まるはち交通センター
 トップページ地下鉄車両地下鉄桜通線6000形 表示装置(方向幕等)
地下鉄車両
 
コンテンツTOP
車両総説・その他
 車両概要・解説
 トピックス
現役車両の紹介
 東山線5050形
 東山線N1000形
 名城線2000形
 鶴舞線3000形
 鶴舞線3050形
 鶴舞線N3000形
 [乗入]名鉄100系
 桜通線6000形
  車体・外観
  走行機器
  車内・内装
  乗務員室
  ▼データ集
  編成表/主要諸元
  表示装置
  ▼画像ギャラリー
  
 桜通線6050形
 上飯田線7000形
 [乗入]名鉄300系
引退車両の紹介
 黄電「きいでん」
 東山線5000形
 活躍する譲渡車両

 高速度鉄道6号線(桜通線)  5両組成×20編成=100両在籍  配置:日進工場
 編成:6100-6200-6300-6700-6800
 電気:架空線式DC1500V  軌間:1067mm(狭軌)  車長:20m(大型)

車外表示器 行先表示器(方向幕)

 桜通線6000形の前面方向幕&側面方向幕は字幕式です.
 前面と側面でサイズが異なります.側面方向幕は各車両中央付近に設置されています.


▲6000形側面方向幕(字幕式)
 

 

 現行 字幕式方向幕

 地下鉄桜通線6000形車両の行先表示器(方向幕)のコマ内容を掲載しています.
 これらの情報は独自調査から推測したもので,実際の内容と異なる可能性がありますのでご了承ください.

 

 現在使用されている桜通線の方向幕は,平成23年3月の徳重延伸に合わせて全車両が更新されました.
 従来のものと比べ,字体が若干細くなり,非営業幕にも英字が入りました.
 新たに「徳重」と「団体」が追加されたほか,鶴舞線「赤池」表示は無くなりました.

 令和5年(2023年)1月には,桜通線の起点である「中村区役所」の駅名称が「太閤通」に改称されます.
 これに伴う方向幕交換が予定されています.

 ※次期方向幕はイメージ画像です(実物ではありません)


6000形
(第3期)
現行方向幕(H23〜R4)
01
02
03
04
05
06
07
08
09
10
11
12
次期方向幕(R5〜)※
01
02
03
04
05
06
07
08
09
10
11
12

 

 

 過去に使用されていた方向幕1 桜通線開業前の鶴舞線暫定運用時

 過去に実際に使用されていた方向幕のうち,廃品放出などで入手することのできた幕の字幕配列を紹介します.

 桜通線6000形の試作車6101編成は桜通線での営業運転に先立ち,鶴舞線で試運転と営業運転に使用されていました.その当時の方向幕です.


6000形
(鶴舞線)
6000形鶴舞線運用
01
02
03
04
05
06
07
08
09
10
 

 

 

 過去に使用されていた方向幕2 桜通線第一期/第二期

 左側は,桜通線の第一期開業時代(中村区役所〜今池間)に使用されていた方向幕です.
 丸の内や鶴舞線の赤池、浄心も設定されています.

 右側は,桜通線の第二期開業以降(今池〜野並間開通後)に使用されていた方向幕です.
 桜山と野並が追加されました.


6000形
(第1期)
(第2期)
過去方向幕(第一期)
01
02
03
04
05
06
07
08
09
10
過去方向幕(第二期)
01
02
03
04
05
06
07
08
09
10
11
12

 

 

 

車外表示器 記号表示器

 車両前面の行先表示器(方向幕)の左側に,運用記号を表示する装置があります.
 6000形は,7セグメントのマグサイン式(磁気反転表示器)で,文字色は白色です.


▲記号表示器(白色マグサイン)
 

 

 

車内表示器 旅客案内表示器

 6000形の車内案内表示器は,LED式×2段表示が車端部妻面に設置されています.
 製造年次によって設置場所が異なります.
 行き先や次駅名,扉の開閉方向,乗換,局からのお知らせ等を,赤,橙,緑色で表示しています.

 一次車・二次車  6101H〜6113H (6300号車を除く)

 昭和62年に先行導入された1次車及び平成元年登場の量産2次車は,名市交の次世代(第三世代)車両の第一陣として新しい機器が導入され,車内での旅客案内用に,LED式の車内案内表示器が採用されました.
この装置が当時は先駆的な試みとして評価され「快適空間賞」を受賞し,そのシールが貼られていました.

 1次車・2次車は車端部妻面に窓がないことから,貫通路の横に設置されています.
 (先頭車の乗務員室背後は窓があるため未設置.)


▲1,2次車は通路横に設置

▲LED式車内案内表示器(更新前)

 

 

 三次車  6114H〜6120H (6101H〜6113Hの6300号車を含む)

 平成5年登場の3次車では,新たに車端部妻面にも窓が設置されました.(1,2次車の中間に組込まれた3次車も同様です.)
 妻面窓設置に伴いLED式車内案内装置は通路横から通路上部に移設されています.これに伴い従来は未設置だった先頭車内乗務員室仕切壁部にも増設されています.
 また3次車の案内装置には従来はなかった英文案内機能が追加されていましたが,現在は全車で英文案内も行われています.


▲3次車は通路上部に設置

▲LED式車内案内表示器(更新前)

 

 

 これら機器は,登場から約20年が経過した頃に機器更新されました.
 更新後の機器は,従来機器と比較すると,縦方向サイズが小さくなっており,文字も縦長文字から正方形文字サイズになっています.また,角ドットから丸ドットとなっています.

 

 

▼もどる 

 (C) まるはち交通センター製作委員会名古屋市交通局ファンサイト/市営地下鉄6000型/名市交6000系