まるはち交通センター
 トップページ地下鉄車両地下鉄上飯田線7000形表示装置(方向幕等)
地下鉄車両
 
コンテンツTOP
車両総説・その他
 車両概要・解説
 トピックス
現役車両の紹介
 東山線5050形
 東山線N1000形
 名城線2000形
 鶴舞線3000形
 鶴舞線3050形
 鶴舞線N3000形
 [乗入]名鉄100系
 桜通線6000形
 桜通線6050形
 上飯田線7000形
  車体・外観
  走行機器
  車内・内装
  乗務員室
  ▼データ集
  編成表/主要諸元
  表示装置
  ▼画像ギャラリー
  名鉄委託検査
  
 [乗入]名鉄300系
引退車両の紹介
 黄電「きいでん」
 東山線5000形
 活躍する譲渡車両

 地下鉄上飯田線  4両組成×2編成=8両在籍  配置:日進工場(名鉄犬山検査場に常駐) 
 組成:7100-7200-7300-7600
 電気:架空線式 DC1500V  軌間:1067mm(狭軌)  車長:20m(大型)

車外表示器 行先表示器(方向幕)

 地下鉄上飯田線車両の行先表示器(方向幕)のコマ内容を掲載しています.
 これらの情報は独自調査から推測したもので,実際の内容と異なる可能性がありますのでご了承ください.

 字幕式方向幕(7000形) 18コマ?

 7000形の前面方向幕&側面方向幕は字幕式です.


▲7000形車体側面 字幕は行先のみ表示
 

 

 地下鉄上飯田線で使用される7000形方向幕は,通常使用する「12犬山」〜「15上飯田」に加え,乗入れ先の名鉄「新鵜沼」や,なぜか鶴舞線の駅名が用意されています.
 また,1コマ目〜5コマ目には急行表示も用意されています.

 ※回送・新鵜沼の画像提供:つるおと様


7000形
現行方向幕(18コマ)
01
02
03
04
05
06
07
08
09
10
11
12
13
14
15
16
17
18
 

 

 

車外表示器 記号表示器

 車両前面の行先表示器(方向幕)の左側に,運用記号を表示する装置があります.
 7000形は,7セグメントのマグサイン式(磁気反転表示器)で,文字色は蛍光黄色です.


▲7000形 運用記号表示器
 22記号は定期では名鉄車の運用
 (画像は市交車による代走時のもの)
 

 

 

車内表示器 旅客案内表示装置

 7000形車内の旅客案内表示装置は,側面出入口扉の上部に設置されています.
 千鳥配置で各車両4基づつ設置です.


▲側扉より

1段式24ドットで文字スクロールのほか,16ドット×2段表示も可能です.

表示内容は駅番号表示に対応するなど,都度更新されています.



▲側扉上のLED式車内案内装置(千鳥配置)


▲日本語表示と英語表示

 

 LED式表示装置の反対側は固定式の路線図が掲出されています.
 市営地下鉄路線図と名鉄全線路線図が交互に配置されています.


▲反対側の側扉上は固定式路線図
 扉横には非常通報装置を設置

▲上/市営地下鉄路線図
▲下/名鉄全線路線図

 

 

▼もどる 

 (C) まるはち交通センター製作委員会名鉄直通/名古屋鉄道小牧線/市営地下鉄7000形/市営地下鉄7000系