まるはち交通センター
 トップページ地下鉄車両名城線・名港線2000形表示装置
地下鉄車両
 
コンテンツTOP
車両総説・その他
 車両概要・解説
 トピックス
現役車両の紹介
 東山線5050形
 東山線N1000形
 名城線2000形
  車体・外観
  走行機器
  車内・内装
  乗務員室
  ▼データ集
  編成表/主要諸元
  表示装置
  ▼画像ギャラリー
  全面広告列車
  企画・装飾列車
  
 鶴舞線3000形
 鶴舞線3050形
 鶴舞線N3000形
 [乗入]名鉄100系
 桜通線6000形
 桜通線6050形
 上飯田線7000形
 [乗入]名鉄300系
引退車両の紹介
 黄電「きいでん」
 東山線5000形
 活躍する譲渡車両

 2号線・4号線(名城線・名港線)  6両組成×36編成=216両  車体長:15m(小型)
 組成:2100−2200−2300−2400−2500−2600
 電気:第3軌条600V  軌間:1435mm(標準軌)  配置:名港工場

車外表示器 行先表示器(方向幕)

 地下鉄名城線・名港線2000形車両の行先表示器(方向幕)のコマ内容を掲載しています.
 これらの情報は独自調査から推測したもので,実際の内容と異なる可能性がありますのでご了承ください.

 現行 字幕式方向幕(2000形)

 2000形の前面方向幕&側面方向幕は字幕式で,横長タイプです.
 側面方向幕は各車両中央付近に設置されています.


▲2000形側面方向幕
 

 

 名城線・名港線は,日中に使用する方向幕と早朝夜間帯の名港線区間運転時間帯に使用する方向幕(接続案内付き)に分かれているのが特徴です.

 長い期間,大曽根〜名古屋港・新瑞橋間で運行されてきた名城線ですが,平成12年から平成16年の短期間に3回も路線延伸し,環状運転が始まりました.
 方向幕も路線延伸の度に追加され,平成16年以降は20コマで構成されています.

 令和5年(2023年)1月に予定される駅名称変更に合わせ,方向幕の全交換が行われます.
 (駅名称の変更だけでなく,渡り線のある途中駅を追加)

 ※回送画像提供:つるおと様@Tsuruoto_H80104

 ※次期方向幕はイメージ画像です(実物ではありません)


2000形
現行方向幕(H16〜R4)
01
02
03
04
05
06
07
08
09
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
次期方向幕(R5〜)※
01
02
03
04
05
06
07
08
09
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20

 

 

 参考 過去に使用されていた字幕式方向幕(2000形)

 過去に実際に使用されていた方向幕のうち,廃品放出などで入手することのできた幕の字幕配列を紹介します.

 名城線が大曽根〜名古屋港・新瑞橋間で運行されていた頃の2000形用方向幕です.
 非営業の赤幕は日本語表記のみです.


2000形
(過去)
過去方向幕(〜H11)
01
02
03
04
05
06
07
08
09
10
 

 

 

車外表示器 記号表示器

 車両前面の行先表示器(方向幕)の左側に,運用記号を表示する装置があります.
 2000形は,7セグメントのマグサイン式(磁気反転表示器)で,文字色は白色です.


▲記号表示器(白色マグサイン)
 

 

 

車内表示器 旅客案内表示器

 2000形車内の案内表示器は,妻面連結部の通路上部に設置されています.
 次の停車駅やのりかえ案内,行き先,開く扉を表示しています.

 新製時(平成元年〜) LED式

 平成元年製造の1次車より車内案内表示器が設置されています.
 1行タイプのLED式です.
 この装置が当時は先駆的な試みとして評価され「快適空間賞」を受賞し,一部編成にはシールが貼られています.


▲妻面通路の上部に設置

▲新製時より搭載のLED式案内表示器

 

 

 更新パターン1(平成29年〜) 新LED式

 平成29年2月より車内案内表示器の機器更新が始まりました.
 第1号として2117編成が,新タイプのLED式に更新されています.

 従来タイプのものと比較すると,縦方向サイズが小さくなっており,文字も縦長文字から正方形文字サイズになりました.
 そのほか,角ドットから丸ドットとなり照度が増したほか,駅ナンバリング対応になりました.


▲更新後のLED式表示器
 

 

 

 更新パターン2(令和3年〜) LCD式

 令和3年3月更新の2105編成からは,更新機器がLED式ではなくLCD式(液晶)に変更となりました.
 日本語(漢字・かな)と四ヶ国語(英語,韓国語,繁体字,簡体字)に対応しています.


▲令和3年〜 LCD(液晶)式に更新
 


▲LCD式表示器の多彩な表示例


▲LCD式表示例2

 

■ 車内案内表示器(調査中)
更新編成 更新状況 更新編成 更新状況
2101H 新LED 2121H  
2102H 新LED 2122H 新LED
2103H 新LED 2123H 液晶(LCD)
2104H 新LED 2124H 液晶(LCD)
2105H 液晶(LCD) 2125H  
2106H   2126H  
2107H 新LED 2127H  
2108H 新LED 2128H  
2109H 新LED 2129H  
2110H 新LED 2130H  
2111H 液晶(LCD) 2131H  
2112H 液晶(LCD) 2132H  
2113H 新LED 2133H  
2114H 新LED 2134H  
2115H 新LED 2135H  
2116H   2136H  
2117H 新LED    
2118H 新LED    
2119H 液晶(LCD)    
2120H 新LED    

 

 

車内表示器 路線図式表示器

 平成7年登場の7次車以降(2116H〜)は,側扉上に路線図式表示器が追加装備されました.
 ドア上部に千鳥配置で1両あたり3台設置されています.


▲路線図式表示器
 

 

 

▼もどる 

 (C)まるはち交通センター製作委員会名古屋市交通局ファンサイト