まるはち交通センター
 トップページ地下鉄車両地下鉄桜通線6050形表示装置(行先表示等)
地下鉄車両
 
コンテンツTOP
車両総説・その他
 車両概要・解説
 トピックス
現役車両の紹介
 東山線5050形
 東山線N1000形
 名城線2000形
 鶴舞線3000形
 鶴舞線3050形
 鶴舞線N3000形
 [乗入]名鉄100系
 桜通線6000形
 桜通線6050形
  車体・外観
  走行機器
  車内・内装
  乗務員室
  ▼データ集
  編成表/主要諸元
  表示装置
  ▼画像ギャラリー
  甲種輸送レポート
  企画・装飾列車
  
 上飯田線7000形
 [乗入]名鉄300系
引退車両の紹介
 黄電「きいでん」
 東山線5000形
 活躍する譲渡車両

 高速度鉄道6号線(桜通線)  5両組成×4編成=20両在籍  配置:日進工場
 編成:6150-6250-6350-6750-6850
 電気:架空線式DC1500V  軌間:1067mm(狭軌)  車長:20m(大型)

車外表示器 行先表示器(LED式)

 平成22年に登場した6050形車両にはLED式の行先表示器が搭載されています.
 種別なし行先のみ表示(日本語+英語)で,単色LEDです.


▲6050形側面方向幕(LED式)

▲間も無く消滅「中村区役所」表示

 

 現行 LED式方向幕

 地下鉄桜通線6050形車両の行先表示器(LED式)の表示内容を掲載しています.
 これらの情報は独自調査から推測したもので,実際の内容と異なる可能性がありますのでご了承ください.

 令和4年度に,桜通線の起点である中村区役所駅の名称の由来となった「中村区役所」の移転が予定されています.
 区役所移転後は,「中村区役所」駅は,「太閤通」駅に改称される予定です.
 これに伴うLEDデータ更新も想定されます.

  ※次表は表示できる内容を示しており,数字はコマ順序と関係ありません.
  ※「回送」「試運転」画像提供:@turumaisenn_さま


6050形
現行LED表示
01
02
03
04
05
06
07
08
09
 

 

 

車外表示器 記号表示器

 車両前面の行先表示器(方向幕)の左側に,運用記号を表示する装置があります.
 7セグメントのマグサイン式(磁気反転表示器)です.
 6000形は白色ですが,6050形の文字色はより視認性の高い黄蛍光色です.


▲記号表示器(マグサイン)
 

 

 

車内表示器 車内案内表示器

 車内案内装置は,側面出入口扉の上部に設置されています.1次車と2次車で搭載機器が異なります.

 LED式/一次車  6151H

 1次車6151編成のみ,32×256ドッドの2段表示LED案内装置が採用されています.
 車内扉上部に千鳥状に配置されています.
 扉には,ドア開閉予告チャイム,ドア開閉動作予告ランプも装着されています.


▲1次車 LED案内表示器と予告ランプ

▲反対側は路線図(固定)とドア開閉予告表示のみ

 

 

 LCD式/二次車  6152H〜6154H

 2次車6152H〜6154編成では,LED式と同じ場所(車内扉上部に千鳥状に配置)に「ハッチービジョン」と命名された17インチワイド液晶ディスプレイ(LCD)が1台づつ搭載されました.
 1箇所あたりの設置画面数は1台のみで,左側(広告用画面)は準備工事となっています.

 登場時は日本語+英語表記のみでしたが,令和2年にソフト改修され,多言語化(+韓国語,中国語2種)されました.


▲2次車 交通局初のLCD案内装置を搭載

▲LCD画面表示例(当初/扉開閉方向表示なし)


▲LCD画面表示例(R2年ソフト改修後)
 扉開閉方向表示を追加


▲LCD画面表示例(R2年ソフト改修後)
 多言語化(日英簡繁韓)

 

 

▼もどる 

 (C) まるはち交通センター製作委員会