座席


▲棒状タイプとなった出入口付近のつり革受け棒

 

 

乗務員室・運転設備

 全駅島式ホームで建設された桜通線は,ワンマン運転対応のため,運転台は右側に配置されています.
 運転台はディスク式で,前後動作式バーハンドルのマスコンとブレーキの間に,扉開閉ボタンや発車ボタンなど,ワンマン自動運転のための各種スイッチ類が並びます.
 速度計はATCの室内信号を備えており,2次車までがアナログ表示で,3次車がデジタル表示です.

 登場時 ツーマン運転  平成元年〜

 運転台はこれまでに何度も改造工事を受けてきました.
 6000形登場時は,ワンマン機器がなくシンプルな運転台でした.
 

 1回目改造 ワンマン運転対応  平成5年〜

 平成6年2月のATOによるワンマン運転開始に先立ち,平成5年より対応工事が行われました.
 ATO機器を追加したほか,運転台にはドアスイッチやマイク,モニタを増設.進行方向左側の助士席側にはホーム映像を送る近赤外線光空間伝送式の対列車映像伝送装置が設置され,運転台のモニター画面に駅の停車時やその前後でホーム映像を映し出しました.


▲1,2次車 ホーム柵対応改造前
▲3次車 画像なし


▲右側運転台の乗務員室の様子
 

 

 2回目改造 可動式ホーム柵対応  平成20年〜

 平成23年1月より設置が始まった可動式ホーム柵対応のため,ホーム柵制御装置を追加する工事が行われました.
 この際,運転状況記録装置などの機器も追加されています.
 また,運転台左上に車両状態を表示するモニターを増設しています.


▲1,2次車 上部小形モニタ増設 表示灯更新

▲3次車 デジタル速度計

 

 3回目改造 車上モニタ撤去  平成23年〜

 全駅にホーム柵が整備された平成23年7月以降,ホーム監視は車上モニターからホーム上に設置された地上固定モニターに移行しました.
 お役御免となった対列車映像伝送装置と運転台モニターは,現在撤去工事が行われています.撤去後には運転台左上にあった車両状態を表示するモニターを運転台パネルの中に埋め込んでいます.


▲1,2次車 車上モニタ撤去→別モニタ埋め込み
 併せてアナログ速度計も更新

▲3次車 車上モニタ撤去→別モニタ埋め込み

 

 4回目改造 弱電機器更新  平成28年〜平成29年

 平成28年1月から平成29年9月にかけて,全20編成を対象に弱電機器更新が行われました.
 更新対象機器は,誘導無線装置(6800形屋根上のアンテナや運転台左上の操作器など),自動放送装置以外のマイクロホンなどの各種放送装置,非常通報装置等です.


▲弱電機器更新前の運転台機器

▲弱電機器更新後の運転台機器の一例
 誘導無線関係機器が更新されている

 

 その他の小改造

 平成29年3月に,乗務員室内部(前面扉前)に手すり付き非常用はしごが搭載されました.

 

 

近年の改造内容

 近年改造された車内設備や車内機器を紹介します.

 非常通報器

 6000形車両では,各車両に2カ所ずつ「非常通報器」が設置されています.
 1次車と2,3次車で初期搭載される機器に違いがありましたが,平成28年と29年の弱電機器更新によって現行タイプに統一されています.


▲1次車(初期)の非常通報器 マイク部が大きい

▲2,3次車(初期)の非常通報器 マイク部が小型に


▲更新後の非常通報器
 現在は全てこのタイプに
 

 

 

▼もどる 

 (C) まるはち交通センター製作委員会名古屋市交通局ファンサイト/市営地下鉄6000型/名市交6000系