まるはち交通センター
 トップページ地下鉄路線トピックス地下鉄駅内装・トイレのリニューアル
地下鉄路線
 
コンテンツTOP
営業路線の紹介
 東山線
 名城線・名港線
 鶴舞線
 桜通線
 上飯田線
地下鉄駅の紹介
 東山線の駅
 名城線・名港線
 鶴舞線の駅
 桜通線の駅
 上飯田線の駅
市営地下鉄資料集
 地下鉄車両基地
 各種データ集
 トピックス
  ▼地下鉄駅のひみつ
  接近メロディ
  駅の深さ
  運輸制服・制帽
  サインシステム
  局章・地下鉄章標
  駅名称の変更
  副駅名称(副呼称)
  駅リニューアル
  ▼地下鉄路線のひみつ
  路線愛称の由来
  路線カラー
  起終点・キロ程
  地下鉄の信号機
  標識・標
  運転指令室
  運転規制
  ▼臨時・増発運転
  3月マラソン大会
  小牧航空祭
  H17不発弾処理
  H26名駅冠水
  R01不発弾処理
  R03今池駅火災
  R03大晦日延長
  
 地下鉄新線計画
 地下鉄建設史


 地下鉄駅の内装やトイレのリニューアル,ホーム冷房化ついて紹介します.

駅リニューアル計画概要
駅リニューアル 千種駅
上前津駅
駅構内トイレのリニューアル 駅(設計・工事)リスト
駅ホームの冷房化 ホーム全体冷房
ホーム部分冷房
地上駅ホーム冷房

 

駅リニューアル計画の概要

 これまでの地下鉄駅は,新路線との接続の際に大規模改修が行われる事例はありましたが,基本的に開業時の姿のまま使用されてきました.
 近年では,地下鉄駅施設等の経年劣化が進み,駅の美観や清潔感が損なわれていること,また駅が「暗い」「汚い」といった利用者意見が出ているという課題がありました.

 そこで平成31(2019)年3月に策定された経営計画「名古屋市営交通事業経営計画2023」において,地下鉄駅のリニューアルや快適性,清潔感の向上等に取り組む方針が掲げられました.

 

 駅リニューアル計画(主に内装)概要

 (名古屋市営交通事業経営計画2023より抜粋)

 地下鉄開業から60年以上経過していることや,明るく清潔感のある快適・便利な駅空間とするため,開業後50年以上経過した駅について,駅全体の壁・床・天井・照明などを順次リニューアル予定.
 特に主要駅については,名古屋の顔としてふさわしい駅となるよう個性化を図る.
 また,リニューアルにあわせて,駅施設の再配置や店舗等の設置についても検討する.

 

 (地下鉄駅リニューアル計画 平成30年12月より抜粋)

 ホーム,コンコース,出入口通路の壁,床,天井や柱等の仕上材,照明等を改修する.
 トイレ改修,駅の冷房化,長期維持管理計画,案内サイン改修など,同時に実施が可能な他事業を検討する.
 明るく清潔感を感じさせるため,白を基調としたベースカラーを使用する.
 改札口,券売機室前,階段,EV前,乗降口等にダウンライト等を設置して,場所を顕在化する.
 駅により改修水準の差別化を図る.

標準駅 標準的な改修水準とする駅
特別改修駅 一定数以上の来客がある市内の主要観光施設最寄駅については,地域観光における新たな賑わい拠点を創出するため,地域の特色を生かした特別なデザインによる駅改修を行うことができることとする.
主要駅 主要駅(名古屋駅,栄駅,金山駅)については,名古屋の玄関口としてふさわしい駅となるよう標準駅にとらわれることなく差別化を図る.

 

 

 駅構内トイレのリニューアル計画概要

 平成14年度から平成29年度にかけて,各トイレのブース1箇所に限って便器の洋式化が行われてきました.

 

 (名古屋市営交通事業経営計画2023より抜粋)

 訪日外国人,高齢者をはじめ,誰もが快適に利用できるよう,全ての便器の洋式化を行う方針となりました.
 また全ての駅への温水洗浄便座の設置,多客駅及び観光施設最寄り駅のトイレ内装改修などを順次実施することになりました.

 

 (令和3年3月市議会答弁)

 今後10年をめどに,全ての残りの駅70駅の洋式化を完了させる.

 

 

 地下鉄駅ホームの冷房化の推進

 多客駅(名古屋駅などの主要駅や,ナゴヤドーム前矢田駅などのイベント駅)や交差駅については,大規模改修の機会にホーム冷房が整備されてきました.
 一部の駅はホーム冷房に加え,コンコースや改札口周辺も冷房化されている駅もありました.
 名城線延伸以降の新駅では,ホーム冷房ではなくコンコース冷房が整備されてきました.

 しかしながら,他都市の地下鉄が100%近い冷房化率なのに対し,名古屋市は27.8%(令和2年度時点)と圧倒的に低水準であることや,近年の猛暑を鑑み,その他駅についても順次,冷房化する計画が立てられています.

 

 (名古屋市営交通事業経営計画2023より抜粋)

 順次駅ホームの冷房化を進める.

 

 (令和3年3月市議会答弁)

 乗車人員1万人以上の駅を中心に,今後10年で20駅の冷房化を行う.

 

 

 

駅リニューアル 整備状況

 令和元年より始まった駅リニューアル事業を紹介します.
 (昭和・平成時代の駅改修は未掲載です.)

 (令和4年6月時点)

  設計 工事(完了は色付き)
令和元年 千種,上前津(名城線)  
令和2年 上前津(名城線),栄,金山 千種
令和3年 栄(名城線),名城公園 千種
令和4年 千種,上前津(名城線),
栄(名城線),名城公園

 

 第1弾 千種駅リニューアル <R2〜R4>

 千種駅は,昭和35年開業の東山線の駅です.JR中央線との乗換駅で,利用者の多い駅です.

 現在進行中の「駅リニューアル計画」が本格化する以前,千種駅では,平成28〜平成30年度に,未利用地となっていた地下街跡地に駅務諸室を移転させ,改札周辺に店舗を新設するレイアウト変更を主目的とした,部分的なリニューアル工事が行われました.
 その際、店舗と駅務諸室,トイレ等は改修されましたが,通路部は基本的に改修されなかったため,真新しい空間と,昔ながらの古い通路が混在するカオスな空間となってしまいました.


▲従来は部分改修のみ 古い箇所は古いまま

▲まるで工事中のような空間だが,これで完成形

 

 そこで,令和2年(2020年)11月より,駅リニューアル第1弾として,通路部等の未改修部分を対象とした,本格的な全面リニューアル工事が始まりました.
 建築工事は大林組の施工です.令和4年度完成予定です.

 

 

 第2弾 上前津駅リニューアル(名城線) <R4〜R6>

 駅リニューアル第2弾として,上前津駅のリニューアルが行われます.

 上前津駅は昭和42年(1967年)に名城線が,昭和52年(1977年)に鶴舞線が開業した乗換駅です.
 今回の駅リニューアル対象は,築55年が経過した名城線エリアのみです.鶴舞線エリアは対象外です.

 令和4年(2022年)6月から令和6年(2024年)10月にかけて,ホーム階,コンコース階,出入口通路(1,2,3,4,12番)などの壁,床,天井の仕上げの改修や照明器具の改修が行われます.
 千種駅と同様に,駅務諸室の移転(鶴舞線エリアから名城線エリアの地下街跡地)も令和5年11月頃に行われます.
 建築工事はジェイアール東海建設の施工です.

 

 

 未定 名城公園駅

 名城公園駅は,昭和46年(1971年)開業の名城線の駅です.
 令和7年,駅に隣接する名城公園北園に新・愛知県体育館が開業します.(名古屋城二の丸地区からの移転)

 これに合わせ,コンコースのレイアウト変更(駅務諸室,トイレ等移転),休憩スペース新設,ホーム冷房化などの駅リニューアルが予定されています.

 関連事業として,緑政土木局による名城公園駅〜名城公園北園の地下横断施設(地下通路)新設も予定されています.
 (R5〜R7工事)

 

 

 未定 栄駅(名城線) ※主要駅

 栄駅は昭和32年(1957年)に東山線が,昭和42年(1967年)に名城線が開業した乗換駅です.
 名古屋の繁華街の中心にあり,名古屋駅に次いで2番目に乗降客数の多い主要駅です.

 コンコース階には地下街が広がっており,随時改修が行われています.
 東山線ホーム部は,過去に大規模改修が行われています.

 今回の駅リニューアル対象は,築55年が経過し,手つかずとなっている地下3階の名城線ホーム部のみです.

 

 

駅構内トイレのリニューアル整備状況

 (令和4年6月時点)

  設計 工事(内装改修含) 工事(洋式化のみ)
平成29年   千種(先行整備)  
平成30年 栄,金山,市役所,伝馬町 栄,神宮西 覚王山
令和元年   伏見(ヨリマチFUSHIMI)
名古屋(南),伝馬町,金山,上前津(東),市役所
 
令和2年 黒川,大曽根,大須観音,久屋大通,伏見 東山公園,上前津(西)  
令和3年 桜山,名古屋港 大曽根,大須観音,久屋大通(西) 本山,高岳,六番町,岩塚
令和4年 丸の内,ナ矢田,今池,鶴舞ほか5駅 藤が丘,伏見(東山線),黒川,桜山 砂田橋,浄心,中村区役所,国際センター
令和5年   名古屋港  

 駅構内トイレの整備は,駅によって整備方法が異なります.
 全駅を対象としているのが,便器の洋式化,温水洗浄便座の設置です.
 これに加えて,多客駅及び観光施設最寄り駅については,トイレ内装改修なども追加実施されます.

 

 参考事例として,平成29年度に先行実施された,千種駅のトイレを紹介します.


▲移転&全面改装された駅構内トイレ

▲男子トイレ内部の様子その1


▲男子トイレ内部の様子その2


▲男子トイレ内部の様子その3

 

 平成30年度より本格的に整備された各駅の改修トイレを紹介します.


▲名古屋駅(東山線南改札)

▲栄駅(名城線南改札)


▲金山駅


▲市役所駅


▲神宮西駅(一般トイレ)


▲神宮西駅(多機能トイレ)


▲神宮西駅(トイレ内部)


▲伏見駅(ヨリマチFUSHIMI)
 駅ナカ再開発の一環


▲伝馬町駅


▲伝馬町駅(トイレ内部)


▲上前津駅(西)


▲大曽根駅

 

 

 

地下鉄駅ホームの冷房化整備状況

 (令和4年1月時点)

  設計 工事(完了は色付き)
令和元年 千種,桜山 桜山
令和2年 丸の内,原 桜山,千種
令和3年 名城公園,御器所 千種
令和4年 上社,本郷,藤が丘 千種,上社,本郷,藤が丘,
名城公園,丸の内,原

 地下鉄駅の冷房化は,駅によって整備方法が大きく異なります.

 

 ホーム全体冷房

 .

 

 

 ホーム部分冷房(冷房室設置)

 令和元年度に始まったホーム冷房化工事の第1号として,令和2年度に桜通線桜山駅のホーム上に,パーテーションで区切った冷房室(クールエリア)が設置されました.


▲桜山駅ホームに新設された冷房待合室

▲冷房待合室裏側の大型機器

 

 

 地上駅冷房

 令和4年度に,高架ホームを持つ東山線3駅(上社駅,本郷駅,藤が丘駅)の冷房化設計&工事が行われる予定です.

 

 

▼もどる 

 (C) まるはち交通センター製作委員会