まるはち交通センター
 トップページ地下鉄車両黄電(きいでん)保存展示車両
地下鉄車両
 
コンテンツTOP
車両総説・その他
 車両概要・解説
 トピックス
現役車両の紹介
 東山線5050形
 東山線N1000形
 名城線2000形
 鶴舞線3000形
 鶴舞線3050形
 鶴舞線N3000形
 [乗入]名鉄100系
 桜通線6000形
 桜通線6050形
 上飯田線7000形
 [乗入]名鉄300系
引退車両の紹介
 黄電「きいでん」
  ▼東山線
  車両詳細解説
  行先表示器
  ▼名城・名港線
  車両詳細解説
  行先表示器
  ▼まとめ・その他
  黄電の系譜図
  保存展示車両
 
 東山線5000形
 活躍する譲渡車両

 1号線(東山線)&2号線・4号線(名城線・名港線)  最大在籍数371両(2両〜6両組成)
 電気:第3軌条600V   軌間:1435mm(標準軌)   車長:15m(小型)

黄電 保存車両リスト

 廃車になった「黄電」のうち,解体されず現在も静態保存されている車両や,当初は保存されていたが現在は解体済みの車両を紹介します.

車両形式 車両番号 保存場所 備考
東山線100形 107 レトロでんしゃ館  
108
135 日進工場 カットモデル→解体
東山線300形 329 藤ケ丘工場(牽引車) 解体
330

 

 

保存展示車両「レトロでんしゃ館」

 地下鉄日進工場に併設された交通局の広報施設,市電地下鉄保存館「レトロでんしゃ館」では,市電3両と地下鉄車両2両が静態保存されています.

 保存車100形(107+108)

 静態保存されている2両は黄電100形で,東山線開業時に準備された名古屋初の地下鉄車両100形1次車12両のうち,最後に残った2両の107号車と108号車です.
 昭和60年まで営業車として使用された後廃車となり,保存車として藤ヶ丘工場に保管されていました.
 平成12年の「レトロでんしゃ館」開館にあたり整備され,当時の面影のまま良好な状態で保存展示されています.
 107号車の戸袋部は金属板から窓ガラスに戻されています.


▲レトロでんしゃ館の黄電100形

▲元東山線107号車+108号車


▲108号車方先頭車の様子


▲ボディーマウント構造が特徴


▲プラットホームが再現されている


▲車体銘板と車体表記


▲100形台車


▲100形連結部


▲元東山線の打子式ATSも展示


▲サードレールも展示されている


▲100形車内の様子
 クリーム色の内装と網棚無し,車体角の蛍光灯が特徴的


▲連結部も広々とした構造


▲100形乗務員室仕切


▲100形運転台

 

 

 

その他保存車両

 牽引車300形(329+330)  解体済

 平成8年に廃車となった300形先頭車2両(329+330)を連結した牽引車が存在しました.
 東山線藤ヶ丘工場に配置され,廃車車両などの工場内牽引に使用されました.機械扱いで車籍はありませんでした.
 平成13年頃に解体処分されています.

 

 

 カットモデル100形(135)  解体済

 昭和37年に増備された100形4次車135号車の運転席部分をカットした車体が保存されていました.
 保管場所は鶴舞線の日進工場で,工場公開イベント時や工場見学時に見ることができました.
 平成30年に解体されています.


▲135号車 日進工場公開イベントにて

▲135号車 裏側より


▲イベントのため栄オアシス21にも出張展示


▲解体直前の痛々しい姿

 

 

 運転台のみ(交通資料センター)

 交通局の広報施設「市営交通資料センター」には,東山線100形の運転台が展示されており,ハンドル操作することができます.
 また鉄道模型ジオラマには名城線1000形のハンドルも備え付けられており,本物のハンドルで模型を運転操作することができます.


▲資料センター内の100形運転台

▲1000形のハンドルで模型運転可

 

 

▼もどる 

 (C)まるはち交通センター製作委員会