まるはち交通センター
 トップページ地下鉄路線トピックス運輸職員の制服と制帽
地下鉄路線
 
コンテンツTOP
営業路線の紹介
 東山線
 名城線・名港線
 鶴舞線
 桜通線
 上飯田線
地下鉄駅の紹介
 東山線の駅
 名城線・名港線
 鶴舞線の駅
 桜通線の駅
 上飯田線の駅
市営地下鉄資料集
 地下鉄車両基地
 各種データ集
 トピックス
  ▼地下鉄駅のひみつ
  接近メロディ
  駅の深さ
  運輸制服・制帽
  サインシステム
  局章・地下鉄章標
  駅名称の変更
  副駅名称(副呼称)
  駅リニューアル
  ▼地下鉄路線のひみつ
  路線愛称の由来
  路線カラー
  起終点・キロ程
  地下鉄の信号機
  標識・標
  運転指令室
  運転規制
  ▼臨時・増発運転
  3月マラソン大会
  小牧航空祭
  H17不発弾処理
  H26名駅冠水
  R01不発弾処理
  R03今池駅火災
  
 地下鉄新線計画
 地下鉄建設史


 地下鉄駅務員や運転士・車掌,市バス運転士の制服と制帽を紹介します.

運輸職員の制服と変遷

 運輸職員(地下鉄駅務員や運転士・車掌,市バス運転士)の制服の変遷です.
 掲載する画像は冬用制服の一般職員用(シングルスーツ)です.
 (他に夏用制服,ダブルスーツの職制用制服があります.)

 昭和25年?〜昭和61年3月 詰襟制服

 昭和25年?(開業時?)から昭和61年3月まで長期間使用された制服です.
 色は上下とも濃紺色,上着はステンカラーと呼ばれる詰襟です.黒ボタンと金ボタンがあり,黒ボタンの方が古いとの事.
 下の画像は,男性用詰襟制服と,制服外套(女性用・男性用)です.


▲詰襟制服(黒ボタン)

▲詰襟制服(金ボタン)


▲男性用詰襟制服と,制服外套(女性用・男性用)

▲同左

 

 

 昭和61年4月〜平成6年6月 グレー制服

 昭和61年(1986年)に,交通局としては初めてとなる制服の変更が行われました.
 色は上下ともグレーで,ネクタイを着用するスーツスタイルに変更されました.
 当時の時代感覚を反映した明るいスマートな制服です.


▲平成初期のグレー制服
 

 

 

 平成6年7月〜平成24年3月 チャコールグレー制服

 平成6年(1994年)のわかしゃち国体(愛知国体)開催をきっかけに制服が変更されました.
 この時期,初めて女性駅務員・バス運転士が採用されたので,女性用の制服も導入されました.

 男性制服は,薄いストライプが入ったチャコールグレーの上着に黒いズボン,女性制服は,薄いストライプが入ったチャコールグレーの生地に,えんじ色の袖と襟がついた上着と,えんじ色のズボンを合わせたスタイルです.
 右袖上部のエンブレムが引き締まった印象を与えています.


▲チャコールグレー制服

▲女性職員はえんじ色が入る

▲右袖のエンブレム詳細
 (画像は交通局作成の仕様書より)

▲帽章(制帽)と銀色ボタンのデザイン
 (画像は交通局作成の仕様書より)

 

 

 平成24年4月〜令和4年? チャコールグレー制服(マイナーチェンジ)

 平成24年(2012年)4月に,市営交通事業90周年を機会にマイナーチェンジが加えられました.
 女性制服は,男性制服と統一感のあるデザインを基調に,上着は短い丈の2つボタンタイプ,黒ズボン,ベストは肩に銀線を配し,制帽は角形ハイバック帽となりました.
 男性制服は上着,ズボンとも変わらず,ネクタイのみの変更です.


▲男女とも統一感のあるデザインに

▲男性制服(ネクタイ変更のみ)

 

 

 令和4年?〜 制服リニューアル

 令和4年(2022年)の市営交通事業100周年にあたり,制服のリニューアルが予定されています.
 (経営計画2023による)

 下記画像は,市議会に提出された資料です.
 ※お断り 紙資料のコピー&スキャンを繰り返したため,実際の色(ネービー)と異なる場合があります.


▲新制服(イメージ)

 

 

 

運輸職員の制帽の種類

 運輸職員の制帽について,平成6年〜平成24年の三代目制服を事例に紹介します.

 写真は「レトロでんしゃ館」展示物を撮影したものを中心に掲載しています.
 帯章や周章等の仕様は,発注用仕様書を参照しています.

 一般職員

 一般職員(役職なし)の制帽です.
 職種(駅務部門,運転部門,バス部門)に関わらず,同じ制帽のようです.
 帯章の色は「黒」で,周章(線)はありません.


▲一般職員(役職なし)の制帽
 (三代目制服の例)

▲一般職員(役職なし)の制帽
 (四代目制服の例)

 

 

 役職付き職員

 現業機関の役職付き職員の制帽です.

 制帽の帯章(帯の色/巾40mm)で職種(駅務部門,運転部門,バス部門)を表します.
 制帽の周章(線の色と太さ)で階級を表します.


地下鉄駅務部門
(帯章は赤)
地下鉄運転部門
(帯章は黒)
市バス部門
(帯章はブルーグレー)



▲黒帯・赤線6mm
 指導駅務員
▲黒帯・銀線6mm
 地下鉄指導運転士

▲青灰帯・水色線12mm
 バス指導運転士




▲赤帯・金線12mm
 駅務助役


▲黒帯・銀線12mm
 運転助役


▲青灰帯・銀線12mm
 バス助役






▲赤帯・金線12mmと6mm
 管区駅長
 駅務首席助役・主任助役
▲黒帯・銀線12mmと6mm
 運転副長
 運転首席助役・主任助役
▲青灰帯・銀線12mmと6mm
 副所長
 バス首席助役・主任助役




▲赤帯・金線12mm2本
 課長・駅務区長
▲黒帯・銀線12mm2本
 課長・運転区長


▲青灰帯・銀線12mm2本
 課長・バス所長

  ※バス帯章の青灰色の正式名称は「ブルーグレー色」
  ※バス指導運転士の周章の水色線の正式名称は「ターコイズブルー線」

 

 

 役職付き(部長級・局長級)職員

 現業機関の職員以外も,制服・制帽を着用することがあります.

 部長級2名の制帽には,周章が3本(太・細・太)入ります.
 (なかなかお目にかかれないため,画像はありません.)


地下鉄部門
(帯章は赤)
市バス部門
(帯章はブルーグレー)


 
▲電車部長 赤帯
 金線12mm2本・金線6mm
 
▲自動車部長 青灰帯
 銀線12mm2本・銀線6mm

 

 右下の写真は,交通局職員の最高位である「交通局長」と「交通局次長」の制帽です.
 局長級3名の制帽には,周章が3本(太・太・太)入ります.
 巾40mmの帯章(黒色)のうち,計36mmが周章(金銀色)となるため,遠目でも分かるくらいにキラキラです.
 式典等で登壇される際に拝見することができます.





右記以外に技術本部長(局長級)制帽もあります.(銀線12mm3本)

▲最高位(局長級)の制帽(太線3本)

 

 

参考 技術職員の制服(作業衣)

 主に技術職員が着用する制服(作業衣)を紹介します.
 (車庫内入替運転士が着用する場合もあり.)
 詳しい変遷や変更時期は不明です.


▲現在の技術制服
 (なんとも表現し難い)グレー色

▲R4年リニューアル予定の新制服
 運輸制服同様にネービー基調の2色に変更

 

 

▼もどる 

 (C) まるはち交通センター製作委員会