まるはち交通センター
 トップページ市バス車両一般系統大型車両(現役車種)[NN]日産Dノンステ(平成10年式)
市バス車両
 
コンテンツTOP
車両概要・リスト
 概要・解説
 車両配置・移動
車両詳細(現役車種)
 基幹大型車
 一般大型車
  ▼いすゞ自動車製
  NS(〜H15年式まで)
  NS(H18〜H26年式)
  NS(H28年式〜現在)
  ▼日野自動車製
  NH(〜H17年式まで)
  NH(H19年式〜現在)
  ▼三菱ふそう製
  NF(〜H12年式まで)
  NF(H18年式〜現在)
  ▼UDトラックス製
  NN(H10年式)
  NN(H12年式)
  NN(H13年式)
  NN(H16年式)
  NN(H19年式)
 
 一般中小型車
 特定路線専用車
車両詳細(引退車種)
 基幹大型車
 一般大型車
 一般中小型車
 特定路線専用車
その他
 トピックス
 貸切・事業用車
 過去の車両
 中古バス情報局


 日産ディーゼル工業製造(→UDトラックス)/ノンステップバス

日産ディーゼル製ノンステップ車両 概説

 平成10年から平成19年にかけて計5回購入されたUD製大型ノンステップバスは,平成13年までの富士重工業車体グループと,平成16年以降の西日本工業車体グループに大別することができます.

 

 平成10年式〜平成12年式 日デ+富士重車体
 市バスでは,ツーステップ車両の頃から,「日産ディーゼル」車台は「富士重工業」車体との組み合わせで導入されてきました.
 平成10年〜平成13年の大型ノンステップバス導入初期においても,日デ+富士重の組み合わせで計12両が購入されました.

 7E車体の外観デザインを引き継ぐ富士重工業車体グループは,車内最後部までノンステップエリアを確保したF型(横置きエンジン・AT)が採用されました.
 平成10年に先行導入された1両は,3扉ノンステップバスという試作車で,全国的に見ても貴重な存在でした.
 その後量産型として平成12年と平成13年に11両導入されています.

 

 平成16年式〜平成19年式 日デ+西日本工業車体
 平成15年の富士重工業のバス事業撤退に伴い,平成16年と平成19年には「日産ディーゼル」車台+「西日本工業」車体の組み合わせで計55両が導入されました.

 大きなフロントバンパーが特徴の西日本工業車体グループは,標準ノンステップバス仕様に対応しており,中扉以降に段差のあるモデルとなっています.
 平成16年に25両が,マイナーチェンジを経て平成19年に30両が導入されています.
 西工車体のものは,ほぼ全車庫に配置され活躍しています.

 

 その後,UD(日産ディーゼル)自体がバス製造事業から撤退したため,平成19年式を最後にUD製車両の新規導入は途絶えており,在籍車両数は年々減少しています.

 

 

日産ディーゼル製ノンステップ車両ラインアップ(H10年式〜H19年式)

 平成10年式〜13年式の富士重工業車体グループと,平成16年式・19年式の西日本工業車体グループがあります.

年度 年式 型式 導入 現存 車体
平成9年度 平成10年3月 UA460MAM 1両 廃車 富士重
平成11年度 平成12年2月 KC-UA460KAM改 2両 廃車 富士重
平成12年度 平成13年2月 KL-UA272KAM改 9両 廃車 富士重
平成16年度 平成16年12月 KL-UA272KAM 25両 廃車 西工
平成18年度 平成19年2月 ADG-RA273MAN 30両 30両 西工

 

 

平成10年3月式  UA460MAM  1両 (廃車)

 日産ディーゼル製  富士重工業架装「UA」ノンステップバス・Fタイプ
          機関:PG6  排気量:13,330cc  軸距:5,300mm
          座席定員:21人   ・AT車

 平成9年に登場したノンステップバス試作車(排ガス規制記号なし)です.
 当時の名古屋市標準のM尺の3扉仕様で,平成10年3月に1両が導入されました.
 局番はNN1で,緑営業所に配置されました.
 平成22年2月に廃車となっています.

 

 外観・車体

 車体は7Eをベースとした箱型で,KC-UA460A系と同じPG6型エンジンを垂直横置きにし,ノンステップエリアを最後部まで確保しています.トルコンATやアクスルはZF製です.
 他社ノンステ車にない特徴として,タイヤホイールはJIS規格の8穴ではなく,旧ISO規格の10穴となっています.

 3扉車で前中後扉ともにグライドスライドドア(2枚)です.中扉には電動式車いすスロープが設置されています.
 黒色の逆T型窓で,テールランプは腰部+裾部の4カ所設置.
 冷房装置は富士重工業製パッケージタイプで,外気導入口が設置されています.

 登場後の改造内容として,タイヤホイール色が平成20年より車体色からシルバー色に変更されました.


▲NN1 (平成10年式)試作ノンステップ車
 3扉車仕様で屋根が高いのが特徴
 

 

 

 車内内装・運転席

 車内の座席配置は,前扉〜中扉間は左右ともに横向き座席で,進行方向右側は跳ね上げ式とし,車いす2人分のスペースを確保しています.中扉以後は左右の後部タイヤハウス上に2人掛け座席を背中合わせに2列,最後部は右側に2人掛け座席を配置し,最後部右側座席は向かい合わせ席(ボックスシート)となっています.
 このようにノンステップバスには珍しい3扉仕様のため座席数が少なく,車両定員は多くても座席定員は中型車並みとなっています.
 運転席のタコグラフはアナログ式,トルコンATはボタン式です.


▲NN1 車内の様子

▲車内後部(中扉〜後扉)
 

▲後扉より車内を見る
 

▲NN1 運転席の様子

 

 

車両リスト

 平成10年3月式 日産ディーゼル製「UA460MAM」の車両リストです.

局番 登録番号 車歴
NN-1 名古屋22か7745 平成10年3月 緑営業所新製配置
平成22年1月頃 廃車

 

 

▼もどる 

 (C) まるはち交通センター製作委員会