まるはち交通センター
 トップページ地下鉄路線東山線の駅H03岩塚駅
地下鉄路線
 
コンテンツTOP
営業路線の紹介
 東山線
 名城線・名港線
 鶴舞線
 桜通線
 上飯田線
地下鉄駅の紹介
 東山線の駅
  H01高畑駅
  H02八田駅
  H03岩塚駅
  H04中村公園駅
  H05中村日赤駅
  H06本陣駅
  H07亀島駅
  H08名古屋駅
  H09伏見駅
  H10栄駅
  H11新栄町駅
  H12千種駅
  H13今池駅
  H14池下駅
  H15覚王山駅
  H16本山駅
  H17東山公園駅
  H18星ヶ丘駅
  H19一社駅
  H20上社駅
  H21本郷駅
  H22藤が丘駅
  
 名城線・名港線
 鶴舞線の駅
 桜通線の駅
 上飯田線の駅
市営地下鉄資料集
 地下鉄車両基地
 各種データ集
 トピックス
 地下鉄新線計画
 地下鉄建設史

 


▲普通乗車券

H24スタンプラリー図柄:日之宮
駅名称 岩塚
駅番号 H03
略号 岩塚
建設時仮称 岩塚
開業 昭和57(1982)年9月21日
所在地 中村区岩塚町字向田
管轄 東山線運転区(直営駅)
ホーム位置 深さ18.8m(地下駅)
ホーム形状 島式1面2線
ホームの大きさ 8.7m×110m
乗車人員 8,861人(R1年度)
出入口数 4カ所
最寄バス停 地下鉄岩塚

 

駅 の 概 要

 岩塚駅は,昭和57年9月21日の東山線「高畑〜中村公園」の開通時に開業した駅です.
 後から建設された高畑駅から岩塚駅までは強制換気区間(通気口なし)で,ここから先の中村公園駅以降は自然換気区間(通気口あり)です.

 駅構造は1面2線の一般的な島式ホームですが,中村公園方の上下線路間に保守基地があり,保守用車両が留置されています.
 このうち渡り線部分は営業路線として機能しており,この渡り線を利用して当駅発着の列車が1本設定されています.
 (終電の藤が丘発岩塚行きと,翌朝折返し岩塚発藤が丘行き)

 地上では,東西方向の幹線道路である県道115号津島七宝名古屋線と名古屋高速道路5号万場線と交差しており,市西部方面に向かうバス路線との乗換駅としても機能しています.

 駅業務は高畑駅と同じく,運転部門である東山線運転区が担当しています.

 

 配線図

 ホームは1面2線の島式ホームです.
 中村公園方に渡り線と保守基地(2線)が設けられています.

 岩塚行最終列車及び岩塚発始発列車が設定されており,1日1回のみ渡り線を使用します.
 2番線は中村公園方にも発車できるようになっています.
 夜間は1番線もしくは2番線に列車留置1本があります.

 

 

 

駅 の 画 像

 駅周辺や駅構内の様子を紹介します.

 地上の様子

 岩塚駅は,県道や都市高速道路と交差しており自動車交通量が多く,市西部へ続くバス路線が発着しています.
 出入口は4カ所で,交差点(岩塚駅前交差点)の4角にあります.
 1番,3番出入口はコンビニ併設しており,2,4番出入口はビル併設となっています.

 バス停は,市バスの「地下鉄岩塚」停のほか,名鉄バス「地下鉄岩塚」停,JR東海バス「岩塚駅前」停があります.


▲高速道路&主要県道と交差する
 遠くに中村公園の大鳥居も見える

▲交差点北東に位置する3番出入口
 1番,3番出入口はコンビニ併設


▲1番出入口とすぐ横のEV


▲県道に並ぶバス停(市バス,名鉄バス,JR東海バス)

 

 駅構内の様子(コンコース)

 地下2層構造の駅で,B1階はコンコース,B2階にホームがあります.
 地下鉄駅は白系のタイルが多い中,岩塚駅は床も側面も茶色系タイルで統一されているのが特徴です.
 改札口や階段付近に居室や通路がなく,広々としています.


▲名古屋市交通局公式ウェブサイトより「駅構内図」CC-BY-SA (令和2年度時点)


▲広いスペースのある岩塚駅改札口付近


▲券売機


▲改札外コンコースの様子 手前に駅長室あり


▲改札内コンコースの様子

 

 駅構内の様子(ホーム)

 ホームは1面2線の一般的な島式ホームです.床は茶系色,柱も茶系色,壁面も薄い橙色です.
 このため,後から整備されたホーム柵も駅全体の雰囲気に合わせて暖色系に塗られています.

 高畑方面は2番線発のみですが,藤が丘方面は常時使用する1番線のほか始発のみ2番線発となる列車もあるため,2番線にはホームの両端に運転士用モニタが設置されています.


▲B2階 島式ホームの様子
 駅全体が暖色で統一されている

▲可動式ホーム柵も壁面色に合わせて着色


▲2番線は両方向発着に対応
 


▲岩塚駅駅名標


▲駅カラーも赤茶色

 

 

▼もどる 

 (C)まるはち交通センター製作委員会