まるはち交通センター
 トップページ地下鉄車両名城線・名港線2000形車内・内装
地下鉄車両
 
コンテンツTOP
車両総説・その他
 車両概要・解説
 トピックス
現役車両の紹介
 東山線5050形
 東山線N1000形
 名城線2000形
  車体・外観
  編成表/主要諸元
  車内・内装
  乗務員室
  全面広告列車
  企画・装飾列車
  
 鶴舞線3000形
 鶴舞線3050形
 鶴舞線N3000形
 [乗入]名鉄100系
 桜通線6000形
 桜通線6050形
 上飯田線7000形
 [乗入]名鉄300系
引退車両の紹介
 黄電「きいでん」
 東山線5000形
 活躍する譲渡車両

 2号線・4号線(名城線・名港線)  6両組成×36編成=216両  車体長:15m(小型)
 組成:2100−2200−2300−2400−2500−2600
 電気:第3軌条600V  軌間:1435mm(標準軌)  配置:名港工場

2000形 客室内(ホーム柵対応未改造車)

 客室は,6000形と同様に壁と天井をホワイト系とし,座席と床は名城・名港線オリジナルのグリーン系の色にまとめ,明るく清々しい感じになるよう配慮されました.
 専用の薄型クーラーによりクーラー部の天井高を上げ,2連の大型窓と相まって,開放感のある室内となっています.
 シートは背もたれ部分に柄をつけ,バケットタイプとして着席区分を明確化するとともに,座り心地の向上を図っています.
 座席上の荷物棚のパイプは,一般的な長手方向ではなく,横方向となっています.

 一次車  2101H〜2105H

 1次車は平成元年に5編成が製造されました.
 先頭車にまだ車いすスペースは設置されておらず,座席定員が若干多くなっています.

 車内の案内表示器は,妻面連結通路上部に1行タイプのLED表示装置が設置してあり,次の停車駅やのりかえ案内,行き先,開く扉を表示しています.
 この装置が当時は先駆的な試みとして評価され「快適空間賞」を受賞し,装置の右下にそのシールが貼られています.


▲2000形中間車車内の様子(1次車)

▲初期グループは車いすスペース未設置


▲7人掛けロングシート(1次車〜5次車)
 黄緑色の座席モケットが並ぶ


▲車端部の3人掛け優先座席
 黄色△つり革は近年施工された


▲マクラギ方向の荷物棚パイプ
 ラインカラーは外帯と同じ青紫色


▲ドア上の路線図表記
 6次車まではプラ板の固定表示


▲車内案内表示器
 

 

 

 二次車・三次車  2106H〜2109H

 平成2年と平成3年に,計4編成が製造されました.
 出入口床面の滑り止めの形状が1次車と異なります.

 また,3次車(2108H)より,案内表示装置の内容に英語案内機能が追加されました.
 現在では全編成において英語案内が行われています.


▲2次車以降の車内
 出入口床面滑り止め形状を変更

▲出入口床面滑り止め
 (左:1次車/右:2次車以降)

 

 

 四次車・五次車  2110H・2111H

 平成4年(4次車)と平成5年(5次車)に1編成ずつ製造されました.
 バリアフリー対応施設として,両先頭車に車椅子スペースが設置されました.
 これに伴い先頭車の座席数が34席→32席となっています.


▲4次車以降は先頭車に車いすスペースを設置
 (画像は8次車のもの)
 

 

 

 六次車  2112H〜2115H

 平成6年登場の6次車より,シートの詰物材質をウレタンからリサイクル可能なポリエステル素材に変更しています.
 これに伴い座面形状や厚さ(若干薄く)が変わっています.


▲座面形状変更/詰物素材変更

▲7人掛けロングシート(6次車〜)

 

 

 七次車〜十五次車  2116H〜2136H

 平成7年製造の7次車から,路線図式案内装置がドア上部に追加されました.千鳥配置で1両あたり3台設置されています.
 これと共にドア開閉チャイム(ランプなし)も装備されています.


▲7次車以降の車内の様子

▲7次車以降はドア上路線図を電光化

 

 

2000形 客室内(ホーム柵対応改造車)

 平成28年より,全36編成を対象にATO搭載&ホーム柵対応改造が施工されています.
 客室内部にも変化があり,乗務員室内に搭載する機器が大幅に増えたため,助士側に機器箱と非常用ハシゴ収納箱が客室内に飛び出す形で設置されました.
 運転士背後と扉部の窓はスモークガラスとなっています.

 これと同時に,サービス向上の一環として,車端部クーラー搭載箇所につり革が増設されています.
 

 七次車〜十五次車  2116H〜2136H

 改造第一号となった2124編成の車内の様子を紹介します.


▲改造車車内の様子
 つり革増設以外の変化なし

▲改造車優先席付近
 車端部の冷房装置下のつり革を増設


▲中間車車端部の増設(2個延長)つり革
 改造つり革は振れ止め金具付き


▲先頭車車端部の新設つり革
 新規分も従来型に合わせ○型


▲大きく変更された乗務員室仕切壁


▲機器箱と非常用はしご,消火器を客室内に張り出して設置

 

 

 

2000形 近年の改造・改修内容

 近年,車内・内装・運転機器で改修された項目を取り上げます.

 Wi-Fi車内機器  平成28年(2016年)

 平成28年より,車内Wi-Fi機器が順次設置されています.
 設置位置は車端部(妻面)貫通路上部で,2000形の場合は2100号車,2300号車,2600号車の合計3カ所に設置されています.


▲2600号車に設置された車内Wi-Fi機器
 

 

 女性専用車両  平成28年(2016年)

 平成28(2016)年7月4日より,地下鉄名城線・名港線において女性専用車両が導入されました.
 女性専用車両は地下鉄東山線に次いで2路線目です.

 女性専用車両の運行時間帯は,平日の始発から午前9時までです.
 列車1編成(6両編成)につき1両(23xx号車)が女性専用車両となります.下り列車(左回り・名古屋港行)では先頭車両から3両目,上り列車(右回り・大曽根行)では先頭車両から4両目です.


▲女性専用車両車内ステッカー
 

 

 車内案内表示器  平成29年(2017年)〜

 平成29年2月に,2117編成の車内案内表示器が更新されました.
 従来タイプのものと比較すると,縦方向サイズが小さくなっており,文字も縦長文字から正方形文字サイズになりました.
 そのほか,角ドットから丸ドットとなり照度が増したほか,駅ナンバリング対応になりました.


▲H29〜車内案内表示器(新タイプ)

▲車内案内表示器の新旧比較

 

 

画像ギャラリー

 2000形車両の,その他車内画像を紹介します.

 過去の様子

 平成24年より地下鉄トンネル内の携帯電話圏内化が始まったことを受け,優先席前の床面に赤く大きなマナー啓発ステッカーが掲示されました.
 その後,マナー変更(電源OFF→混雑時のみOFF)に伴い,平成28年3月までに剥離されています.


▲優先座席前に掲出されていた床面ステッカー
 

 

 

▼もどる 

 (C)まるはち交通センター製作委員会名古屋市交通局ファンサイト