まるはち交通センター
 トップページ市バス車両中古バス情報局岡山電気軌道
市バス車両
 
コンテンツTOP
車両概要・リスト
 概要・解説
 車両配置・移動
車両詳細(現役車種)
 基幹大型車
 一般大型車
 一般中小型車
 特定路線専用車
車両詳細(引退車種)
 基幹大型車
 一般大型車
 一般中小型車
 特定路線専用車
その他
 トピックス
 貸切・事業用車
 過去の車両
 中古バス情報局
  ▼大型車(P-規制)
  名士バス・沿岸バス
  加賀温泉バス
  因の島運輸
  熊本電鉄バス
  名阪近鉄バス
  ▼大型車(U-規制)
  ことでんバス
  ▼大型車等(KC-以降)
  北海道中央バス
  JR北海道バス
  じょうてつ
  道北バス
  道南バス
  宮城交通
  関鉄グリーンバス
  岡山電気軌道
  西肥自動車
  那覇バス
 
  ▼中小型車(KC-以降)
  北海道の事業者
  秋北バス
  岩手県交通
  会津乗合
  東北アクセス
  新潟交通系列
  魚沼中央T
  永井運輸
  茨城県の事業者
  草軽交通
  長電バス
  加越能バス
  京福バス
  メイハン(名張市)
  備北バス
  広島電鉄(呉市交)
  福岡県の事業者
  九州産交バス
  鹿児島県の事業者
  沖縄県の事業者
 
  ▼その他事業者・個人
  自動車学校・教習車
  スクールバス
  送迎シャトルバス
  自主運行・その他
 


 市バスの中古車が活躍する岡山県南部のバス事業者の情報です.

 このページでは画像はありませんが,岡山電気軌道の情報を取り上げます.
 岡山県北中部で活躍する備北バスの中古車情報は
別ページ「備北バス」をご覧下さい.

 

岡山電気軌道

 岡山電気軌道は,岡山市内で路面電車と,路線バス・貸切バスを運営している交通事業者です.同じ岡山県の両備バスとともに両備グループの中核会社となっており,近年は事業撤退を表明した交通企業の支援でも有名となっています.
 路線バスは岡山駅や天満屋を中心に,近郊路線を中心に運行しています.

 車両は自社発注車の三菱ふそう車が中心で,純正車体から西工ボデーと揃っています.
 そんな車両ラインアップに,平成24年春より元名古屋市バス車両が加わりました.
 

 三菱ふそう 大型 KC-MP717M  2台

 平成24年3月28日から,エアサス2扉車仕様のニューエアロスターが2台活躍しています.
 この車両は,基幹2号系統専用車として平成11年に那古野営業所に12台導入されたもので,那古野閉所後は浄心営業所と大森営業所で活躍しました.
 平成22年度末まで名古屋市内で活躍したのち,約1年後に岡山電気軌道に移籍しました.

 名市交(元KF-138)→ 岡電バス(社番521:岡山200か1151)TAMA1 岡南営業所所属
 名市交(元KF-139)→ 岡電バス(社番522:岡山200か1152)TAMA2 津高営業所所属

 移籍にあたり,同社の子会社である和歌山電鉄で人気の三毛猫駅長「たま」をイメージした「たまバス」となっています.
 岡電としては平成21年に導入された路面電車「たま電車」に次ぐシリーズ第2弾で,今回は車体全体を青とし,車両前面には猫のひげを描き,三角形の猫の耳を取り付けています.車体側面には猫イラストもプリントされています.デザインは水戸岡鋭治氏によるものです.

 ※撮影条件や画像加工により実際の車体色と異なる場合があります.ご了承ください.


▲TAMA1号車 正面はネコ耳とヒゲつき

▲TAMA2号車 リアビュー
 

▲TAMA2号車 側面より
 

 元から中乗り方式であったため,窓割や側面表示器位置に変更はありません.字幕式方向幕はLEDに交換されました.
 車内の座席は,前扉付近やベンチシートに変化はありませんが,中扉以降の座席が2+1配列から2+2配列に増席されています.座席モケットは基幹バス専用カラーが三毛猫を連想させるなど,雰囲気作りに役立っています.


▲車内の様子
 基幹バスシート=猫柄として手を加えられず?

▲1人掛けから2人掛けに交換された座席
 他の座席と色は同じだが形状が異なっている

  ▼情報提供(ありがとうございます)
    
岡本 さま

  ▼画像提供(ありがとうございます)
    
ρ さま

  関連サイト岡山電気軌道株式会社「お耳のついた「たまバス」登場」

 

 

 [おまけ] 岡電「たま電車」・両備バス大阪「たまバス」

 岡山市内で活躍する岡山電気軌道「たま電車」と,両備グループの両備バス大阪「たまバス」の画像を紹介します.
 


▲岡電「たま電車」 岡山市内を走る

▲車内もたま一色
 

▲両備バス大阪「たまバス」
 

▲こちらも特注の座席

 

 

▼もどる 

 (C) まるはち交通センター製作委員会