まるはち交通センター
 トップページ地下鉄車両地下鉄桜通線6000形走行機器・主要電気機器
地下鉄車両
 
コンテンツTOP
車両総説・その他
 車両概要・解説
 トピックス
現役車両の紹介
 東山線5050形
 東山線N1000形
 名城線2000形
 鶴舞線3000形
 鶴舞線3050形
 鶴舞線N3000形
 [乗入]名鉄100系
 桜通線6000形
  車体・外観
  走行機器
  車内・内装
  乗務員室
  ▼データ集
  編成表/主要諸元
  表示装置
  ▼画像ギャラリー
  
 桜通線6050形
 上飯田線7000形
 [乗入]名鉄300系
引退車両の紹介
 黄電「きいでん」
 東山線5000形
 活躍する譲渡車両

 高速度鉄道6号線(桜通線)  5両組成×20編成=100両在籍  配置:日進工場
 編成:6100-6200-6300-6700-6800
 電気:架空線式DC1500V  軌間:1067mm(狭軌)  車長:20m(大型)

台車・走行機器

 6000形の台車等走行機器を紹介します.

←徳重 中村区役所→
形 式 6100形 6200形 6300形 6700形 6800形
車 種 Mc制御電動車 T1付随車 M'電動車 M電動車 Tc制御車
連 結 器 先頭車:自動密着連結器,その他の車両間:棒状連結器
緩 衝 器 補助ゴム付き丸形ゴム緩衝器
台 車 ボルスタレス式空気バネ台車 固定軸距2,100mm
車体支持 車体直結ボルスタレス空気バネ方式
軸箱支持 (〜2次)ミンデン方式,(3次)ゴム支持方式
車 輪 一体圧延波打車輪 φ860mm
基礎ブレーキ 片押式踏面ブレーキ
駆動装置 WN平行軸カルダン駆動(6100,6300,6700)
歯車比 歯車比99:16
主電動機 三相かご形誘導電動機 開放自己通風式
170kW(6100,6300,6700)

 

 台車・ブレーキ

 台車は構造の簡素化,軽量化,省力化のためボルスタレス空気バネ台車としています.

 製造時期やメーカーによって違いがあります.
 1次車・2次車(〜6113H)は住友製SUミンデン台車のSS108(M車),SS008(T車)です.

 3次車では軸箱支持方式が変わりました.
 2社が製造しており,日立製作所製造(6114H〜6118H)のものは住友製SS136(M車),SS036(T車)を,日本車輌製造(6119H,6120Hや中間増備車)のものは3050形と同じ日車製ND721(M車),ND721T(T車)となっています.

 基礎ブレーキは,片押し式踏面ブレーキです.

住友製SS008台車@まるはち交通センター
▲2次車用 SS008台車(住友製)
 


▲3次車用 SS136台車(住友製)


▲3次車用 ND721台車(日車製)

 

 

 車輪・駆動装置

 車輪は一体圧延波打車輪で,車輪径860mmです.

 

 

 主電動機

 6000形の足回り電気機器類のメーカーは,東芝・三菱・日立と3社の製品が混在しています.
 このため,途中で中間電動車を組込んだ6000形は,多くの編成が2社以上の異なるメーカーの機器を搭載しています.

 主電動機も,3社の製品が採用されています.
 自己通風式,1,100V,容量170kWの三相かご形誘導電動機(1両×4台)で,速度センサーは電磁誘導形無電源方式,フィルターは遠心分離効果を利用したリファイン式です.

 

 

屋根上機器

 6000形の屋根上に搭載された主要機器について紹介します.

←徳重 中村区役所→
形 式 6100形 6200形 6300形 6700形 6800形
車 種 Mc制御電動車 T1付随車 M'電動車 M電動車 Tc制御車
電気方式 DC1,500V 架空線式
集電方式 パンタグラフ
冷房装置 屋根上集約分散形 10,500kcal/h×3 + 熱交換器
列車無線装置 誘導無線(発報信号,デッドマン通報機能付)

 

 パンタグラフ・冷房装置

 登場時,桜通線の車両と鶴舞線の車両は,電動車1両あたり2基のパンタグラフを設置していました.
 平成16年から20年にかけて撤去工事が行われ,現在では電動車1両あたりパンタグラフ1基となっています.

 冷房装置は屋根上集約分散型ユニットクーラーを3台/両搭載しています.

 

 

 列車無線装置

 列車無線装置は,誘導無線方式です.ワンマン対応として,非常発報機能のほか,防護発報機能,デットマン通報機能,車内非常通報器の指令室への無線中継機能を有しています.
 本体・送受信アンテナ共に中村区役所方(6800形)に搭載されています.

 

 

主要電気機器

 6000形の主要な床下機器について紹介します.
 平成24年(2012年)から令和4年(2022年)にかけて,機器更新が行われました.

←徳重 中村区役所→
形 式 6100形 6200形 6300形 6700形 6800形
車 種 Mc制御電動車 T1付随車 M'電動車 M電動車 Tc制御車
制御装置 VVVFインバータ制御(6100,6300,6700)
すべり周波数制御orベクトル制御,応荷重演算制御機能付き
ブレーキ装置 NSC遅れ込め制御付きATC連動電気指令式電空併用ブレーキ
応荷重式,回生ブレーキ付
補助電源装置 三相GTOインバータ140kVA(6200,6800)
信号保安装置 車内信号式ATC

 

 VVVF制御装置  (初期形GTOからIGBTへ)

 制御装置はVVVFインバータ制御で,電動車全て(計3両)に搭載されます.
 機器更新前はGTOサイリスタ素子で,東芝・三菱・日立の3社が製造しています.
 装置1台で4台の三相誘導電動機を制御しています.

 機器更新後はIGBT素子で,三菱の製造です.
 (詳細は下記,主要電気機器更新も参照)


▲更新前の制御装置(日立製)

▲更新後の制御装置(三菱製)

 

 

 補助電源装置

 1編成に2台搭載し,将来の8両編成まで対応できるよう,容量を140KVAとしています.


▲補助電源装置SIV(三菱製)
 

 

 

 車両情報制御装置(TICS)

 .

 

 

 制動装置

 NSC遅れ込め制御付きATC連動電気指令式電空併用ブレーキ方式です.


▲制動装置と台車
 

 

 

 信号保安装置

 信号方式は,鶴舞線に合わせて無絶縁軌道回路,連続誘導方式の車内信号ATC装置としています.

 

 

 

主要電気機器更新  平成24年(2012年)〜令和4年(2022年)

 平成5年より自動運転を開始した桜通線6000形のATO装置は,最新機器と比較するとブレーキ精度が悪く,停止位置の誤差がやや大きいという課題がありました.
 この誤差がホーム柵を設置するにあたり問題となり,平成23年までに精度を高めるための小規模改修工事が行われました.これによりホーム柵に対応することができましたが,停車位置を優先するあまり制動が急になってしまうなど,乗り心地の面で新たな課題が出てきました.

 これら問題を根本的に解決するため,また登場から20数年経過し老朽化してきた機器の若返りを図るため,主要電気機器の更新が平成24年から令和4年の10年間(3期施行)かけて実施されました.

 今回の改造工事によって更新される機器は,制御装置,制動装置,補助電源装置,ATC,ATO,車上検査装置などです.
 最新鋭の機器になるとともに,ブレーキ段数を現在の7段から20段以上へと増加させることで,きめ細やかなブレーキ操作の実現を図っています.

 

 平成24(2012)年に始まった主要電気機器更新は,令和4(2022)年3月までに,全20編成の改造が完了しました.

 
■ 第一期施行分(完了)
seq 改造出場月 改造編成
当初計画 実際 当初計画 実際
1 H24年3月 6104H
2 H25年3月 6113H
3 H25年11月 6111H
4 H26年12月 6112H
5 H27年1月 6101H

 

 
■ 第二期施行分(完了)
seq 改造出場月 改造編成
当初計画 実際 当初計画 実際
6 H28年12月 6106H 6108H
7 H29年3月 6107H 6110H
8 H29年5月 6105H
9 H29年10月 H30年3月 6102H
10 H30年5月 H30年7月 6109H 6106H
11 H30年7月 H30年10月 6103H 6109H
12 H30年11月 6108H 6107H

 

 
■ 第三期施行分(完了)
seq 改造出場月 改造編成
当初計画 実際 当初計画 実際
13 R1年11月 6114H
14 R2年3月 6103H
15 R2年5月 R2年6月 6115H
16 R2年7月 R3年3月 6116H 6117H
17 R3年8月 R3年6月 6117H 6118H
18 R3年10月 R3年8月 6118H 6119H
19 R3年12月 6119H 6120H
20 R4年2月 R3年3月 6120H 6116H

 

 機器製造・納入メーカーは次の通りです.

  車体艤装:日本車両
  制動装置:菱交(三菱電機)
  制御装置:菱交(三菱電機)
  ATC装置:ヤシマキザイ(日立)
  補助電源装置:菱交(三菱電機)
  車上検査装置:千代田組(東芝)

 


▲改造のため日進工場入場中の6109H
 

 

 

 

▼もどる 

 (C) まるはち交通センター製作委員会名古屋市交通局ファンサイト/市営地下鉄6000系/名市交6000型