トップページ市バス車両中古バス情報局鹿児島県の事業者
市バス車両
 
コンテンツTOP
車両概要・リスト
 概要・解説
 車両配置・移動
車両詳細(現役車種)
 基幹大型車
 一般大型車
 一般中小型車
 特定路線専用車
車両詳細(引退車種)
 基幹大型車
 一般大型車
 一般中小型車
 特定路線専用車
その他
 トピックス
 貸切・事業用車
 過去の車両
 中古バス情報局
  ▼大型車(P-規制)
  名士バス・沿岸バス
  加賀温泉バス
  因の島運輸
  熊本電鉄バス
  名阪近鉄バス
  ▼大型車(U-規制)
  ことでんバス
  ▼大型車等(KC-以降)
  北海道中央バス
  JR北海道バス
  じょうてつ
  道北バス
  道南バス
  宮城交通
  関鉄グリーンバス
  岡山電気軌道
  西肥自動車
  那覇バス
 
  ▼中小型車(KC-以降)
  北海道の事業者
  秋北バス
  岩手県交通
  会津乗合
  東北アクセス
  新潟交通系列
  魚沼中央T
  永井運輸
  茨城県の事業者
  草軽交通
  長電バス
  加越能バス
  京福バス
  メイハン(名張市)
  備北バス
  広島電鉄(呉市交)
  福岡県の事業者
  九州産交バス
  鹿児島県の事業者
  沖縄県の事業者
 
  ▼その他事業者・個人
  自動車学校・教習車
  スクールバス
  送迎シャトルバス
  自主運行・その他
 
鹿児島県のバス会社@まるはち交通センター

 
 市バスの中古車が活躍した鹿児島県のバス事業者の情報です.
 ここでは「南国交通」と「しまバス(旧:道の島交通)」の2社をご紹介します.

県本土 南国交通

 南国交通(株)は,鹿児島市に本社を置く事業者で,鹿児島市内や鹿児島空港を中心に県本土の路線バスや高速バスを運行しています.この会社に,平成22年から平成24年にかけて三菱小型車1台の市バス中古車両が在籍していました.
 

 【売却済】 三菱ふそう 小型 KC-MJ218F改  1台

 移籍車両は,平成10年式の三菱ふそう製,都心ループ系統専用車「エアロミディMJ(7m)」です.
 名古屋市バスとしては珍しい,ワンステップ,リーフサス仕様でした.
 那古野営業所や浄心営業所に所属し,都心ループ系統で活躍しました.平成22年春に廃車となっています.
 南国交通では平成22年秋より活躍を始めました.

  名市交(元TF-3)→ 南国交通(鹿児島200か1130)
    

 車体はシルバー+赤青のラインの南国交通標準カラーに塗り替えられました.
 雰囲気は灰色ベースの名古屋市都心ループ塗装とよく似ています.
 前面方向幕は大型車と共通のものに取り替えられ,新たに横幕が内側から装着されました.
 行灯部分にはNKKの文字が入ります.


▲南国交通(鹿児島200か1130)

▲固定窓が特徴の元都心ループ車

 車内はICカードリーダーなど南国交通ワンマン機器が取り付けられた他は,ほぼ名古屋時代のまま使用されていました.
 赤色と灰色の座席や木製座席,荷物置き場,優先席ステッカーもそのままです.
 写真には写っていませんが,車内にはTF-3の文字も残っていました.


▲車内後方

▲車内前方

 南国交通の空港自動車営業所に配置され,主に鹿児島空港を発着するローカル系統で活躍しました.

 その後,平成24年夏に鹿児島空港に拠点を置く航空会社の日本エアコミューターに売却されています.
 南国交通での活躍はわずか1年半ほどでした.

 日本エアコミューター移籍後の情報は送迎用・シャトルバスをご覧下さい.

 

 

奄美大島 しまバス(旧:道の島交通)

 「(株)しまバス」,旧社名「道の島交通(株)」は,奄美市に本社を置くバス事業者です.
 奄美大島を走る路線バスのほか,島内貸切バスも運行しています.
 この会社に,平成22年に市バス中古の日野製小型車両が移籍しました.
 

 日野自動車 小型 KC-RH4JEAA  8台

 移籍車両は,平成10年式の日野製小型車,一般系統用「レインボー7W」です.
 ツーステップ,エアサス仕様で,観光マスクが特徴的な車でした.
 名古屋市バスとして全10台が在籍しており,平成22年春まで地域巡回系統を中心に活躍しました.
 このうち,8台がしまバスへ,残る2台が岡山県の備北バスに移籍しました.

 
名市交 局番 登録番号※ 前面塗装 側面塗装 備 考
元SH-10  →しまバス(鹿児島227か56) →(奄美200か35)  横浜ベイスターズラピ   
元SH-8 →しまバス(鹿児島227か57) →(奄美200か68)  白色   白色   LED化 
元SH-1 →しまバス(鹿児島227か59) →(奄美200か36) 白色 名市交  
元SH-2 →しまバス(鹿児島227か60) →(奄美200か60) 白色 名市交  
元SH-5 →しまバス(鹿児島227か61) →(奄美200か34) 白色 名市交  
元SH-7 →しまバス(鹿児島227か62) →(奄美200か59) 名市交 名市交  
元SH-4 →しまバス(鹿児島227か63) →(奄美200か63) 白色 白色  
元SH-9 →しまバス(鹿児島227か64) →(奄美200か50) 白色 名市交  

 最初の移籍改造車両は元SH-10(鹿児島227か56→奄美200か35)で,「横浜ベイスターズレプリカバス」として,平成23年2月より運行を開始しました.車体外装はベイスターズカラーに全面ラッピングされ,車内にもステッカー装飾が施してあります.

 その他の車両は・・・基本的に手抜き塗装となっており,真っ白に塗られた車両もあれば,前面だけ白色で側面は原色のままという車両も.中には交通局エンブレムを外しただけの原色で走る車両もあります.

 ※当ページの画像は,旧社名「道の島交通」時代に撮影したものです.
 ※当ページの画像は,平成26年11月導入の「奄美」ナンバー以前に撮影したものです.


▲56→35号車 ラッピングバス(2代目)
 初代デザインは
こちら

▲56→35号車


▲57→68号車 前面側面ともに白一色塗装


▲57→68号車 後部は広告入り


▲59→36号車
 前面のみ白塗装(前照灯回りそのまま)
 


▲60→60号車
 前面のみ白塗装(前照灯回りも白)


▲60→60号車
 後部から見ると市バスそのまま


▲61→34号車
 前面のみ白塗装(会社ロゴ入り)


▲61→34号車


▲62→59号車
 唯一の原色そのまま


▲62→59号車
 どこから見ても市バスです


▲63→63号車
 旧57号車と同じく白一色塗装(広告付)


▲63→63号車


▲64→50号車
 前面のみ白塗装(前照灯回りラッピング)


▲64→50号車
 特産の大島紬柄の部分ラッピング

 車内はしまバスのワンマン機器に載せかえられた他は,大きな改造は行われていません.
 ステッカー類もほぼそのまま使用されており,交通局の文字やハッチーの姿も確認できました.
 (車両によってステッカーが剥がされている場合もあります)


▲車内の様子(後方)

▲車内の様子(前方)


▲南国でも活躍を続けるステッカー類
 

 

 【しまバス(道の島交通)その他写真集】


▲名瀬市内を走る原色62→59号車

▲海岸線に沿って走る


▲エメラルドブルーの海と元市バス


▲奄美の森と元市バス

 

 

▼もどる 

 (C) まるはち交通センター製作委員会名古屋市交通局市バス地下鉄ファンサイト