まるはち交通センター
 トップページ地下鉄路線トピックス交通局章・地下鉄章標(サイン)
地下鉄路線
 
コンテンツTOP
営業路線の紹介
 東山線
 名城線・名港線
 鶴舞線
 桜通線
 上飯田線
地下鉄駅の紹介
 東山線の駅
 名城線・名港線
 鶴舞線の駅
 桜通線の駅
 上飯田線の駅
市営地下鉄資料集
 地下鉄車両基地
 各種データ集
 トピックス
  ▼地下鉄駅のひみつ
  接近メロディ
  駅の深さ
  運輸制服・制帽
  サインシステム
  局章・地下鉄章標
  駅名称の変更
  副駅名称(副呼称)
  駅リニューアル
  ▼地下鉄路線のひみつ
  路線愛称の由来
  路線カラー
  起終点・キロ程
  地下鉄の信号機
  標識・標
  運転指令室
  運転規制
  ▼臨時・増発運転
  3月マラソン大会
  小牧航空祭
  H17不発弾処理
  H26名駅冠水
  R01不発弾処理
  R03今池駅火災
  
 地下鉄新線計画
 地下鉄建設史


 交通局のシンボルマークと,地下鉄駅や市バス停のロゴマーク(シンボルマーク)等を紹介します.

交通局章(元・電気局章)

 名古屋市の市営交通事業は,大正11年(1922年)に名古屋電気鉄道(株)から市内電車事業を買収したのが始まりです.
 運営を担ったのは「名古屋市電気局」で,同年に電気局章も制定されました.
 名古屋市章である「八(まるはち)」の両側を,電気を意味する稲妻で囲ったデザインです.

 昭和20年(1945年)に電気局から交通局に改称されましたが,電気局章は交通局章にそのまま引き継がれました.
 現在も,市バス事業・地下鉄事業共通のロゴマークとして使用されています.


▲市章をイナズマで囲った交通局章

▲市バス車両の前面に掲出されている局章


▲職員の制服(帽章やワッペン)にデザインされた局章


▲乗車券(旧・磁気定期券)地紋の局章

 

 

地下鉄ロゴマーク(地下鉄章標)

 交通局章とは別に,地下鉄のロゴマークが制定されており,地下鉄出入口や名古屋市営地下鉄を意味するアイコンや案内サインとして活用されています.

 黄電の色を選定した杉本健吉氏によるデザインで,地下鉄開業に先立つ昭和31年に氏に依頼して,32年6月に決定されました.
 トンネルと軌道をあらわすと共に名古屋市のマーク「八(まるはち)」を図案化したもので,非常にシンブルな作りですが,一目で地下鉄と分かるデザインです.

 ちなみに,杉本氏がデザインした当初のロゴマークは,現在とは少し異なり,トンネル(○部分)に切れ目の入ったデザインとなっています.
 現在も,ホーム上の散水栓や止水栓,マンホールなど,目立たない場所に旧ロゴマークが残っています.


▲止水栓に残る旧ロゴマーク

 

 地下鉄開業当時,地下鉄ロゴマークは正式章標としては制定せず『サイン等に必要に応じて使う.』としたため,杉本氏デザイン以外にも白抜きや色々なデザインが使われ統一性がないといった課題がありました.
 そこで昭和54年に「高速電車の章標」として正式に制定され,以降は同じデザインのものが使用されています.


▲正式制定された「高速電車の章標」

▲駅出入口サインの使用例(旧サインマニュアル準拠)


▲路線カラーを加え,路線サインにも応用
 (旧サインマニュアル準拠)


▲各車両の前面にも掲出されている

 

 

市バスロゴマーク

 市バス事業については,章標に関する規定類は特にありません.
 (このため市バス車体には「局章」が掲出されています.)

 旅客サインマニュアルでは,市バスのロゴマーク(市バス停留所を示すマーク)として,次のデザインが定められています.

 

 

 

おまけ

 名古屋ルーセントタワーの「名古屋丸八食堂」には交通局章が掲げられていますが,交通局とは特に関係ありません.


▲名古屋丸八食堂の交通局章
 

 

 

▼もどる 

 (C) まるはち交通センター製作委員会