まるはち交通センター
 トップページ市バス路線迂回運行の記録マラソンフェスティバル対応(北部・ドーム周辺)
市バス路線
 
コンテンツTOP
常設系統の紹介
 一般系統紹介
 基幹バス
 ガイドウェイバス
 トピックス
 各種データ集
臨時輸送・貸切輸送
 急行・臨時バス
 迂回運行の記録
定例行事による迂回
  熱田神宮初詣
  マラソンフェス1
  マラソンフェス2
  海の日みなと祭
  中川金魚まつり
  仲田本通夏まつり
突発事象による迂回
  H23千種区不発弾
  H23台風道路崩壊
  H26地下鉄代行
  H28道路陥没
  比良新橋道路工事
 市バス貸切輸送
バス停・関連施設
 営業所(車庫)
 終点の風景
 バス停図鑑
 関連施設・設備


 毎年3月のマラソンフェスティバル対応による迂回運行の記録です.

マラソンフェスティバル ナゴヤ・愛知

 「マラソンフェスティバル ナゴヤ・愛知」は,平成24年より開催しているマラソン大会です.
 それ以前は3月に名古屋国際女子マラソンが,11月に名古屋シティマラソンが,それぞれ大規模な交通規制を行い開催されていましたが,これらを統合することで交通規制日を年間1日としています.

 フルマラソンのため名古屋市中心部の主要道路がほぼ規制されるなど規制道路エリアが非常に大きく,かつ一般市民参加のため規制時間帯も長く,一年で最も市バス運行に影響の出る大イベントとなっています.

 市バス運行においては,可能な限り運休を避け,通行止め区間の直前まで区間運行が行われます.

 
交通規制日 3月上旬の1日
交通規制時間 例年8:20〜16:20(規制区間による)
交通規制区間 市内各所
 
※大会公式ページをご覧下さい
影響系統 多数かつ毎年異なるため,次のニュースページを参照して下さい.
 
平成24年3月11日開催
 
平成25年3月10日開催
 
平成26年3月9日開催
 
平成27年3月8日開催
 
平成28年3月13日開催
 
平成29年3月12日開催

 
▲マラソンコース概略図の例

 左の地図はマラソンコースの概略図です(一部省略).
 影響エリアが大きく影響路線も多数あるため,
2ページに分割して紹介します.

【ページ1】※当ページ
→北部,ドーム周辺

【ページ2】
→中心部,環状線東部,南部

 

 

市バス 北部エリア

 栄13号系統と黒川12号系統(H25年以降),東巡回系統,西巡回系統,メーグルは全線運休です.
 基幹バス(基幹2号系統,名鉄基幹バス)は平成28年以前と平成29年以降に分けて紹介します.

 

 [H29年以降] 基幹2号系統・名鉄基幹バス・名駅14号系統(市役所折返し)

 <平成29年以降の情報です>
 【基幹2号系統】 栄・名古屋駅〜市役所間運休(市役所折返し)
 【名鉄基幹バス】名鉄バスセンター〜市役所間運休(市役所折返し)
 【名駅14号系統】名古屋駅〜市役所間運休(市役所折返し)
  

 当項目では平成29年以降を紹介します.
 平成28年以前については,下記の項目(市バス,名鉄バス別)を参照してください.

 基幹バス(基幹2号系統,名鉄基幹バス)について,平成28年までは市バスと名鉄バスで別々の場所に「市役所」臨時降車停が設置され,また臨時乗車停も市バスは「市役所」停でしたが,名鉄バスは1コ先の「清水口」停からなど,市バスと名鉄バスで異なる対応をしており,利用者の混乱を招いていました.
 そこで平成29年より,市バスと名鉄バスで「市役所折返し」方法が統一される事になりました.


▲市役所停付近地図(H29年以降の経路)

 出来町通を西進してきた市役所行きは,清水橋を直進して市役所1つ手前の市役所東交差点を左折し,市役所裏の2車線道路の南向きに設置された臨時降車停に到着します.従来はこの場所に市バス臨時乗車停が設けられていました.

 降車完了後,バスは路上転回のためそのまま南進し,久屋大通(100m道路)に出ます.
 幹名駅1号系統の大津橋臨時降車停を横目に見ながら,久屋大通2つ目の信号を左折します.
 次の泉一丁目西交差点を左折し北進,市政資料館南交差点を左折し外堀通へ.
 すぐに久屋橋交差点を右折して,先ほど南進した市役所裏の2車線道路を北上し,県庁裏あたりの路上で時間調整します.

 時間になると,臨時降車停の反対側,市役所裏(東庁舎前)に新たに設置された北向きの臨時乗車停で乗車扱いののち,市役所東交差点を右折して本線に復帰します.

 この基幹バスの取り扱い変更に伴い,同じく市役所折返しとなる名駅14号系統も同じ路上転回方法に変更されています.



▲市役所手前の交差点を左折
 バス通り上の臨時降車停は取りやめ

▲市役所裏道に設けられた臨時乗降場
 (左:のりば/右:降車場)


▲臨時乗降場(左:降車場/右:のりば)


▲臨時停留所 市バスと名鉄バスポール


▲臨時停留所


▲市バス特製時刻表(基幹2号,名駅14号系統)


▲臨時のりばの先で待機する色とりどりの車両群
 市バス一般車,基幹車,名鉄バスが並ぶ


▲発車時刻前になると係員の誘導でのりばへ移動する


▲回送路上転回ルートの大津通交差点


▲久屋大通を南下し,2つ目の交差点を左折


▲左折を繰り返し市役所裏方面へ方向を変える


▲テレビ塔を背景に市役所裏方面へ戻る

 

 

 [H28年まで] 基幹2号系統・名駅14号系統(市役所折返し)

 【基幹2号系統】 栄・名古屋駅〜市役所間運休(市役所折返し)
 【名駅14号系統】名古屋駅〜市役所間運休(市役所折返し)
  <平成29年以降の情報は上の項目をご覧ください>

 当項目では平成28年までの模様を紹介します.
 平成29年以降については,上の項目を参照してください.

 平成28年まで,基幹2号,名駅14号系統ともに出来町通に設けられた臨時降車停で降車扱いし,その場で折返し時間まで待機していました.
 発車時間になると市役所東交差点を左折して,市役所裏の2車線道路上に設置された臨時乗車停で乗車扱いの後,そのまま南下して名古屋城の外堀をぐるりと周り本線復帰していました.


▲市役所停付近地図(H28年以前の経路)

▲市役所手前に設けられた臨時降車停


▲臨時降車停で折返しまで待機する


▲基幹2 市役所行き表示


▲基幹2 側面表示 引山発


▲基幹2 側面表示 猪高車庫発


▲基幹バスに混じって名駅14が到着


▲名駅14 側面表示


▲臨時降車停で滞留する基幹バス車両群


▲市役所の裏手,交差点を左折した先に,
 南向きに設置されていた臨時乗車停


▲臨時乗車停


▲臨時乗車停の時刻表


▲臨時停を発車し2車線道路を南下する基幹バス


▲外堀を周回し本線に復帰していた
 右側のバスは路上待機中の名鉄基幹バス

 

 

 [H28年まで] 名鉄基幹バス(市役所/清水口折返し)

 【名鉄基幹バス】
  <平成28年まで>名鉄バスセンター〜市役所/清水口間運休(市役所/清水口折返し)
  <平成29年以降の情報は上の項目をご覧ください>

 名鉄基幹バスは,平成28年まで市バスと異なる方法で折返し運行していました.
 出来町通を走って来た市役所行は市バス臨時停留所より手前で右折し,名鉄東大手駅前に設けられた臨時市役所停で降車扱いしていました.その後バスは坂を下り柳原通商店街方面へ.右折左折を繰り返し来た道を戻ります.
 出来町通に合流後は時間まで路上待機し,市役所停留所ではなく清水口停留所より営業を再開していました.


▲名鉄基幹バス 路上転回ルート(H28年以前)

▲一般車規制された道路を走る基幹バス市役所行き


▲市役所より手前で右折する名鉄バス
 市バスは直進する


▲右折した先の名鉄バス市役所臨時降車停
 目の前は名鉄瀬戸線の東大手駅
 市バスは明和高校前停


▲名鉄基幹バスの側面表示 市役所行き


▲坂を下り柳原通商店街を大きく回り戻ってくる


▲柳原通商店街を右折し国道41号線へ向う


▲普段はバスの通らない市電モニュメント前を通過する


▲再び柳原通商店街を経由し清水口に向う
 

 

 

 幹名駅1号系統(大津橋折返し)

 【幹名駅1号系統】名古屋駅〜大津橋間運休(大津橋折返し)

 本来の大津橋停の手前,久屋大通(100m道路)上に臨時降車停と臨時乗車停が設けられます.
 平成29年以降,同じ場所を基幹バスと栄14号系統が路上転回のため通過しますが,基幹バスが左回りで路上転回するのに対し,幹名駅1号と栄14号系統は久屋大通を右回りで路上転回しています.


▲大津橋停付近地図

▲久屋大通南行車線に設けられた降車停
 写真は上飯田発大津橋行き


▲幹名駅1 大曽根発大津橋行き


▲幹名駅1 大曽根発大津橋行き


▲方向転換する幹名駅1


▲久屋大通北行車線の待機場と乗車停
 待機場には東片端折返し系統も集まる

 

 

 栄14号系統(東片端折返し)

 【栄14号系統】栄〜東片端間運休(東片端折返し)

 東片端停(南行)で降車扱い後,高岳北交差点を右折し久屋大通へ.
 ここで大津橋折返しとなる幹名駅1号系統とともに路上待機します.
 発車時間が近づくと,外堀通を東進し東片端停より本線合流します.
 平成24年のみ幹栄1号系統と黒川12号系統が同ルートで東片端折返し&路上転回を行っていました.


▲東片端停付近地図
 


▲栄14 東片端行き


▲栄14 東片端行き

 

 

 名駅12号系統(堀越迂回→名塚折返し)

 【名駅12号系統】
  <平成24年>浄心町〜康生通二〜堀越〜名塚迂回
  <平成25年>浅間町〜上更〜康生通二〜堀越〜名塚迂回
  <平成26年以降>名古屋駅〜名塚間運休(名塚折返し)

 平成24年は浄心町より迂回を行っていましたが,浄心交差点の激しい渋滞に巻き込まれるため,平成25年はその手前の浅間町より大きく迂回するルートに変更されました.
 平成26年からは迂回運行を取りやめ,名塚(地下鉄庄内通)での折返し運行に変更されています.
 名塚からは西部医療センター回転場に回送され待機します.


▲名駅12号系統迂回路の変遷
 


▲平成24年 浄心交差点を左折し迂回路へ向う


▲平成24年 浄心営業所前を迂回する名駅12


▲平成26年より名塚止めに変更
 専用LED表示は無く紙貼りで対応
 


▲平成28年より「名塚行」専用方向幕を表示


▲平成28年より「名塚行」側面表示

 

 

 名駅13号系統(堀越迂回)

 【名駅13号系統】児玉町〜康生通二〜堀越〜大金町迂回

 区間運休せず迂回運行で対応しています.迂回区間にある停留所は休止です.


▲名駅13号系統迂回経路図

▲迂回車による大渋滞で大幅な遅延
 (写真は迂回経路外)

 

 

 名駅15号系統(浄心町折返し)

 【名駅15号系統】浄心町〜黒川〜砂田橋間運休(浄心町折返し)

 名古屋駅〜浄心町間の運行に短縮されます.
 ※既存路線と同じ(画像なし)

 

 

 幹栄1号系統(東片端→黒川折返し)

 【幹栄1号系統】
  <平成24年> 栄〜東片端間運休(東片端折返し)
  <平成25年〜>栄〜黒川間運休(黒川折返し)

 初回は東片端折返しで運行されましたが,2年目以降は黒川折返しに変更されました.
 ※黒川折返しは既存路線と同じ(画像なし)


▲幹栄1 東片端行き
 

 

 

 黒川12号系統(東片端折返し→全区間運休)

 【黒川12号系統】
  <平成24年> 博物館〜東片端間運休(東片端折返し)
  <平成25年〜>全区間運休

 初回は東片端折返しで運行されましたが,2年目以降は全区間運休に変更されました.


▲黒川12 東片端行き
 

 

 

 栄11号系統(黒川折返し・迂回)・その他(迂回)

 【栄11号系統】栄〜城見通二間運休(黒川折返し),黒川→西部医療センター迂回
 【幹栄1号系統】黒川→西部医療センター迂回

 栄11号系統は城見通二より南の大津通が通行止めとなるため,本来のルート外となる黒川バスターミナル発着に運行経路が変更されます.
 黒川発着の栄11号系統は年1回の運行です.

 また城見通二交差点はマラソンコース内のため北→東方向しか通行できません.このため,北行きのバスは手前の城見通三交差点を右折し,北巡回系統の経路で西部医療センターに向います.


▲城見通二・黒川停付近地図

▲黒川バスターミナル
 黒川折返しの幹栄1,栄11系統が集う


▲栄11 黒川行き


▲栄11 黒川行き 側面表示


▲黒川BTを出発した栄11


▲城見通三交差点を右折し迂回ルートに入る


▲規制された城見通二交差点を左折する黒川行き
 

 

 

 栄12号系統・鶴舞11号系統(平田町折返し)

 【栄12号系統】 栄〜平田町間運休(平田町折返し)
 【鶴舞11号系統】鶴舞公園前〜平田町間運休(平田町折返し)

 国道19号を南下する2系統は,平田町が終点となります.
 バスは平田町〜泉三の三角道路を使い方向転換します.


▲平田町停付近地図

▲栄12 平田町行き


▲鶴舞11 平田町行き


▲路上転回し路肩で待機する

 

 

 栄15号系統(徳川園新出来・大曽根折返し)

 【栄15号系統】栄〜徳川園新出来間運休(徳川園新出来折返し)
  <平成29年〜> 1便のみ大曽根止め

 新出来交差点を越えた先の徳川園新出来停(南行)で降車扱いの後,黒門町交差点を右折し建中寺方面へ.
 東区役所南交差点を右折し,山口町から新出来まで基幹バス通りを走り,新出来を左折し本線に戻ります.
 平成29年には1便のみ,徳川園新出来止めではなく,大曽根止めになりました.


▲徳川園新出来停付近地図

▲栄15 徳川園新出来行き


▲栄15 徳川園新出来行き


▲東区役所→山口町の回送ルート

 

 

 栄25号系統(浄心町折返し)

 【栄25号系統】栄〜浄心町間運休(浄心町折返し)

 地下鉄乗換地点で,車庫のある浄心町止めとなります.


▲栄25 浄心町行き(後ろは名駅15の浄心町行き)

▲栄25 浄心町行き

 

 

市バス ナゴヤドーム周辺

 フルマラソンコースの発着点となるナゴヤドーム周辺は,朝から夕方まで長時間にわたり交通規制されます.
 吹上11号系統は全区間運休です.

 基幹2号系統・名鉄基幹バス(砂田橋迂回)

 【基幹2号系統】
  <〜平成27年> 古出来町〜谷口間迂回(矢田・砂田橋交差点で右左折)
  <平成28年〜> 古出来町〜谷口間迂回(より北側の道路に変更)
 【名鉄基幹バス】
  <〜平成27年> 古出来町〜谷口間迂回(矢田・砂田橋交差点で右左折)
  <平成28年〜> 古出来町〜谷口間迂回(より北側の道路に変更)

 基幹バスレーンのうち,ナゴヤドームに近い古出来町〜萱場付近が通行規制されるため,基幹バスは古出来町から矢田,砂田橋方面へ大きく迂回運行します.迂回ルート上に地下鉄駅がありますが,無停車で走り抜けます.
 古出来町や谷口では一般停留所に併設された臨時停に停車します.

 平成27年までは,矢田交差点から砂田橋交差点までの間を幹線ルート経由としていましたが,交通量が多く両交差点の右左折渋滞が激しいことから,平成28年からは,より北側の生活道路経由へと迂回経路を変更しています.


▲ナゴヤドーム付近地図

▲規制された古出来町交差点


▲規制された基幹バスレーン


▲谷口交差点を右折し迂回ルートに進む基幹バス


▲谷口停(北行)に停車する基幹バス


▲砂田橋を通過する


▲H28年からは,砂田橋交差点と回転場前を直進し,その先の交差点を曲がる経路に変更


▲新迂回経路の生活道路
 住宅街に相応しくない基幹バスが連なり走る


▲生活道路に掲出されたバス迂回の告知


▲右左折が混雑する矢田交差点を直進し,その先で右左折し迂回路に進む基幹バス


▲古出来町停(北行)に停車する基幹バス


▲路肩に設けられた古出来町臨時停(東行)

 

 平成27年までの,幹線道路(ガイドウェイバス下)経由で迂回運行を行なっていた時の様子です.


▲H27年までは砂田橋交差点を曲がる

▲H27年まで,砂田橋交差点から矢田交差点の間は,ガイドウェイバス高架橋の下を走っていた

 

 

 千種13号系統(矢田折返し)

 【千種13号系統】千種駅前〜矢田間運休(矢田折返し)

 古出来町交差点より先の環状線が規制されるため,その手前の矢田発着となります.
 バスは大曽根駅前広場に回送されます.


▲ナゴヤドーム付近地図

▲千種13 矢田行き


▲終点に到着した千種13矢田行き
 

 

 

 

その他エリア

 名古屋市中心部エリア,環状線東部エリア,南部エリアは別ページをご覧ください.

 

 

地下鉄 多客対応

 地下鉄名城線のマラソン多客対応については,別ページにて紹介する予定です.

 

 

▼もどる 

 (C) まるはち交通センター製作委員会 名古屋市交通局ファンサイト