まるはち交通センター
 トップページ地下鉄車両地下鉄東山線N1000形ラッピング広告列車写真集
地下鉄車両
 
コンテンツTOP
車両総説・その他
 車両概要・解説
 トピックス
現役車両の紹介
 東山線5050形
 東山線N1000形
  車体・外観
  走行機器
  車内・内装
  乗務員室
  ▼データ集
  編成表/主要諸元
  表示装置
  ▼画像ギャラリー
  新車搬入作業
  イベント列車
  ラッピング広告
  
 名城線2000形
 鶴舞線3000形
 鶴舞線3050形
 鶴舞線N3000形
 [乗入]名鉄100系
 桜通線6000形
 桜通線6050形
 上飯田線7000形
 [乗入]名鉄300系
引退車両の紹介
 黄電「きいでん」
 東山線5000形
 活躍する譲渡車両

 1号線(東山線)  6両組成×21編成=126両在籍   配置:藤が丘工場
 N1100-N1200-N1300-N1400-N1500-N1600
 電気:第3軌条600V  軌間:1435mm(標準軌)   車長:15m(小型)

ラッピング列車 写真集

 東山線の新しい主役,N1000形に施されたラッピング広告をご紹介します.
 

 平成22年7月1日登場 名古屋開府400年記念PR列車”夢列車”

 広告期間:平成22年7月1日〜12月31日   対象編成:N1101編成

 N1000形最初の全面ラッピング広告の事業主は名古屋市総務局となりました.
 平成22年に開催した「名古屋開府400年祭」を盛り上げるため,名古屋の大動脈路線である東山線の最新鋭車両にラッピングを施し,「名古屋開府400年記念『夢列車』」として走らせました.
 なお,7月1日の運行開始日には,藤が丘駅では市長も出席して出発式が行われました.

 ラッピング列車はマスコットキャラクター「はち丸」などがデザインされ,車内にも名古屋の歴史や方言に関するポスターが掲示されました.
 また,6両各車両ごとに協賛企業が異なっており,それぞれの車体に企業名が,車内の中吊りに企業広告が掲示されていました.


▲藤が丘方 N1101号車

▲高畑方 N1601号車


▲車体側面にはキャラクター


▲まるで黄電が復活したかのよう


▲車内では名古屋の歴史をPR


▲名古屋ことば

 

 

 これ以降,N1000形へのラッピング広告実績はありません.
 (R4年現在)

 

 

 

 

 

▼もどる 

 (C)まるはち交通センター製作委員会名古屋市交通局ファンサイト/市営地下鉄N1000形/市営地下鉄N1000系