まるはち交通センター
 トップページ地下鉄路線地下鉄車両基地名鉄舞木検査場
地下鉄路線
 
コンテンツTOP
営業路線の紹介
 東山線
 名城線・名港線
 鶴舞線
 桜通線
 上飯田線
地下鉄駅の紹介
 東山線の駅
 名城線・名港線
 鶴舞線の駅
 桜通線の駅
 上飯田線の駅
市営地下鉄資料集
 地下鉄車両基地
  [東]藤が丘工場
  [東]高畑車庫
  [名]名港工場
  [名]大幸車庫
  [鶴]日進工場
  [桜]徳重車庫
  ▼過去の車両基地
  (旧)池下車庫
  (旧)名城工場
  (旧)中村検車場
  (旧)本線検車場
  ▼名鉄の車両基地
  犬山検査場
  猿投検車支区
  舞木検査場
 
 各種データ集
 トピックス
 地下鉄新線計画
 地下鉄建設史


 地下鉄相直車両や地下鉄車両の定期検査も行う,名古屋鉄道の車両基地を紹介します.

名古屋鉄道 舞木検査場

 名古屋鉄道舞木検査場は,平成9年(1997年)に開設された車両基地です.
 名鉄の全車両(1,000両超)と,地下鉄上飯田線の車両(8両)の定期検査を担当しています.

 検査場概要

 鳴海駅付近の連続立体化工事のため,名鉄鳴海工場の移転により平成9年に開設されました.
 当初の名称は「舞木定期検査場」でしたが,平成12年に改称されました.

 名鉄の全車両(1,000両超)の定期検査(全般検査・重要部検査)を行う名鉄の主要工場です.
 車両リニューアルやワンマン化などの改造工事も行なっています.

 平成14(2002)年の地下鉄上飯田線開業以降は,地下鉄7000形8両の定期検査も,交通局から受託しています.


▲名鉄車両保守体制

▲名鉄路線図(本線系統)と車両基地

 

 所在地は岡崎市舞木町です.
 敷地の半分は山の斜面を削り,残り半分は削った土を埋め立てて造成されました.
 北側は山並み,南に名鉄本線,田園風景を配する緑豊かな環境の中にあります.
 敷地面積は約46,000平米,建物延床面積は約19,700平米(旧鳴海工場の2倍)です.


▲舞木検査場を南西より望む(夏)

▲舞木検査場を西より望む(冬)

 

 

 配線図

 最寄駅は名古屋本線名電山中駅または藤川駅です.
 同区間に設置された舞木信号場で名古屋本線と接続しています.

 車両の出入は豊橋方面に限定されるため,名古屋方面(犬山検査場・猿投検車支区)からの入場は,一旦舞木信号場を通り過ぎ,本宿駅で折返します.出場はその逆です.



▲舞木信号場 奥に舞木検査場が見える

▲右側が舞木検査場への授受線(引込線)

 

 舞木信号場から分岐した線路が0番線(授受線)で,平行して10番線(引上線)があります.
 検査棟側には,南側の1番線から北側の9番線まで線路があります.

 1番線は長さ約410mの試運転線です.
 2番線は留置線です.
 続いて検査棟内に続く線路が5本あり,3番線は入場線,4番線は出場線です.5番線と6番線は工事線,7番線は旧キハ用と留置線です.
 8番線と9番線は留置線です.

 舞木検査場への留置は,検査や改修車両のみで,定期検査中の車両を含めた留置車両数は34〜44両程度です.



▲10番(引上線)と0番(授受線)
 奥に舞木信号場(本線)が見える

▲舞木検査場1番線〜9番線全景


▲舞木検査場1番線〜9番線全景


▲1番線は全長約410mの試運転線
 検査明けの100系車両が停車中

 

 

 検査棟内の様子

 検査棟には,東側に車両出入庫用の検査ピット,工事修繕場,電機・制動・車体職場,中央には36t天井走行クレーン,10両分の車体置場があります.西側には塗装作業場,台車・電動機職場があります.
 検査能力は最大500両/年で,実績値は300両〜400両/年です.



▲3番線・4番線(東側)
 入出場検査ピット

▲3番線(西側)
 塗装作業場の一部

▲台車作業場


▲台車作業場

▲台車作業場


▲台車枠作業場


▲主電動機(回転機)作業場


▲検車棟中央の車体置場

 

 

 

その他画像集

 地下鉄車両の名鉄本線試運転・回送

 舞木検査場での定期検査完了時には,名鉄名古屋本線での試運転が行われます.
 地下鉄7000形車両も同様です.
 (回送:舞木〜本宿/試運転:豊明〜知立〜東岡崎〜本宿)


▲名鉄本線にて検査明け試運転を実施
 (画像提供:@turumaisenn_さま)

▲試運転の折り返し駅=豊明駅にて名鉄車両と並ぶ

 

 地下鉄7000形が舞木検査場に検査入出場する際は,常駐先である犬山検査場から名鉄名古屋本線・犬山線を経由して回送されます.


▲名鉄本線を自走回送する(名鉄栄生駅)
 (画像提供:@turumaisenn_さま)
 

 

 

 静態保存車両

 舞木検査場内には,名古屋鉄道の歴史的車両が静態保存されています.

  パノラマカー7000系(7001号車+7002号車)
  戦前の特急電車3400系(3401号車)
  名鉄初の冷房車5500系(5517号車)※先頭部分のみ
  パノラマDX8800系(8803号車)※先頭部分のみ
  磁気浮上式HSST-100S型

 

 

▼もどる 

 (C) まるはち交通センター製作委員会