まるはち交通センター
 トップページ地下鉄車両名城線・名港線2000形企画列車/記念装飾列車
地下鉄車両
 
コンテンツTOP
車両総説・その他
 車両概要・解説
 トピックス
現役車両の紹介
 東山線5050形
 東山線N1000形
 名城線2000形
  車体・外観
  走行機器
  車内・内装
  乗務員室
  ▼データ集
  編成表/主要諸元
  表示装置
  ▼画像ギャラリー
  全面広告列車
  企画・装飾列車
  
 鶴舞線3000形
 鶴舞線3050形
 鶴舞線N3000形
 [乗入]名鉄100系
 桜通線6000形
 桜通線6050形
 上飯田線7000形
 [乗入]名鉄300系
引退車両の紹介
 黄電「きいでん」
 東山線5000形
 活躍する譲渡車両

 2号線・4号線(名城線・名港線)  6両組成×36編成=216両  車体長:15m(小型)
 組成:2100−2200−2300−2400−2500−2600
 電気:第3軌条600V  軌間:1435mm(標準軌)  配置:名港工場

 名城線2000形車両を使用した企画列車や,装飾列車をご紹介します.

企画列車「クリスマス列車」

 クリスマスシーズンに,地下鉄車両の内外に装飾を施した「クリスマス列車」企画が恒例行事となっています.

 平成22年 クリスマス列車  2135H

 「クリスマス列車」は,クリスマス商戦を迎える栄地区の商業施設とタイアップしたもので,平成22年から始まりました.
 車体には前面非常扉や側扉横へのステッカー掲出や車内装飾のほか,車内放送も一部駅でクリスマスメロディが流れるようになっていました.

 初年度となる平成22年は,名城線を舞台に「やっぱり栄が好きだから 〜 Happy X'mas in SAKAE 〜」と題して,11月末から12月25日まで運行されました.
 装飾編成は2135編成で,車内音楽には「ジングルベル」が使用されました.


▲2010年クリスマス列車 2135H

▲車体側面装飾の様子


▲車体側面装飾の様子


▲車内装飾 協賛企業ポスターや装飾布など

 

 

 平成24年 クリスマス列車  2126H

 平成23年は東山線で,平成24年には再び名城線が舞台となりました.
 装飾編成は2126編成で,車内音楽には「We Wish You A Merry Christmas」が使用されました.


▲2012年クリスマス列車 前面は装飾なし

▲車体側面の装飾は簡素になった


▲車内装飾


▲車内装飾

 

 

 平成25年 クリスマス列車  2136H

 平成25年も名城線・名港線においてクリスマス列車が走りました.
 装飾編成はラストナンバーの2136編成です.
 車内音楽は同じく「We Wish You A Merry Christmas」が選ばれましたが,従来の駅間放送ではなく,駅到着時に流されました.


▲2013年クリスマス列車 2136H

▲前面のヘッドマークが復活


▲側面はドア横ステッカーのみ


▲車内装飾

 

 

 平成26年 クリスマス列車  2136H

 平成26年も名城線・名港線においてクリスマス列車が走りました.
 装飾編成は前年と同じ2136編成です.
 
 従来の栄地区商業施設とのタイアップから,一企業との契約に変更されており,平成26年は映画「MIRACLEデビクロくんの恋と魔法」のキャラクターを描いた装飾が施されています.
 車内クリスマス音楽の放送は取りやめとなりました.


▲映画とタイアップした装飾

▲2014年クリスマス列車 2136H

 

 

 平成30年 クリスマス列車  2128H

 平成27年(2015年)から3年間のクリスマス列車は,東山線5050形にて行われました.
 平成最後となる平成30年(2018年)は,再び名城線・名港線に舞台を移し,車両内外にクリスマス装飾を施した「クリスマストレイン2018」が,4年ぶりに名城線・名港線にて運行されました.

 平成30年は,映画「グリンチ」とタイアップ企画です.
 使用車両は2000形2128編成で,車体前面にヘッドマークを掲出し,車体側面はクリスマストレインとしては初となるパートラッピング広告を掲出.車内広告枠は映画の広告や交通局クリスマスイベント告知で統一されました.
 リボン等の車内装飾や,クリスマスメロディ車内放送はありません.


▲クリスマストレイン2018 2128H

▲パートラッピング広告を掲出


▲車体側面


▲車内の貸切広告

 

 

 

その他企画列車

 クリスマス列車以外の企画列車を紹介します.

 平成26年9月1日〜10月31日 マナーアップトレイン

 地下鉄利用時における各種マナーの呼びかけの新たな取組みとして,「マナーアップトレイン」が平成26年9月1日から10月31日までの2カ月間運行されました.
 東山線及び名城・名港線各1編成で,名城・名港線は2136編成が対象となりました.
 車内広告枠を使ってマナー啓発ポスターを掲出するほか,車外にもヘッドマークやボディーステッカーが貼付されました.


▲マナーアップトレイン 2136H

▲車外ステッカー


▲車内マナー啓発ポスター 号車によって色が異なる
 

 

 

 平成26年11月16日 イベント会場行き特別列車

 名城線環状化10周年を記念して,平成26年11月16日に地下鉄名港工場でイベントが開催されました.
 これに合わせ,名城線ナゴヤドーム前矢田駅から大幸車庫を経由して名港工場(イベント会場)まで直行する特別列車が運行されました.
 特別列車の運行経路は,ナゴヤドーム前矢田駅→名古屋港駅→名港工場の約50分のコースで,途中大幸車庫引込線と名港工場引込線にも入線しました.終点はイベント会場内で,開場前のイベント会場で一足先に見学することができました.

 ヘッドマーク等の装飾はなく,回送表示,90記号で運転されました.


▲イベント会場直行特別列車 2128編成
 ヘッドマーク等の表示なし
 

 

 

 平成28年3月21日 ミュージックトレイン

 名古屋港周辺で開催される屋外音楽アートイベントやNagoyaポップアップ・アーティスト事業に関連して,平成28年3月21日に地下鉄名城線・名港線で「ミュージックトレイン」が運行されました.
 特別列車の運行経路は,ナゴヤドーム前矢田駅→名古屋港駅の片道で,途中大幸車庫引込線にも入線しました.
 車内では抽選で選ばれた約100名が分散乗車し,名古屋フィルハーモニー交響楽団によるクラシック演奏を車内で楽しみました.

 ヘッドマーク等の装飾はなく,回送表示,90記号で運転されました.


▲ミュージックトレイン 2105編成
 ヘッドマーク等の表示なし

▲車内でクラッシック演奏を実施

 

 

 平成30年4月1日〜30日 「地下迷宮に眠る謎」特別列車

 平成30年4月14日から7月31日まで開催されたイベント,“ナゾトキ街歩きゲームin名古屋”「地下迷宮に眠る謎」に関連し,地下鉄名城線において特別列車が運行されました.
 運行期間は,平成30年4月1日(日)から4月30日(月祝)までで,車体前面にはヘッドマークが,車体側面ドア横にはPRステッカーが掲出されました.
 車内は広告ジャックとなっており,「6種類の謎」が掲出されました.


▲謎解き特別列車 2128編成
 

 

 

黄電復刻デザイン地下鉄(予定)

 令和4年(2022年)の市営交通100周年記念事業の一環として,地下鉄東山線と名城線・名港線において「黄電」の復刻デザインにラッピングした車両(それぞれ1編成)の運行が予定されています.
 詳細が判明次第,追記します.

 

 

 

記念ヘッドマーク・記念ステッカー

 記念行事に関連して,車体に掲示されたヘッドマークやステッカー類を紹介します.

 開通記念ヘッドマーク


▲平成12年 大曽根〜砂田橋開通

▲平成15年 砂田橋〜名古屋大学開通


▲平成16年 名城線環状化完成


▲おまけ ヘッドマークの取り付け方

 

 

 平成26年 名城線環状化10周年記念ヘッドマーク

 名城線環状化10周年を記念し,平成26年10月16日(木)より名城線列車2編成(2130編成と2131編成)に記念ヘッドマーク(ステッカー)が掲出されました.
 ヘッドマークのデザインは2種類で,編成によって掲出図柄が異なります(前後は同じ).


▲2130H

▲2130H ヘッドマーク拡大


▲2131H (画像提供:ρさま)


▲2131H ヘッドマーク拡大

 

 

 その他ステッカー類


▲平成17年 愛知万博

▲平成21年 生物多様性条約会議(COP10)

 

 

▼もどる 

 (C)まるはち交通センター製作委員会名古屋市交通局ファンサイト/名古屋市営地下鉄/中日/イオン/ドラゴンズトレイン